*

高校野球、2014年の夏の甲子園入場者数は歴代5位で斎藤佑樹・田中将大の年を上回る

公開日: : 高校野球

 2014年夏の高校野球大会は大阪桐蔭が優勝した。今年の夏の甲子園の入場者数は約85万3千人で、これは決勝再試合となった早稲田実・斎藤佑樹vs駒大苫小牧・田中将大の2006年の入場者数を1000人ほど上回った。近年、夏の甲子園は満員札止めになるケースが多くなるほど、人気を集めているのだ。

夏の甲子園・入場者数の推移

 日本高野連が発表している夏の甲子園の入場者数の推移は以下の通りとなっている。全国の参加校数は減っているものの、入場者数は2008年から80万人を越え、1日の入場者数も8万人を超えるほど盛んになっている。

大会 年度 代表校数 参加校数 入場者総数 最高入場者/1日  
40回 1958年 47校 1,807校 431,000人 -  
41回 1959年 29校 1,864校 291,700人 -  
42回 1960年 30校 1,903校 321,700人 -  
43回 1961年 30校 1,941校 386,800人 -  
44回 1962年 30校 1,996校 333,300人 -  
45回 1963年 48校 2,107校 333,100人 -  
46回 1964年 30校 2,270校 306,800人 -  
47回 1965年 30校 2,363校 354,100人 -  
48回 1966年 30校 2,415校 407,600人 -  
49回 1967年 30校 2,460校 375,100人 -  
50回 1968年 48校 2,485校 594,700人 -  
51回 1969年 30校 2,523校 454,100人 -  
52回 1970年 30校 2,547校 465,100人 -  
53回 1971年 30校 2,569校 426,300人 -  
54回 1972年 30校 2,614校 479,400人 -  
55回 1973年 48校 2,660校 668,000人 -  
56回 1974年 34校 2,709校 568,900人 -  
57回 1975年 38校 2,798校 659,100人 -  
58回 1976年 41校 2,893校 699,200人 -  
59回 1977年 41校 2,985校 744,000人 -  
60回 1978年 49校 3,074校 803,000人 -  
61回 1979年 49校 3,170校 791,000人 74,000人  
62回 1980年 49校 3,270校 816,000人 72,000人 早実・荒木大輔1年生
63回 1981年 49校 3,394校 819,000人 73,000人 早実・荒木大輔2年生
64回 1982年 49校 3,466校 816,000人 74,000人 早実・荒木大輔3年生
65回 1983年 49校 3,568校 837,000人 75,000人  
66回 1984年 49校 3,705校 770,000人 75,000人  
67回 1985年 49校 3,791校 818,000人 78,000人 桑田、清原のKKコンビ、PL学園が優勝
68回 1986年 49校 3,847校 841,000人 79,000人 天理が優勝、松山商が準優勝、伊良部秀樹など
69回 1987年 49校 3,900校 802,000人 76,000人  
70回 1988年 49校 3,958校 812,000人 77,000人  
71回 1989年 49校 3,990校 826,000人 75,000人  
72回 1990年 49校 4,027校 929,000人 83,000人 沖縄水産が準優勝、天理が優勝、イチロー、中村紀洋など
73回 1991年 49校 4,046校 900,000人 77,000人 松井秀喜5敬遠、沖縄水産が準優勝、大阪桐蔭が優勝
74回 1992年 49校 4,065校 811,000人 76,000人  
75回 1993年 49校 4,071校 775,000人 68,000人  
76回 1994年 49校 4,088校 769,000人 70,000人  
77回 1995年 49校 4,098校 737,000人 80,000人  
78回 1996年 49校 4,089校 645,000人 70,000人  
79回 1997年 49校 4,093校 686,000人 70,000人  
80回 1998年 55校 4,102校 895,000人 73,000人 松坂大輔の横浜高校優勝、松坂世代
81回 1999年 49校 4,096校 740,000人 73,000人  
82回 2000年 49校 4,119校 813,000人 83,000人  
83回 2001年 49校 4,150校 791,000人 80,000人  
84回 2002年 49校 4,163校 752,000人 70,000人  
85回 2003年 49校 4,163校 682,000人 75,000人  
86回 2004年 49校 4,146校 716,000人 76,000人  
87回 2005年 49校 4,137校 776,000人 70,000人  
88回 2006年 49校 4,112校 852,000人 80,000人 田中将大、斎藤佑樹による決勝再試合
89回 2007年 49校 4,081校 770,000人 73,000人 佐賀北のがばい旋風
90回 2008年 55校 4,059校 890,000人 73,000人 記念大会で出場校増、大阪桐蔭優勝
91回 2009年 49校 4,041校 812,000人 80,000人 中京大中京が優勝、日本文理が劇的な追い上げ
92回 2010年 49校 4,028校 844,000人 70,000人 島袋洋奨の興南が春夏連覇
93回 2011年 49校 4,014校 848,000人 82,000人 日大三が吉永健太朗、高山俊などの活躍で優勝
94回 2012年 49校 3,985校 809,000人 80,000人 藤浪晋太郎の大阪桐蔭が春夏連覇
95回 2013年 49校 3,957校 854,000人 81,000人 前橋育英・高橋光成が優勝、安楽智大投手出場
96回 2014年 49校 3,917校 853,000人 76,000人 大阪桐蔭優勝

 

 1大会での最高入場者数は1990年、1991年でイチローや中村選手など(高校時はそれほど注目されていなかった)が出場していたころで、1991年は松井秀喜選手の5連続敬遠で大いに話題となった。

 次に入場者数が多かったのは1998年でこれは横浜高校松坂大輔投手を中心とした松坂世代が集まった年、世間でも話題となった。その大会に出場した杉内俊哉投手、村田修一選手、和田毅投手などは今でも活躍を続けている。

 その次は2008年の90回大会でこの大会では出場校が55校と増えたこと、地元大阪桐蔭が優勝したことなどが影響しているが、今年2014年の大会は台風などの影響があったものの歴代5番目の入場者数を記録した。

 

背景は?

 今年は際立って注目された選手が登場したわけではない。それでも入場者数が増えたのは、地元大阪の大阪桐蔭が優勝したこともあるが、高校野球を見続けてきた団塊の世代の人たちが、会社を勤めあげて時間も金銭面でも余裕があり、趣味の一つとして球場に訪れているのだろうという意見がある。

 たしかに今では甲子園大会は朝早くから門に列ができ、ラガーさんなど観客でも注目される人が出てきている。満員札止めになることもしばしばとなっている。

 もちろんプロ野球の観客の数も増えており、野球全体が盛り上がりを見せているのだが、高校野球ははつらつとしたプレー、若さ、はかなさを感じさせる

 盛り上がりを見せる甲子園、今度はぜひお孫さんなどを連れて行ってほしい。そして将来の高校球児へと高校野球の熱をつないでいってほしいです。

関連記事

Koushien

高校球児が増加し初の17万人越え、その背景は?

 高校野球連盟は2014年5月末現在の部員数を発表し、昨年より3224人多い170,312人となった

記事を読む

新芽

大谷・藤浪世代で次に出てきそうな選手と、その次の世代

 プロ野球では6月11日に北海道日本ハムvs巨人戦では北海道日本ハムの大谷翔平投手、阪神vs千葉ロッ

記事を読む

syukuya

夏の高校野球出場校の宿舎マップを作ってみた

 夏の高校野球甲子園大会は明日から始まります。甲子園出場校の宿舎は毎年公表されています。そのマップを

記事を読む

ouen1

高校野球の応援曲のルーツ~第4回:流行曲~

 高校野球応援特集、第4回、今回は流行曲です。  第1回は東京六大学がルーツのもの、第2回は甲子園

記事を読む

日野さん

創志学園・高田萌生投手と、敦賀気比・山崎颯一郎投手を、元プロスカウトが評価

センバツ大会の智弁学園と高松商の大熱戦となった決勝戦から、早いもので1ヶ月が経った。高校野球は各地の

記事を読む

日野さん

東海大相模・小笠原慎之介投手を元プロ野球のスカウトが評価する

 今日は今年の高校生の左腕投手でNO1の声もあがる東海大相模・小笠原慎之介投手を、元西武スカウトの日

記事を読む

新芽

【高校野球】レギュラーをめぐる戦いがスタート

 夏の高校野球大会が8月25日にやや遅めに幕を閉じて1週間と少し、高校野球はその大会中からすでに、来

記事を読む

Koushien

センバツ高校野球大会、夢は夏に向かって

センバツ高校野球大会は今日、決勝戦を迎える。智弁学園vs高松商という、名門で強豪でありながら、決勝で

記事を読む

notes

高校野球選手の進路とトレンド

 高校野球選手の進路、有力な選手は昨年の段階で大学に推薦が決まっていたり、社会人への内定が決まってい

記事を読む

Koushien

小豆島と小豆島高校と甲子園

小豆島高校がセンバツ大会に出場、1-2で惜しくも敗れ甲子園1勝はならなかったが、落ち着いた戦いぶりを

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
ishige2
盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

石毛宏典
大谷翔平選手はメジャーで二刀流で活躍できるか、石毛宏典氏に聞く

いよいよ大谷翔平選手が、メジャーに移籍した。アナハイムエンゼルスで今季

draft_box
この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」

石毛宏典
選手は最終的には態度で評価される

プロ野球に限らず、高校野球、大学野球などの選手は、素晴らしいバッティン

石毛宏典
エラーをしてしまったら、エラーをした選手がいたら

野球をしていて、エラーはミスはつきものです。どんな選手でも1回はエラー

→もっと見る

PAGE TOP ↑