*

【ドラフト会議特集6】京大生、田中英祐投手はプロで活躍できるか

公開日: : 大学野球

 今年のドラフト会議で話題となりそうなのが、京都大の田中英祐投手だろう。身長は180cmまでいかないようだが最速149キロの速球を投げ、関西ではNO1、全国でも屈指の右腕投手として評価されている。

 元西武スカウトの日野氏が田中投手を評価する。

田中英祐投手とは?

 田中英祐投手は兵庫の名門・白陵高校出身、毎年東大、京都大、大阪大などに2桁の合格者を出す進学校である。その高校で野球部に入部すると1年生でエースとなり、3年時には甲子園にも出場した加古川北戦で7回1失点と好投するなど、実力は評価されていた。

 京都大に進学すると1年生秋に147キロを記録し、その後も立命館大や近畿大、同志社大、関西学院大、関西大といった甲子園で活躍した選手を集められる大学を相手に好投を見せると、2年春の関西学院大で5安打完封1-0で勝利し、京都大の連敗を60で止めた。

 3年秋には立命館大戦で延長21回237球を一人で投げ抜き、13安打15奪三振で無失点に抑える快投を見せると、プロのスカウトも「この世代でリーグNO1」と評価するに至った。

 4年生の春までに7勝(26敗)、325回を投げて223奪三振、防御率は2.21となっており、大学屈指の右腕として多くの球団がドラフト候補に挙げた。

 田中投手も8月の阪神との交流戦で登板した際にプロ志望を決断している。

 

元プロスカウトの評価

 田中英祐投手の映像を元西武スカウトの日野茂氏に見てもらった。

Youtube  https://www.youtube.com/watch?v=pZRLLlV33R8 田中英祐 (京都大)より

 

 「指導はそれほどなかったようで、自分でフォームを考えて作ってきたように見える」と話した。自分の持っているものを出そうという物が感じられるとのこと。

 課題としては、「下半身が弱く、下のひねりが小さい」「フォームに無駄な動きが多い」とポイントが挙がり、「投げ切れていない印象がある」と指摘した。

 ただし、「下半身ができた時に、これまでの研究成果が出る」と話す。これまで自分のフォームを自分で考えて作ってきているため、頭の中にイメージが出来上がっている。その状態で下半身を強くしていけば、それに合ったフォームに自分でつくりかえられる、という。

 自分のフォームを理解しないと、たとえば体型が変わったり、フォームの欠点を指摘されてフォームの改造をすると、自分のフォームを見失ってしまう。そうして本来の球が投げられなくなった投手も少なくない。

 プロ入りするまでにいかに自分の体やフォームを理解しているかで、プロで長い間投げられる投手になる。

 

 即戦力ではないものの、下半身が出来て、それにアジャストしたフォームになった時、「京都大」ではなく「プロ野球選手」田中英祐がスタートする。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

jingu

さよなら、僕の野球!大学野球選手権と野球からの卒業

 5月、大学野球の春季リーグ戦が終わり、大学野球の春のクライマックスである大学野球選手権が行われてい

記事を読む

Jingu

大学野球も2014年全日程終了!今年の大学野球シーンを振り返る

 明治神宮大会の大学の部、決勝では駒澤大学が明治大学を3-0で下し、駒澤大学が王者となって2014年

記事を読む

jingu

しっかりとやるべきことを繰り返して、東京大学の野球部の勝利

 東京六大学リーグでは東京大学が、2010年10月2日に早稲田大に勝って以来、約4年半にわたって94

記事を読む

jingu

早慶戦が他の試合と違う点

今日から東京六大学リーグでは早慶戦(慶早戦)が行われています。なぜ早慶戦が特別なのか、理由を挙げてみ

記事を読む

kyujyou1

この季節の大学野球、それぞれの進路へ

 4月、5月のこの季節は、高校、大学、社会人の各種大会やリーグ戦が開催されています。大学野球にとって

記事を読む

バッターボックス

今度は大学生、社会人の季節

センバツ高校野球が盛り上がりの中で幕を閉じた。そしていよいよ週末に、一部の大学リーグ戦がスタートする

記事を読む

keio

新・慶応義塾大野球部が始動、全国大会で優勝するために

 慶応義塾大は大学野球の雄である。早稲田大とともに日本の野球の発展を担ってきた。東京六大学でも今年春

記事を読む

日野さん

【大学野球選手権特集】仙台大・熊原健人投手を元プロスカウトが評価する

 大学野球選手権が始まりました。大会前に巨人がスカウト会議を開き、富士大の多和田真三郎投手と共に、仙

記事を読む

6dai1

東都で優勝した専修大学、まだ狼煙を上げただけに過ぎない

 東都大学リーグは専修大が26年ぶりの優勝を飾った。前回優勝時に6勝を挙げてMVPを獲得した岡林洋一

記事を読む

Jingu

さらにすそ野が広がる大学野球

日本の野球界は、高校野球は高校野球連盟の調査によると平成27年度には4021校、168,898人の部

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
レギュラー争いと選手の成長

プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。チームの各ポジションで

石毛宏典
今年の西武ライオンズは行ける?石毛宏典氏に聞く

4月18日時点で7勝6敗、3位の位置にいる埼玉西武ライオンズ、辻監督に

バッターボックス
頑張れ女子野球選手!

野球は、見るのも面白いし、プレーするのも面白い!そして男子だって楽しけ

sougankyou
今年はドラフト不作の年?

 大学野球リーグもスタートし、今年のアマチュア野球シーズンが本格的に開

gorin
次は東京オリンピックで!侍ジャパン

 侍ジャパンの4年間の戦いが終わった。結果を振り返ると重い4年間だった

→もっと見る

PAGE TOP ↑