*

【ドラフト会議特集12】プロ入りする選手はどこが違うのか

公開日: : 少年野球指導

 今日はドラフト会議当日となる。野球塾のZEROベースボールアカデミーでは、2011年に北海道日本ハムにドラフト2位で指名された松本剛選手が在籍していた。松本選手以外にも多くの選手を指導してきたが、その中で松本選手は何が良くてプロ入りすることができたのか、顧問として指導にあたる元・横浜ベイスターズ2軍監督や西武でスカウトをしていた日野茂氏に話を聞いた。

他の選手と何が違ったのか?

 今回もずばりと聞いてみた。「松本選手は他の選手に比べてどこが良かったのでしょうか?」

すると日野氏は間髪いれずに、「夢や目標に対して、みんなが持っている物よりも持ち方が違う」と答えた。

体が大きかったり、足が速かったり、守備が抜群にうまかったりという話しを想像していたが、「気持ち」の違いがあったとの事だった。

 「一つ一つに取り組み方が違う。」

 「自分の体を手を抜かずに動かす。」

 それによって自然と体が強くなっていったという。

 頭でプロ野球選手に憧れを抱くよりも、松本選手は実際に体を使いっていた。元々身体能力が高かったものの、プレーを教えても頭で理解する選手は多いが、松本選手は自分で考え、繰り返しプレーした事で、最後は考えることなく自然にプレーができるようになっていた。

 

プロ入りを目指す選手たちへ

 少年野球チームでも野球塾でも、ほとんどの選手がプロ野球への想いを持っている。しかしその思いが体を動かす事につながるかどうかだろう。

 チームや野球塾で教えられた時、うなずいて、言われた通りにプレーして、練習が終わった、だけではなく、考えて、工夫をして、繰り返して体にしみこませることが必要です。非常に苦しい事ですが。

 

 今日は、それを実践した選手たちが、プロへの門を開く日です。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

人工芝も本物、野球塾の施設

 埼玉県川口市にある小学生、中学生に野球を教える野球塾・ZEROベースボールアカデミーは、室内練習場

記事を読む

変わる野球の育成システム

野球界は現在大きく変わっている状態と考える。多くの選手の中から有望な選手を探していく形から、選手を育

記事を読む

【少年野球】投手に最も大切なのは?

 野球塾のZEROベースボールアカデミーでは、毎週月曜日に投手の練習を行っている。投手の練習は野手よ

記事を読む

監督はどっしりと構えて

 投手vs野手といったような個人的な対戦がクローズアップされる野球においても、監督の役割の大きさは非

記事を読む

野球を考える時間を毎日つくる

阪神で大活躍中の高山俊選手は、大学時に監督より、毎日10分間スパイクを磨くように指示をされたという。

記事を読む

元プロ野球選手が教えるという事

元プロ野球選手が、大学野球や高校野球、そして少年野球チームの監督やコーチとして選手を指導しているケー

記事を読む

野球も変わっていく

 野球も時代で変わっている。トレーニング方法、調整方法、そしてチーム、指導者も。野球はどんな方向に進

記事を読む

絶対に許されない、指導者の暴力行為

 今治西の監督が、昨年秋の大会で試合中に選手に平手打ちをした事について、部員への暴力で3か月の謹慎処

記事を読む

プロ野球選手のミットの使い方が全然違う!

 野球塾のZEROベースボールアカデミーでは、少年野球のチームなどではなかなか教わらないような技術も

記事を読む

少年野球選手の肩と肘を守る

 全日本野球協会(http://www.baseballjapan.org/jpn/index.ht

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑