*

明治神宮大会、今年の野球シーズンの締めくくり

公開日: : アマチュア野球

 明治神宮野球大会は、明治神宮と日本学生野球連盟が主催している野球大会で、1970年に明治神宮鎮座50年を記念して第1回大会が行われた。

第1回大会の2年前の1968年に明治維新100周年神宮野球大会として、高校、大学、そして社会人のチームが参加し、それが好評だった事から、1970年から大学の部の試合が行われ、1973年から高校の部の試合も行われるようになった。

 

高校と大学で違う大会の価値

 明治神宮大会に参加する高校のチームと、大学のチームでは大会に対する価値が違うようにも見える。

 高校生は秋季大会で地区大会を優勝したチームが出場するが、3年生は引退しており、1,2年生主体のチーム。しかも地区大会で優勝したチームはほぼ確実の翌年春のセンバツ大会に出場することから、センバツに向けての前哨戦というような話を聞いたりもする。

 翌年の選抜に向けてチームの情報や戦力を晒すことを嫌がるチームもあると聞き、また高校野球連盟が主催でない事もそのあたりに影響をしているのかもしれない。

 

 一方、大学生は秋季リーグ戦、そして各地区の代表決定戦を勝ち上がったチームが出場するが、4年生にとっては最後の大会となる。また大学生にとっては6月の全日本大学野球選手権と並ぶ全国の頂点を決める大会という認識をされており、気候は寒くなっているが高校生で言えば夏の甲子園大会のような、敗れればそこで大学野球がすべて終わるという大会でもある。

 

スカウトにとっては大切な大会

 この大会が終わると、基本的に来年の春までは公式戦は行われず、シーズンオフとなる。そのため野球の関係者やファンにとっては、この大会で活躍したり注目された選手やチームが中心となり、来年の高校・大学の野球のシーンを予想する。

 スカウトにとってもこの大会で活躍した選手は当然、来年注目する選手として1年間見ていくことになる。選手にとっては来年のスカウトの注目度を高める意味で大切な試合となる。

今年はどんな選手が活躍し、来年の中心選手になっていくのか。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

タイブレーク方式に海外とズレ、野球の個人記録への対応

 高校野球連盟が来年の春季地区大会に一律でタイブレークを導入することを決定した。今後、何回からタイブ

記事を読む

球春到来、プロ野球、社会人野球、大学野球、そして高校野球

 プロ野球のオープン戦が2月21日の土曜日に5試合予定されている。それとは別に昨日は北海道日本ハムと

記事を読む

野球選手の進路選択 自分の人生!周りの目を気にしてブランドだけで選ばない選択肢

 小学生前後に野球をはじめた選手の多くは、プロ野球選手になりたいという夢を描くのではないかと思います

記事を読む

学生野球資格回復の研修

昨年、日本野球機構と高校野球連盟など学生野球側は、元プロ野球選手が再び高校野球、大学野球などのアマチ

記事を読む

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、元西武ライオンズスカウトの日野

記事を読む

下級生がいるほうが強い!?野球のチーム構成を考える

 夏の高校野球選手権大会が開幕した。1日目で気になったのが、2年生や1年生など下級生が中心選手として

記事を読む

日本では特殊!?大学生即戦力

 日本では野球においては、大学生は「即戦力」と呼ばれる。しかし、私も含めて企業にビジネスマンとして入

記事を読む

野球選手たちの進路の選択肢は広がっていくのか?

かつては、プロ野球選手になるには、注目される大会に出場できそうなチーム、スカウトが何度も足を運んでく

記事を読む

ドラフト候補の勝負の季節

今年のドラフト戦線も、序盤戦から中盤戦に入ってきた。この時期にスカウトの目に留まった選手が、夏以降に

記事を読む

再挑戦の秋、トライアウト

 秋が来た。選手は1年の成績を元に球団と契約をしていく。年俸が大幅増となる選手もいれば、最近は大幅減

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑