*

チーム編成トップの役割

公開日: : プロ野球

 プロ野球でチームを強くするために、また運営するために重要な役割を持つフロント、その中でチーム編成の責任者である編成部長やGMの役割を日野茂氏に聞いた。

編成部門の仕事

 以前にも書いたことがあるが、日野茂氏は球団買収で騒動となったライブドアの編成部門として声がかかっていたことがある(ライブドアによる買収の話は無くなり、代わりに楽天球団となった)。

 編成の役割としては、選手の補強(ドラフト会議、トレード、FA,外国人)、監督・コーチなどスタッフ人事、他球団の戦力分析、選手やコーチの査定や年俸調整などの仕事がある。

 その中でとりわけ目立ち重要な役割なのが選手の補強となるが、最も重要なのは、チームの補強方針を示すことになる。

 

補強方針を示す

 まずはチームの方向性という大きな方針がある。投手を中心とした守って勝つチームなのか、走力を使ったチームなのか、打撃のチームなのか。ただし偏りすぎてもいけない。チームのバランスも考慮し、戦力を分析した上で優勝できるチームにするには何が必要かを示す。

 特にこの時期になると、FAの資格を持つ選手の動向だったり、ドラフト会議の動向が見えるようになってくる。

 アマチュア選手のスカウトもプロ選手のスカウトも、その方針によるターゲットを探しリストアップする。そして獲得の可能性などの情報をこまめに情報共有し、FA、トレード、ドラフト、外国人などのチャンネルでバランスをとっていく。

 

編成トップの重要性

 スカウトなどにとって、チームの方針が明確になっていれば、ターゲットを絞って仕事ができる。その役割を担うGMや編成部長の役割や重要になる。

 日野氏によると、「トレードやFAでどの選手が取れそうという情報を元に、ドラフトではそれ以外の補強ポイントで選手を指名するといった事もある。」と話す。ドラフト会議もトレードやFAも、その選手が確実に獲得できるという事はわからない。特にドラフト会議は10月下旬、FAは11月から12月が中心となる。また外国人の獲得やトレードはそのあとになる。

 特にチーム作りの基盤となるドラフト会議は、FAやトレードとは分けて考えるチームもあるようだが、多くはやはり連動していくようだ。GMや編成トップは、ドラフトではどのポイントを、FAやトレードではどのポイントを補強する、という事を明確にできれば、プロ・アマのスカウトも動きやすくなる。

 編成トップの方針が不明確で、たとえばFAで取れそうな選手が獲得できるのかわからない状態だと、ドラフトでも方針がバラバラになってしまう事もある。

 

チームの長期的編成

 もちろん、編成は来年だけを見たものではない。日本の場合は1回のドラフト会議で指名する選手も少なく、特に長期的な視点をもって指名をしていく必要がある。

 下位に長年低迷しているチームなどは、来年急に強くするには、できたとしても資金がかかったりする。3年を目安に優勝できるチームにしようとすると、4番を打つ選手を育て、エースを育てという事になる。

 上位にいるチームだって、翌年以降も上位の位置をキープしなければならない。短期的にFAや外国人を獲得していても、次の世代の4番やエースがいなければ、長続きせず低迷期へと入ってしまう。来年のチームの上乗せ、そして将来、そのバランスをとるのは非常に難しい。

 

 いずれにしてもチーム編成トップの役割と重要性は大きい。GMへ編成部門トップの人事のニュースが出てきているが、どんな人が編成のトップに立つのか、監督人事とともに楽しみにしたい点である。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

 

関連記事

石毛宏典

ドラフトに見る独立リーグの役割、石毛宏典氏が語る

2015年のドラフト会議では四国アイランドリーグプラスから6人が、BCリーグからも6人が指名された。

記事を読む

draft_box

2016年ドラフト指名選手を評価する

 元西武ライオンズの石毛宏典氏と、元西武スカウトの日野茂氏に、今年のドラフト会議で指名された選手につ

記事を読む

yokohama

横浜DeNA・白崎浩之選手の4月23日のプレーを検証する

もう2週間前になるが、4月23日の巨人戦で2年目のショート・白崎浩之選手が3失策、初回にはファースト

記事を読む

IMG_6039

プロ野球チームの緻密な経営で、ピラミッドの頂点から落ちる日も

 プロ野球の球団経営は、世の中に流れと同じように透明で、細かく正確に、そして緻密になっている。それが

記事を読む

日野さん

一流選手が名指導者になるために

 プロ野球ではよく、「選手として一流だった人は名指導者にはなれない」と言われることがあります。もちろ

記事を読む

ishige2

石毛宏典氏、日本シリーズで一番強かったのは1985年の阪神

 石毛宏典氏は、西武ライオンズの黄金期を戦い、11度の日本シリーズを経験し、8度の日本一に輝いている

記事を読む

FA移籍

FA移籍について、石毛宏典氏に聞く

今年はFAの移籍の話題が比較的目立った。埼玉西武のエースだった岸孝之投手が東北楽天に移籍、オリックス

記事を読む

野球キャンプイン

球春到来!プロ野球キャンプの見方

いよいよ今日からプロ野球のキャンプがスタートする。各チームとも新戦力も加わり、監督が交代したチームな

記事を読む

sendai

合理的な補強とその危うさ、東北楽天のチーム作り

 東北楽天は2004年オフからプロ野球に参入し、当時の近鉄やオリックスから分割ドラフトで選手が加わっ

記事を読む

ishige2

石毛宏典氏が語る、スランプに落ちる瞬間と2年目のジンクス

プロ野球選手は143試合の長丁場を戦う、この間に何度か調子のよい時と悪い時を迎える。プロ野球で16年

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
ishige2
盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

石毛宏典
大谷翔平選手はメジャーで二刀流で活躍できるか、石毛宏典氏に聞く

いよいよ大谷翔平選手が、メジャーに移籍した。アナハイムエンゼルスで今季

draft_box
この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」

石毛宏典
選手は最終的には態度で評価される

プロ野球に限らず、高校野球、大学野球などの選手は、素晴らしいバッティン

石毛宏典
エラーをしてしまったら、エラーをした選手がいたら

野球をしていて、エラーはミスはつきものです。どんな選手でも1回はエラー

→もっと見る

PAGE TOP ↑