*

元プロ野球選手のキャッチボールは「キャッチボール」だった

公開日: : 少年野球指導

 キャッチボール、というと2人以上でボールを投げ合って、試合前に体や肩を温めたりほぐしたりするものと思ってしまう。しかしそれは違う。野球塾で元西武の上田浩明コーチは、少年野球選手たちのキャッチボールを見て、すかさず指摘する。

「それは肩慣らしだ」

 

キャッチボール

 キャッチボールとはボールを投げる事ではなくキャッチすることである。つまりキャッチする部分が大切なのだ。

 「ボールのキャッチなんて何も考える事がないのでは?」と思うかもしれないが、元プロ野球選手にしてみればそれは違う。

 腕を前に出してボールをキャッチするポイントを確認する。そしてその場所に体を持っていくように前に足を出していく。そして性格に、スローイングの基本姿勢に入ってボールを投げる。

 プロ野球選手にしてみれば、キャッチボールは「キャッチ」ボールになっている。

 少年野球選手たちは、投げる事に真剣になり、受けるほうでは身体の近くでボールをつかむだけ。そこから足を踏み出してスローイングに入るから一連の流れになっていない。

 

 プロ野球の選手は本当に基本に忠実で、キャッチボールの1球1球を大切にしている感じがします。その繰り返しを長い間することによって、長い間野球を続けることができるのでしょう。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

新芽

上の学年を目指して

小学生の場合、低学年と高学年では体格もその他も大きな差がある。4年生と6年生でもかなりの身長の差があ

記事を読む

石毛宏典

野球を考える時間を毎日つくる

阪神で大活躍中の高山俊選手は、大学時に監督より、毎日10分間スパイクを磨くように指示をされたという。

記事を読む

野球塾バッティング4

配球を読む事は技術不足を補う事にはならない

日本のプロ野球では、投手や捕手の配球や、配球を読む事がクローズアップされる事が多い。野球解説でも詳細

記事を読む

プロ野球選手のミット

プロ野球選手のミットの使い方が全然違う!

 野球塾のZEROベースボールアカデミーでは、少年野球のチームなどではなかなか教わらないような技術も

記事を読む

野球塾キャッチボール2

少年野球選手の肩と肘を守る

 全日本野球協会(http://www.baseballjapan.org/jpn/index.ht

記事を読む

zero_baseball1102

元プロ野球選手が教えるという事

元プロ野球選手が、大学野球や高校野球、そして少年野球チームの監督やコーチとして選手を指導しているケー

記事を読む

野球塾バッティング3

野球は技術!

以前、広岡監督、森監督、野村監督などの選手の育て方について、石毛宏典氏に語ってもらった。広岡監督は野

記事を読む

20160202

変わる野球の育成システム

野球界は現在大きく変わっている状態と考える。多くの選手の中から有望な選手を探していく形から、選手を育

記事を読む

zero13

プロ野球選手は他の選手を良く見ている

プロフェッショナルビュー・ベースボールでは、日野茂氏や石毛宏典氏、また元大洋、西武の清水宏悦氏、上田

記事を読む

sendai

プロ野球が少年野球チームを運営へ

 東北楽天がリトルシニアのチームを運営していくことが分かった。リトルシニア連盟に所属し、最初は20人

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック

 いよいよ今年のドラフト会議が来週木曜日(10月26日)に開催される。

石毛宏典
石毛宏典氏は中村奨成選手を絶賛、プロもマネをするべき打撃

石毛宏典氏は今年の夏の甲子園で、久々に注目したバッターがいたと話した。

石毛宏典
石毛宏典氏が源田壮亮選手を絶賛

 社会人から西武ライオンズ入りし、1年目から遊撃手として活躍をした石毛

石毛宏典
東北楽天の快進撃と千葉ロッテの低迷を分析する

2017年のパリーグは、5月10日終了時で東北楽天が貯金12をもって首

石毛宏典
レギュラー争いと選手の成長

プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。チームの各ポジションで

→もっと見る

PAGE TOP ↑