*

高校野球のタイブレーク導入に5割が支持のアンケートは適切か?

公開日: : 高校野球

 

 高校野球連盟は、選手の健康管理に関するアンケート結果を公表した。報道によると、「回答した3951校のうち、1964校がタイブレーク導入を支持した」とされているが、果たして本当に支持されているのか?

アンケート方法

 アンケートの詳細と回答数を以下にまとめる。

◎質問1:選手の健康管理に関して、以下のどの方法を導入するのが良いか。

質問1の結果 硬式 軟式
①投手の投球数制限を実施 474校
(12.0%) 
44校
(9.9%) 
②投手の投球回数制限を実施 423校
(10.7%)  
96校
(21.6%) 
③タイブレーク制度を実施 1964校
(49.7%)  
238校
(53.6%) 
④その他の方法を実施
 (現状維持という回答も含む) 
1090校
(27.6%)  
66校
(14.9%) 

◎質問2:もしタイブレーク制度を導入した場合には、以下のどれが適当か。

質問1の結果 硬式 軟式
①9回終了後、10回から実施 508校
(13.4%) 
87校
(20.3%) 
②延長12回終了後、13回から 2079校
(54.8%)  
211校
(49.2%) 
③延長14回終了後、15回から 194校
(5.1%)  
37校
(8.6.6%) 
④延長15回終了後、16回から 1011校
(26.7%)  
94校
(21.9%) 

 アンケートは数字を有利に導くことができる方法がいくつかあるので疑ってかかる必要がある。設問の方法が、どれかの制度を選ぶという形になっており、投球制限や投球回制限の次にタイブレークがあることにより、また「現状維持」は単独の回答ではなく、その他になっている。

 しかも次の設問にタイブレークについて何回ならOKか、という設問が用意されており、「この回ならば」といった雰囲気を出す効果もあり、タイブレーク導入を前提としたアンケートになっているのは疑いようがない。やや戦略的なものを感じさせる。

 ただし、設問自体は理解しやすく、④に比べ③が圧倒的に多い事を考えると、おおよそタイブレークには賛成という事のようだ。

 

連投に対する設問は?

 ただし今回の設問で、選手の健康管理に重要な意味を持つと思われる、いわゆる連投(完投した翌日に再び先発して完投するような)についての施策については、設問1の中に入っていなかった。連日試合が続くような大会日程も大きな問題の一つだと考えられ、その設問がないのは大会を運営する高野連側の意図があるのではないだろうか?

 野球で投手の場合、9回で150球を投げる事もあれば、延長12回で120球の場合もある。確かにイニング数が増えれば相対的に球数も増えるが、これまで故障が発生した投手は、延長12回以上投げたことが負担になったのだろうか?それとも連投をしたことが負担になったのだろうか?

 タイブレークを導入するのと同時に、試合の間隔を広める施策についても考えなければならない。

 

 アンケートを取るならば、連投を避ける施策についても項目の中に入れる必要があると強く訴えたい。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

Koushien

意外性を見せたセンバツ出場校の選考

センバツ高校野球大会の出場32校が発表された。選出には意外と感じられる部分も見られた。 意外な選考

記事を読む

jingu

元プロスカウトに、済美高・安楽智大投手を評価してもらう

 2013年の選抜高校野球大会で準優勝し、その夏の愛媛県大会で最速157キロを記録した済美高校・安楽

記事を読む

野球キャンプイン

野球による進学の季節、高校の部活体験、大学のセレクション

 甲子園では夏の高校野球に向けて、出場校の選手が練習に取り組んでいる。そして、夏の大会で敗れ去った選

記事を読む

記者会見

高校野球選手の発言と時代

 高校野球の熱戦が続き、また多くの高校が敗れている。注目された高校野球選手は新聞記者のインタビューを

記事を読む

Koushien

石毛宏典氏の高校野球への提言

8月が終わり、高校野球は新チームの戦いが始まっている。この夏も各地で、甲子園で多くの選手がプレーした

記事を読む

STEPUP

東海大相模・吉田凌投手を元プロ野球のスカウトが評価する

 今年のドラフト候補の高校生の中で、プロが注目している左右の投手が東海大相模にいる。共に中学時代から

記事を読む

バッターボックス

怪物と怪物が出会ったら

 甲子園で2本、3本ホームランを放ったり、140キロ後半の速球で相手をねじ伏せる選手は、高校生の怪物

記事を読む

mound

インコースを投げる投手vs打者の戦いは、日本の野球の将来を左右する

 春季高校野球関東大会では浦和学院が優勝を果たした。優勝の立役者となったのは、左投手の江口奨理投手と

記事を読む

Koushien

横浜高校の渡辺監督が勇退、約半世紀の監督人生

 横浜高校の渡辺監督が今年限りで勇退するという報道がされた。70歳、昨年、同校の小倉部長が勇退したが

記事を読む

notes

高校野球選手の進路とトレンド

 高校野球選手の進路、有力な選手は昨年の段階で大学に推薦が決まっていたり、社会人への内定が決まってい

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
石毛宏典氏が源田壮亮選手を絶賛

 社会人から西武ライオンズ入りし、1年目から遊撃手として活躍をした石毛

石毛宏典
東北楽天の快進撃と千葉ロッテの低迷を分析する

2017年のパリーグは、5月10日終了時で東北楽天が貯金12をもって首

石毛宏典
レギュラー争いと選手の成長

プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。チームの各ポジションで

石毛宏典
今年の西武ライオンズは行ける?石毛宏典氏に聞く

4月18日時点で7勝6敗、3位の位置にいる埼玉西武ライオンズ、辻監督に

バッターボックス
頑張れ女子野球選手!

野球は、見るのも面白いし、プレーするのも面白い!そして男子だって楽しけ

→もっと見る

PAGE TOP ↑