*

プレー解説:ノーアウト2,3塁、内野ゴロでランナーはどうする?

公開日: : プレー解説

 野球でプレーをしていて、難しいもののひとつにランナーの判断があります。プロ野球でもライナーの判断ミスによってアウトになったり、得点が奪えなかったりといったプレーが1試合に1回はあるのではないでしょうか?

 今日は、甲子園の準々決勝、日本文理vs聖光学院戦で2回の表に起こったプレーを紹介し、元横浜ベイスターズヘッドコーチの日野茂氏に基本的な解説をおねがいしました。

状況説明

 2回表、日本文理の攻撃で、ヒットと2ベースヒットでノーアウトでランナー2,3塁の場面でした。

 次のバッターがショートゴロを打ちますが、ここでサードランナーはホームを狙い、2,3塁で挟まれてアウトになりました。

 ランダウンプレーで時間を稼ぎ、セカンドランナーがサードに、バッターランナーがセカンドに進んだため、1アウト、2,3塁となりましたが、一つ間違えると、1アウト1,3塁などチャンスが縮小する場面でもありました。

 

プレー解説

 日野氏の解説です。

 「試合の状況(終盤だったり)、や対戦相手の練度だったり、またはチームの方針で決まっている場合もあるが、基本的にノーアウトの時は、外野に抜けるのを見てからスタートを切る」とのことでした。

 試合は序盤であり、日本文理高校の守備力を考え、試合状況も初回に1点ずつを奪いあう状況で、一か八かでリスクを取る場面ではないということが考えらえます。

 しかし、状況に応じて突っ込むのか、突っ込まないのかを変えると、高校生の場合、ランナーが判断をミスすることもあり、たとえばこのプレーでサードが戻ったのにセカンドランナーがスタートを切ってしまうような事も起こりえたかもしれません。

 そのためチームでは、打ったらスタートを切ると決めていることも良くあるようです。高校野球なので相手のミスもあるかもしれません。

 

ワンナウトなら

 「ワンナウトの場合には突っ込む事が多い」と日野氏は解説します。2アウトとなるとチャンスはあと一人のバッターになります。2,3塁だと2点が取れるかもしれませんが、2アウト1,3塁で1点が取れれば上出来という事になるのでしょう。

 ただし、これも試合状況などによってきます。

 

 このように、確率や可能性を考えながらも試合状況を見て作戦を変えていく、守備側も攻撃側もいろいろなケースを想定しながらプレーに臨みます。

 良く野球とサッカーを例える時に、「サッカーはイメージのスポーツ」ということが言われますが、野球もイメージが必要です。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

3rd-play

プレー解説:瞬時の判断と自然に動く体

元プロ野球ヘッドコーチの日野氏とYoutubeの佐野日大の田嶋大樹投手の動画見ていた時、田嶋投手の投

記事を読む

プロ野球選手のミット

疑う事を知っている守備

メジャーリーグにおいてもゴールドグラブが発表された。日本のプロ野球において10度のゴールデングラブ賞

記事を読む

ishige2

石毛宏典、日野茂がショートについて語る

現役時代、球界を代表する遊撃手だった元西武ライオンズの石毛宏典氏、中日ドラゴンズなどでショートを守り

記事を読む

石毛宏典

オリックスの新星・吉田正尚選手について、石毛宏典が語る

オリックスのルーキー・吉田正尚選手が、リーグ終盤戦に入ったパリーグをにぎわせている。当サイトでも青山

記事を読む

バッターボックス

消えるあいまいなプレーと審判の責任

 野球にかかわらず、柔道やレスリングなどでビデオ判定が導入されるなど、これまで審判によって判断されて

記事を読む

naiyasyu1

プロ野球のコーチはこういうプレーを見逃さない!

 日野茂氏は中日ドラゴンズや西武ライオンズで内野手としてプレーし、その後、西武ライオンズや横浜ベイス

記事を読む

20160625

こういうプレーはプロ野球選手として恥ずかしい

6月25日の横浜DeNA-巨人の試合、2回裏に阿部選手が犯したエラーに、元プロ野球選手で中央大の先輩

記事を読む

野球塾バッティング6

バッティング理論の説明の仕方

 バッティングの理論で、「上からたたく」「腰の回転で打つ」という言葉を耳にすることもあると思います。

記事を読む

sendai

トリプルプレーのパターンを検証する

4月22日の福岡ソフトバンクと北海道日本ハムの試合でトリプルプレーが記録された。またニューヨークヤン

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
レギュラー争いと選手の成長

プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。チームの各ポジションで

石毛宏典
今年の西武ライオンズは行ける?石毛宏典氏に聞く

4月18日時点で7勝6敗、3位の位置にいる埼玉西武ライオンズ、辻監督に

バッターボックス
頑張れ女子野球選手!

野球は、見るのも面白いし、プレーするのも面白い!そして男子だって楽しけ

sougankyou
今年はドラフト不作の年?

 大学野球リーグもスタートし、今年のアマチュア野球シーズンが本格的に開

gorin
次は東京オリンピックで!侍ジャパン

 侍ジャパンの4年間の戦いが終わった。結果を振り返ると重い4年間だった

→もっと見る

PAGE TOP ↑