*

新・慶応義塾大野球部が始動、全国大会で優勝するために

公開日: : 大学野球

 慶応義塾大は大学野球の雄である。早稲田大とともに日本の野球の発展を担ってきた。東京六大学でも今年春のリーグ戦を制し、34度目の優勝を決めている。しかし全国制覇となると、大学野球選手権は1987年から、明治神宮大会は2000年に優勝を決めて以来、全国制覇から遠ざかっている。

慶応義塾大の現状

 慶応義塾大は東京六大学では34度の優勝を誇るが、実は六大学の中で4番目、1位は法政大の44度、2位は明治大の43度、3位は早稲田大の37度となっている。早稲田大とは接戦を繰り広げるが法政大、明治大には差をつけられている。

 また全日本大学野球選手権は優勝は3度にとどまっている。法政大は8度、明治大は5度、早稲田大は4度の優勝をしている。また明治神宮大会でも3度の優勝で明治が5度、法政が3度、早稲田が1度となっている。レベルの高い東京六大学とはいえその中で消耗する所もあり、また地方リーグでは実力の抜きんでたチームが全国で勝つための戦力を整えており、全国の大会で東京六大学のチームが勝つのは簡単ではない。

 それでも慶応大は大学野球選手権は1987年から、明治神宮大会は2000年から優勝ができていない。ちなみに1987年は伝説のリーグ31投手・志村亮投手や巨人にドラフト1位指名された大森剛選手がいたチームだった。

 その後、1997年には高橋由伸選手、2007年には加藤幹典投手、2012年には伊藤隼太選手、2013年・福谷浩司投手がドラフト1位で指名されているが、全国制覇には届かなかった。

 明治大、法政大が全国から優秀な選手をスカウトする中で、慶応大は付属校を中心とした推薦となり選手の層の差が出ているように見える。しかし付属の慶応義塾高校がスポーツ推薦で選手を集め始めると、2005年から甲子園に出場し、その選手たちが大学で主力として活躍、2014年は春優勝、秋も優勝に絡む活躍を見せている。

 

全国大会で優勝するために

 選手の層は明治は早稲田に劣る。しかし、谷田成吾選手、横尾俊建選手といった高校時代に注目された選手が中心となり、2年生の加藤拓也投手の大車輪の活躍などで優勝を争うが、短期間のトーナメントでは勝ち続けることは難しい。やはり選手の層をそろえなければならない。

 そして今年、慶応大はJX-ENEOSで都市対抗3度の優勝をしているトーナメントの戦い方を知っているOBの大久保秀昭氏を監督に招いた。すべては全国で優勝するためにという事だろう。

 慶応義塾高校は甲子園の出場は出来ていないが、今年も能力の高い選手がそろっており大学に進学する見込みだ。そして、谷田成吾、横尾俊建といった主軸が最後の都市となる2015年、全国での優勝するチャンスとなる。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

大ブレーク、創価大・田中正義投手

 侍ジャパン大学代表とプロ野球(NPB)の若手選手が対戦したユニバーシアード壮行試合、創価大の田中正

記事を読む

京都大学の勝ち点への道のり

関西学生野球リーグの京都大学が5月7日の同志社大戦で勝利し、23季ぶりの勝ち点を挙げた。この勝ち点の

記事を読む

秋のドラフトパン祭り、今年のドラフトは”山崎”が中心? 大学生BIG4を評価する

今年のドラフト会議は特に大学生投手に注目が集まっている。中でもプロからの注目度が高く、大学BIG4と

記事を読む

侍ジャパン大学代表はどれだけ強いのか?

 今日6月29日、韓国で行われるユニバーシアードに出場する「侍ジャパン大学代表」が、プロ野球(NPB

記事を読む

学生野球の怖さ

東都大学野球リーグは亜細亜大が8勝2敗で優勝を勝ち取った。開幕2連敗からの逆転での優勝だった。学生野

記事を読む

しっかりとやるべきことを繰り返して、東京大学の野球部の勝利

 東京六大学リーグでは東京大学が、2010年10月2日に早稲田大に勝って以来、約4年半にわたって94

記事を読む

大学野球も2014年全日程終了!今年の大学野球シーンを振り返る

 明治神宮大会の大学の部、決勝では駒澤大学が明治大学を3-0で下し、駒澤大学が王者となって2014年

記事を読む

大学野球はもっと発展できないか

 大学野球選手権、神宮球場や東京ドームに足を運ぶと、以前に比べると人が増えた気もする。雨の多い季節の

記事を読む

島袋洋奨投手はプロで活躍できるか

 2010年の高校野球は興南高校が春夏連覇を達成した。その時のエース・島袋洋奨投手は大学時代に明と暗

記事を読む

中央大・島袋洋奨投手の現在、甲子園優勝投手の進路に関して

甲子園の春夏連覇、新しい所では2012年に大阪桐蔭が藤浪晋太郎、森友哉といったメンバーで、1998年

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑