*

【ドラフト会議特集11】選手を獲得したときのスカウトの気持ちは?

公開日: : 最終更新日:2014/10/31 スカウト活動

 いよいよドラフト会議まであと2日となった。選手にとっても運命の日だが、スカウトにとっても1年間、またはそれ以上追い続けてきた選手を獲得できるか、という大切な1日である。この日をスカウトはどんな気持ちで迎えるのか、元プロ野球スカウトの日野氏に聞いてみた。

希望の選手を獲得した時は?

 元プロ野球スカウトの日野氏に、ズバリ聞いてみた。「自分が追い続けてきた選手を、獲得できたときはどんな気持ちですか?」

そうすると、意外な答えが返ってきた。

 「ズシっと急に責任を感じるようになる」と話した。選手を見て、評価して、球団にプレゼンをする。1年にドラフトで指名できるのは多くても10人くらいの貴重な枠を使っている。それがドラフト1位などではなおさら貴重なものだ。球団の保有選手はたったの70人で、その中の一人を自分の評価で採用することになり、当然それによって解雇される選手もいる。

 責任は球団へのものだけでない。獲得した選手に対しても、球団のことを説明し、しっかり育てると言って獲得をする。その選手や家族、関係者の人生を背負うことになる。プロの世界は厳しい。獲得しても3年くらいで辞めていく選手も少なくない。

 追いかけているときは「獲得したい、獲得したい」と思うのだが、いざ獲得すると喜んでばかりいられない。スカウトはその選手が2月にキャンプインに順調に入れるように、いろいろと準備をし始める。

 

選手への思いは?

 獲得した選手へは何を思うのだろう。日野氏は「長くやってくれよ、というのが大きい」。

 もちろん新人王を獲ったり、チームのエースやレギュラーになってほしい気持ちはあるのだが、まずは長くプロの世界でやって、悔いのない野球人生にしてほしい、という事のようだ。

 ファンは獲得できた選手の来年や将来の活躍を夢見るが、スカウトはやはり当事者として、非常に現実的な感じになるのがわかる。

 

一番うれしいのは?

 選手を追い続け、獲得したらうれしいよりも責任を感じ、そしてまた来年の選手を見に向う。これではスカウトの仕事というのは大変な事としか感じられない。

 それではうれしい時はどんな時なのだろう。

 「1軍で選手が活躍をした時」と日野氏ははっきりと答えた。自分が見て獲得した選手が、テレビやスタジアムで活躍する姿を見て、また来年もこういう選手を獲得しようと歩いていく。これがスカウト冥利というものだろう。

 

 ドラフト会議まであと2日、今年もまた、スカウトが責任を感じる日がやってくる。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

a1180_000929

元プロ野球スカウトが語る、スカウトの資質とは?

 西武ライオンズでスカウトをしていた日野茂氏に、スカウトの資質について聞いた。スカウトには何が必要な

記事を読む

a1180_000929

スカウトの夏!緊張の夏

 高校野球の各地の大会が本格的に始まっています。高校野球の夏の大会、スカウトにとっては、大きな賭けを

記事を読む

onaka

広島経済大・尾仲祐哉投手にみる選手の努力と可能性

広島経済大の尾仲祐哉投手は172cm70kgの右腕投手、現在は最速で150キロを投げるが、大学入学時

記事を読む

日野茂

【野手編】2015年のドラフト候補は?元西武スカウト・日野茂氏の評価

 あと1週間に迫ったドラフト会議、元西武ライオンズスカウトの日野茂氏がチェックした、今年のドラフト候

記事を読む

508287p8i5842of

スマホやAIの進化で、スカウト活動は変わっていくのか?

プロ野球のキャンプの終盤戦に入り、練習試合やオープン戦を中心に回り始めるようになる。キャンプに参加し

記事を読む

日野さん

早稲田実・清宮幸太郎選手を、元プロ野球スカウトがチェック

 松井以来の怪物、和製ベーブルースと報道される早稲田実業高校の清宮幸太郎選手、まだ1年生の4月ではあ

記事を読む

日野茂

2015年ドラフトを元西武スカウト・日野茂氏に聞く

2015年のドラフト会議から1ヶ月が経ち、球団では入団発表が行われている。今年のドラフト会議の指名の

記事を読む

日野さん

早稲田大・吉永健太朗投手を、元スカウトが評価する

 早稲田大の吉永健太朗投手、日大三高校で、畔上翔選手、横尾俊建選手、高山俊選手などと共に夏の甲子園を

記事を読む

508287p8i5842of

プロ野球スカウトの面白さ ~今のスカウトの仕事~

 プロ野球スカウト、その面白さについて元西武スカウトの日野氏にお話を聞いた。今回は後編として現在のス

記事を読む

sendai

プロ野球のスカウティングは「営業」か「投資」か

 ローソンの社長を務めた新浪氏が10月からサントリーホールディングスの社長に就任する。近年は新卒学生

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
draft_box
この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」

石毛宏典
選手は最終的には態度で評価される

プロ野球に限らず、高校野球、大学野球などの選手は、素晴らしいバッティン

石毛宏典
エラーをしてしまったら、エラーをした選手がいたら

野球をしていて、エラーはミスはつきものです。どんな選手でも1回はエラー

石毛宏典
ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック

 いよいよ今年のドラフト会議が来週木曜日(10月26日)に開催される。

石毛宏典
石毛宏典氏は中村奨成選手を絶賛、プロもマネをするべき打撃

石毛宏典氏は今年の夏の甲子園で、久々に注目したバッターがいたと話した。

→もっと見る

PAGE TOP ↑