*

【ドラフト会議特集1】ドラフト会議までに何を決めておくのか?スカウト会議で行う事

公開日: : 最終更新日:2014/10/02 スカウト活動

 いよいよドラフト会議まであと1か月となりました。今年は「確実にドラフト1位で行ける」と言える選手がなかなかおらず、各球団も血眼になって上位候補の視察に訪れているようです。1か月後に迫ったドラフト会議までに、球団はどんなことを決めておくのでしょうか?西武でスカウトをしていた日野茂氏に話を聞きました。

ランクは4段階

 この話は日野氏がスカウトや編成をしていた時のもので、現在は変わっているかもしれません。

 まずドラフトで指名する選手のリストと順位づけは大体終わっている事が多く、年によってリストアップされている選手は違ってくる。40人前後というところのようだ。

 そして、その候補者をSランク~Cランクに分け、そのランクの中でも順位づけをしておく。

  • Sランク  絶対に欲しい選手  4人程度
  • Aランク  ほしい選手(2位で獲得を想定)     10人程度
  • Bランク  可能性のある選手(足が速い、打球を遠くに飛ばすなど一芸がある) 
  • Cランク  可能性のある選手の中で下位レベル

 このうち、Sランクの中から最初(ドラフト1位)に指名する選手を決め、抽選などで獲得ができなかったら、Sランクの選手を順番に指名していく。

 そして指名の可能性のある選手には、ドラフト会議前に連絡を入れておく。

 

他球団の状況

 候補選手のチーム関係者や親族などから、他球団の情報が入る事がある。また新聞などの情報から他球団の指名候補者を探っていく。そしてドラフト会議の前日や当日のスカウト会議では、12球団の指名シミュレーションをしておく。

 

難しいドラフト2位、3位

 各球団ともドラフト2位、3位までは本当に欲しい選手を指名したい。したがって2位での指名に駆け引きが行われることが多い。

 指名のランキングでいくとSランクに挙げた選手はすでに指名されていることが多く、Aランク、Bランクの選手を見る事になるが、「このあたりは順番が難しくなってくる」と日野氏は話す。他球団の状況やドラフト1位で獲得した選手により柔軟に指名選手を変えるようだ。1位で野手を獲得したら2位ではBランクの投手を獲得したりすることもあれば、他球団が1位で想定外の選手を指名したときに、「2位でこの選手を指名するかもしれない」と、Bランクの選手を繰り上げる事があるという。

 したがって、「2位と3位の指名は順位が逆になることは多い」と日野氏は話す。

 以降はドラフト会議の下位は順位に従って指名し、予定した人数でドラフト会議の指名を終える。

 

基本的にはスカウト会議参加者の総意で決まる

 ではSランクの中から誰を1位指名するのかをどうやって決めるのだろうか? 日野氏は「基本的にはスカウト会議の参加者の総意で決まる」と話す。全スカウトが納得の1位指名候補となる。ただし、球団や年度によっては「人気を買う事もある」と話す。甲子園や神宮で活躍した選手が優先されることがある。

 これについて日野氏に、「スカウトは実力のある選手が欲しいのか、人気のある選手が欲しいのか」と聞くと、「当然、実力のある選手を指名したい」と話す。ただし球団は経営されているもので、経営者の判断は理解をしているという。

 

10月23日のドラフト会議まで1か月、ドラフト会議までの内側の話などを特集して参ります。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

kyujyou

【ドラフト会議特集5】スカウトの1年

 10月23日のドラフト会議まであと2週間と少し、各地で大学のリーグ戦が終盤戦の盛り上がりを見せてい

記事を読む

日野さん

早稲田実・清宮幸太郎選手を、元プロ野球スカウトがチェック

 松井以来の怪物、和製ベーブルースと報道される早稲田実業高校の清宮幸太郎選手、まだ1年生の4月ではあ

記事を読む

sougankyou

スカウトの目は様々なものに影響される

 元プロ野球スカウトの日野茂氏は、選手時代は内野手としてプレーしていた。プロ野球のコーチ時代も守備な

記事を読む

日野さん

プロの目から見たアマチュア選手のプレーと指導

 第1回プロ野球スカウト講座が7月4日に行われた。元西武スカウトであり、横浜ベイスターズの2軍監督や

記事を読む

kousyou

【ドラフト会議特集4】スカウトの仕事、交渉事

 プロ野球のスカウトは、チームのために必要な戦力をそろえる事。選手を見て評価をすることが最も主な活動

記事を読む

日野さん

ドラフトの注目遊撃手、中京学院大・吉川尚輝選手を元スカウトが分析する

今年のドラフト会議で、注目されている大学生がいる。中京学院大の吉川尚輝選手は、プロのスカウトがドラフ

記事を読む

a1180_000929

ネットスカウトの情報量の凄さ

 先日、「ネットスカウト」と呼ばれる人と会う機会があった。情報量の濃さは想像を超えるほどはるかに深い

記事を読む

kousyou

プロ野球スカウトの面白さ ~昔のスカウトの仕事~

 北海道日本ハムの山田GMが退任されるようだ。思えば最近のドラフト会議で、唯一会場を湧かせてくれる球

記事を読む

508287p8i5842of

スマホやAIの進化で、スカウト活動は変わっていくのか?

プロ野球のキャンプの終盤戦に入り、練習試合やオープン戦を中心に回り始めるようになる。キャンプに参加し

記事を読む

日野さん

野手のドラフト候補がスカウトに注目されるには

 センバツに出場する野手の候補を紹介してきたが、元西武のスカウト・日野茂氏に、「野手はどんな風にすれ

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
大谷翔平選手はメジャーで二刀流で活躍できるか、石毛宏典氏に聞く

いよいよ大谷翔平選手が、メジャーに移籍した。アナハイムエンゼルスで今季

draft_box
この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」

石毛宏典
選手は最終的には態度で評価される

プロ野球に限らず、高校野球、大学野球などの選手は、素晴らしいバッティン

石毛宏典
エラーをしてしまったら、エラーをした選手がいたら

野球をしていて、エラーはミスはつきものです。どんな選手でも1回はエラー

石毛宏典
ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック

 いよいよ今年のドラフト会議が来週木曜日(10月26日)に開催される。

→もっと見る

PAGE TOP ↑