*

元プロ野球選手のキャッチボールは「キャッチボール」だった

公開日: : 少年野球指導

 キャッチボール、というと2人以上でボールを投げ合って、試合前に体や肩を温めたりほぐしたりするものと思ってしまう。しかしそれは違う。野球塾で元西武の上田浩明コーチは、少年野球選手たちのキャッチボールを見て、すかさず指摘する。

「それは肩慣らしだ」

 

キャッチボール

 キャッチボールとはボールを投げる事ではなくキャッチすることである。つまりキャッチする部分が大切なのだ。

 「ボールのキャッチなんて何も考える事がないのでは?」と思うかもしれないが、元プロ野球選手にしてみればそれは違う。

 腕を前に出してボールをキャッチするポイントを確認する。そしてその場所に体を持っていくように前に足を出していく。そして性格に、スローイングの基本姿勢に入ってボールを投げる。

 プロ野球選手にしてみれば、キャッチボールは「キャッチ」ボールになっている。

 少年野球選手たちは、投げる事に真剣になり、受けるほうでは身体の近くでボールをつかむだけ。そこから足を踏み出してスローイングに入るから一連の流れになっていない。

 

 プロ野球の選手は本当に基本に忠実で、キャッチボールの1球1球を大切にしている感じがします。その繰り返しを長い間することによって、長い間野球を続けることができるのでしょう。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

kyujyou3

絶対に許されない、指導者の暴力行為

 今治西の監督が、昨年秋の大会で試合中に選手に平手打ちをした事について、部員への暴力で3か月の謹慎処

記事を読む

野球塾指導1

最終戦

 小学生、中学生のチームは選手の卒業を迎え、各チームで卒業試合といった、チーム最後の試合をする。その

記事を読む

新芽

希望を持って前に!

3月もあと少しで終わり、4月からは新しい年度が始まる。新たな出会いや可能性と、新たな困難が待っている

記事を読む

野球塾バッティング4

配球を読む事は技術不足を補う事にはならない

日本のプロ野球では、投手や捕手の配球や、配球を読む事がクローズアップされる事が多い。野球解説でも詳細

記事を読む

shiba2

人工芝も本物、野球塾の施設

 埼玉県川口市にある小学生、中学生に野球を教える野球塾・ZEROベースボールアカデミーは、室内練習場

記事を読む

石毛宏典

バッティングの課題を気付かせる方法

今年のオープン戦は、東北楽天のドラフト1位ルーキー・オコエ瑠偉選手が、スポーツ紙やテレビ番組でかなり

記事を読む

zero_baseball1102

元プロ野球選手が教えるという事

元プロ野球選手が、大学野球や高校野球、そして少年野球チームの監督やコーチとして選手を指導しているケー

記事を読む

20160412

プロは基本を必ずやる

野球塾で元プロ野球選手が指導しているのを見ると、生徒とは明らかに違う部分がある。それはプレーのうまさ

記事を読む

プロ野球選手のミット

プロ野球選手のミットの使い方が全然違う!

 野球塾のZEROベースボールアカデミーでは、少年野球のチームなどではなかなか教わらないような技術も

記事を読む

野球塾バッティング3

作り上げるのは一生、失うのは一瞬

これまで多くのアマチュア選手を見てきたが、プロ入り後、すぐに大化けした選手というのはいない。逆にプロ

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
レギュラー争いと選手の成長

プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。チームの各ポジションで

石毛宏典
今年の西武ライオンズは行ける?石毛宏典氏に聞く

4月18日時点で7勝6敗、3位の位置にいる埼玉西武ライオンズ、辻監督に

バッターボックス
頑張れ女子野球選手!

野球は、見るのも面白いし、プレーするのも面白い!そして男子だって楽しけ

sougankyou
今年はドラフト不作の年?

 大学野球リーグもスタートし、今年のアマチュア野球シーズンが本格的に開

gorin
次は東京オリンピックで!侍ジャパン

 侍ジャパンの4年間の戦いが終わった。結果を振り返ると重い4年間だった

→もっと見る

PAGE TOP ↑