*

2014年の社会人野球シーンを振り返る

公開日: : 社会人野球

 2014年の高校野球、大学野球を振り返りをしました。今日は2014年の社会人野球シーンを振り返ります。

今年の社会人野球を振り返る

スポニチ大会など春の大会

 3月の寒い時期に行われる社会人野球東京大会は、前年秋の日本選手権で優勝した新日鐵住金かずさマジック、ベスト4の東京ガス、前年都市対抗優勝のJX-ENEOSなどが参加して行われた。決勝トーナメントに進んだ4チームは、JFE東日本、日本製紙石巻、日本通運、三菱自動車岡﨑と、前年からの様変わりを印象付けた。

 日本製紙石巻は準決勝でも伊東亮介選手のホームランなどの活躍で勝ち上がり決勝に進出したが、決勝は8-0でJFE東日本が制した。

 社会人野球は地区でリーグ戦もあるものの、基本的には各地で行われるリーグ&トーナメントで優勝を争う。その中で優勝したチームが日本選手権の出場権を得られる大会がある。その各大会の優勝チームは以下の通り。

大会名 月日 優勝チーム
JABA静岡大会 4月2日~ 鷺宮製作所
JABA四国大会 4月4日~ 東邦ガス
JABA日立市長杯 4月10日~ JR東日本
JABA長野市長旗争奪 4月11日~ パナソニック
JABA岡山大会 4月18日~ 三菱重工広島
JABA京都大会 4月28日~ NTT西日本
JABAベーブルース杯 5月2日~ 東邦ガス
JABA九州大会 5月7日~ Honda
JABA東北大会 5月8日~ JR東日本東北
JABA北海道大会 6月23日~ NTT東日本

 前年都市対抗優勝のJX-ENEOSは優勝できず、都市対抗、日本選手権予選も勝てずに日本選手権出場を逃している。JR東日本東北、三菱重工広島といったチームも優勝を飾り、日本選手権出場を決めた。

 選手では昨年都市対抗で好投し、社会人NO1投手と評価を受けたNTT東日本の高木伴投手が春から調子が上がらずに、コントロールを乱して苦しんだ。その他の選手もこの時点では名前が挙がってこず、吉田一将投手、石川歩投手、東明大貴投手、浦野博司投手がドラフト会議で注目となったような事は今年はないだろうと予想され始めた。

 

都市対抗

 都市対抗は社会人野球において最も華やかで注目される大会で、高校野球の夏の甲子園大会に該当する。各地区で予選が行われ、前年優勝で2連覇中のJX-ENEOSも含めた34チームがそろって行われた。

 大会ではJX-ENEOSが奇跡とも言える終盤の逆転劇で3試合で1点差ゲームを勝ち上がりベスト4へ進出、その他、西濃運輸、富士重工、NTT東日本が勝ち上がった。西濃運輸はチームの大ベテラン・佐伯尚治選手とトヨタ自動車から補強したベテランの佐竹功年投手の活躍で勝ち上がり、富士重工はルーキーの小野和博投手と新日鐵住金鹿島から補強の石崎剛投手の活躍で、NTT東日本もルーキーの横山弘樹投手が不調の高木伴投手に代わるエースの活躍で勝ち上がった。

 決勝は西濃運輸と富士重工の対戦となり、西濃運輸が優勝を収めた。

 準優勝となったものの、富士重工の補強選手として活躍した石崎剛投手は、150キロの速球を投げストレート一本で好投を見せ、また初戦で敗退したが全足利クラブに補強選手として出場した同じく新日鐵住金鹿島の横山雄哉投手が、打者1回2/3を投げて1四球5奪三振の快投を見せた。また三菱日立パワーシステムズ横浜の野村亮介投手、福地元春投手も持ち味を発揮していた。

 

侍ジャパン社会人代表

 今年は侍ジャパンが活動1年目とあり各世代がそれぞれの大会に挑む。その中で侍ジャパン社会人代表は日本を代表して韓国で行われたアジア大会に参加した。JR東日本のルーキー、関谷亮太投手やセガサミーのルーキー・横田哲投手、新日鐵住金鹿島の加藤貴之投手など若いながら実力派の投手と、倉本寿彦選手(日本新薬)、遠藤一星選手(東京ガス)、西野真弘選手(JR東日本)など屈指の内野陣、それに伊東亮介選手(日本製紙石巻)やベテランの林稔幸選手(富士重工)、松本晃選手(JR東日本)で挑んだアジア大会だったが、中国、パキスタン、モンゴルといったチームには対象したものの、プロ選手中心の台湾に敗れて3位となった。

 韓国はプロのドリームチームを揃えて優勝を果たしたが、そのチームと戦う所まで行けずに実力を思い知らされた。

 

ドラフト、そして日本選手権

 社会人野球の最後の大会、日本選手権は11月1日から行われ、10月23日のドラフト会議後となる。各地でその予選が行われ、またプロ側も社会人投手の実力を測ろうとプロアマ交流戦を盛んに行った。そして、三菱日立パワーシステムズ横浜の野村亮介投手が中日から1位指名を受けると、ヤマハの竹下真吾投手が東京ヤクルトから、新日鐵住金鹿島の横山雄哉投手が阪神から、それぞれ外れ1位指名を受けた。昨年の5人(千葉ロッテ・石川歩、オリックス・吉田一将、巨人・小林誠司、横浜DeNA・柿田裕太、福岡ソフトバンク・加冶屋蓮)には及ばなかったものの、社会人野球の面目を保った。

 ドラフト会議で指名された選手、志望をしたものの指名されなかった選手、自ら残留を選んだ選手、そして来年のドラフト候補となる選手、それぞれの想いがぶつかった日本選手権大会が開幕する。

 準決勝にはトヨタ自動車、パナソニック、日本生命、セガサミーと、都市対抗とは違った名門チームといった顔触れが勝ち残り、トヨタ自動車が佐竹功年投手の好投で優勝を飾った。佐竹投手は都市対抗の西濃運輸に続き2冠を達成、今度は自らのチームを優勝させる最高の1年となった。

 

来年に向けて

 社会人野球の優勝を予想するのは非常に難しい。しかし、日本選手権で優勝したトヨタ自動車はここの所力を発揮できずに都市対抗で予選落ちするなど低迷していたが、佐竹投手と来年2年目となる左腕の清水翔太投手の活躍が期待される。またNTT東日本の横山弘樹投手や、日本選手権でチームを準優勝に導いたルーキーの横田哲投手も大学時代から注目されており、横田投手は上武大時代も大学野球選手権でチームを優勝させている優勝請負人である。

 ドラフト会議ではJR東日本の関谷亮太投手に注目が集まりそうだが、日本選手権では状態が悪く来年に不安を残した。また日本生命に進んだ上西主起選手も状態が良くなく日本選手権で出場しなかったが、今年広島カープからドラフト1位で指名された野間峻祥選手よりも肩の強さと長打力で上回る選手で、注目されるだろう。

 また新日鐵住金かずさマジックで昨年の日本選手権で優勝し、今年ドラフト上位指名確実と言われた加藤貴之投手は自らチーム残留を選択した。来年こそプロ入りを望むのか、それともミスター社会人としていくのか、秋ごろには再び進路に注目が集まりそうだ。

 来年の春、再び社会人野球の花が咲く。大学で活躍した選手を迎えて。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

 

関連記事

mound

西濃運輸・佐伯尚治投手の涙とルーズヴェルト・ゲーム

 都市対抗野球は西濃運輸が優勝し、黒獅子旗を手にした。創部55年目、都市対抗に33度出場の末の初優勝

記事を読む

mound

都市対抗橋戸賞の西濃運輸・佐伯尚治投手、プロが獲る可能性はあると元スカウトが評価

 今年の都市対抗は大垣市の西濃運輸が優勝した。決勝の富士重工戦で完封した佐伯尚治投手は31歳のベテラ

記事を読む

kyujyou3

この季節の社会人野球

 この季節は社会人野球の大会も盛んに行われています。主に社会人の甲子園である都市対抗野球と、日本一を

記事を読む

野球キャンプイン

社会人野球、人気の合宿地は宮崎、鹿児島そして・・・

 プロ野球のキャンプがいよいよ来週日曜日からスタートするが、社会人野球のチームもおおむね2月に暖かい

記事を読む

STEPUP

去りゆく野球選手たち

社会人野球日本選手権も今日、決勝戦となった。今シーズンの社会人の公式戦はこれが最後となり、シーズンオ

記事を読む

kyujyou3

クラブチームの甲子園とクラブチームの実態

 ベースボールクラブチームの甲子園でもある、全日本クラブ野球選手権大会が西武ドームで開催された。決勝

記事を読む

mound

【ドラフト会議特集8】ドラフト上位候補に挙がる社会人投手の評価は?

 ドラフト会議に向けて各球団はスカウト会議などで指名候補を絞り込む。プロ志望届を提出している高校生、

記事を読む

バッターボックス

今度は大学生、社会人の季節

センバツ高校野球が盛り上がりの中で幕を閉じた。そしていよいよ週末に、一部の大学リーグ戦がスタートする

記事を読む

kousyou

社会人野球出身スラッガーは誕生するか

 福岡ソフトバンクで活躍していた松中信彦選手が引退を表明した。松中選手といえばプロでの活躍ももちろん

記事を読む

tokyo dome

社会人野球は危機感を

毎年、日本の野球で最も早い公式戦は、社会人野球のJABA東京スポニチ大会である。今年もあと1か月後の

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック

 いよいよ今年のドラフト会議が来週木曜日(10月26日)に開催される。

石毛宏典
石毛宏典氏は中村奨成選手を絶賛、プロもマネをするべき打撃

石毛宏典氏は今年の夏の甲子園で、久々に注目したバッターがいたと話した。

石毛宏典
石毛宏典氏が源田壮亮選手を絶賛

 社会人から西武ライオンズ入りし、1年目から遊撃手として活躍をした石毛

石毛宏典
東北楽天の快進撃と千葉ロッテの低迷を分析する

2017年のパリーグは、5月10日終了時で東北楽天が貯金12をもって首

石毛宏典
レギュラー争いと選手の成長

プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。チームの各ポジションで

→もっと見る

PAGE TOP ↑