*

本命なきドラフト会議とスカウトの苦心

公開日: : スカウト活動

 昨年のドラフト会議は高校生ならば松井裕樹投手、大学生ならば大瀬良大地投手、社会人ならば吉田一将投手、石川歩投手という、各クラスを代表する選手がいた。それでも全体的に数が少なく、社会人で埋もれていた選手が多く指名されたのだが、今年は昨年より状況は厳しくなっている。

本命不在となった高校生と社会人

 今年のドラフト会議は昨年までは高校生が豊作という評価だった。特に済美高校の安楽智大投手は、高校生ながら常に150キロ前後の球を投げる怪物と言われ、他にも夏の大会で優勝した高橋光成投手も平均球速は140キロ前半といったところだが、188cmの長身から投げ下ろされる直球と変化球にスカウトも魅了された。

 他にも、盛岡大付の松本裕樹投手、大和広陵の立田将太投手も150キロに迫る球速があり、サウスポーでも佐野日大の田嶋大樹投手やセンバツで優勝した小島和哉投手などがいた。

 しかし、安楽投手、高橋投手は故障により離脱すると、盛岡大付の松本裕樹投手も甲子園では肘痛により150キロ近くの速球は見られなかった。小島投手、立田投手投手は成長を見せることができず、そして田嶋投手も左肩の違和感で甲子園に出場できず、社会人入りを表明した。

 野手では横浜高の高濱祐仁選手と浅間大基選手に注目が集まったが、高濱選手は名前が出なくなってしまう。智弁学園の岡本和真選手が大きく成長し、ドラフト1位として名前が入った。まだ外角の変化球に手を出すなど課題はあるが、ボールを飛ばせる力と左右に柔軟に飛ばせる柔らかさが備わっており、ドラフト1位で間違いないだろう。

 安楽投手、高橋投手はプロ入りを表明し、素質でもドラフト1位は間違いないのだが、スカウトの心の中ですっきりとドラフト1位で獲りたいと思えないのは、やはりケガのあとの投球が引っかかっているからなのだろう。

 

 社会人も厳しい状況となっている。本命視されていたNTT東日本の高木伴投手は140キロ中盤から後半の速球を投げるものの、昨年の侍ジャパンに参加しての台湾戦もそうだが、昨年の都市対抗以降でピリッとした投球ができていない。JX-ENEOSのスラッガー、石川駿選手も昨年の都市対抗で推定150m近くの特大ホームランなど3本塁打を打ち期待されたが、今年は目立った活躍が見られない。

 昨年の日本選手権優勝の立役者となった新日鉄住金かずさマジックの左腕・加藤貴之投手も、もともと130キロ台のストレートにキレがあるタイプで、昨年は良かったものの今年は都市対抗でリリーフで登板しサヨナラで敗退、また先日の日本選手権予選では打球を足に受けて降板してしまう。

 都市対抗でも補強選手として出場していた新日鉄住金鹿島の石崎剛投手、横山雄哉投手、三菱日立パワーシステムズ横浜の野村亮介投手などが好投したが、いずれもまだ素材型の投手といえる。社会人選手はこのように素質の高い選手はいるのだが、ドラフト1位で指名できるような選手はいない。

 

大学生は

 残るは大学生で、早稲田大の有原航平投手、明治大の山崎福也投手、法政大の石田健大投手、亜細亜大の山崎康晃投手などがドラフト1位候補として名前が上がっていたが、春に150キロの速球で5勝を挙げた有原航平投手は評価を挙げたものの、山崎福也投手、石田健大投手は投球内容も良く映らなかった。

 亜細亜大の山崎康晃投手は優勝こそしたものの、大学野球選手権で創価大の田中正義投手に投げ負けるなど、球のキレが失われたピッチングが目立ち、秋のリーグ戦では初戦で先発も終盤に4失点し逆転負けを喫した。

 大学生でもプロのスカウトが、「ドラフト1位で間違いない」「何としてもほしい」と言えるのは、早大の有原航平投手だけといえる。ただし、有原投手も春の早慶戦で敗れて大学野球選手権出場を逃すと、侍ジャパン大学代表入りもできなかった。

 

スカウトが苦心

 もちろん、この1年の結果だけでプロのスカウトは評価をしていない。昨年のドラフト会議で5球団から指名された松井裕樹投手も、3球団から指名された大瀬良大地投手も、最後の年は結果を残せていなかった。

 おそらくここに名前を挙げた選手はドラフト1位で名前が呼ばれていくだろう。しかし、夏の甲子園ですごいピッチングを見せたり、秋に素晴らしいプレーを見せてくれれば、スカウトも堂々と「ドラフト1位で彼を指名してくれ」と言えるのだが。

 

 そしてまた今年も、ドラフト1位以下で、どれだけ素晴らしい選手を獲得できるかに注目されることになりそうだ。昨年のドラフト会議では横浜DeNAの三上朋也投手や阪神の梅野隆太郎選手がドラフト4位で、また阪神の岩崎優投手がドラフト6位で指名され、プロ1軍で活躍を続けている。

 各球団ともドラフト1位では将来を見込んで素質のある大物感のある選手を指名し、ドラフト下位でこのような選手を獲得すべく動くことになるだろう。スカウトにとっては腕の見せどころと言われるのだが、本音はドラフト1位クラスの選手がキチンと結果を残してほしいというところだろう。

 苦心は10月23日まで続くことになる。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

 

関連記事

ドラフトの注目遊撃手、中京学院大・吉川尚輝選手を元スカウトが分析する

今年のドラフト会議で、注目されている大学生がいる。中京学院大の吉川尚輝選手は、プロのスカウトがドラフ

記事を読む

プロ野球のスカウティングは「営業」か「投資」か

 ローソンの社長を務めた新浪氏が10月からサントリーホールディングスの社長に就任する。近年は新卒学生

記事を読む

なぜこの選手を獲得できなかったのか?嘉陽宗一郎投手

昨日、東都大学リーグの亜細亜大と駒沢大の対戦が行われ、亜細亜大学が勝利した。勝利投手になったのは、今

記事を読む

大阪商業大・岡田明丈投手を、元プロスカウトが評価する

 大阪商業大の岡田明丈投手がこの春に150キロを記録し、連日のようにプロ野球のスカウトが姿を見せてい

記事を読む

ネットスカウトの情報量の凄さ

 先日、「ネットスカウト」と呼ばれる人と会う機会があった。情報量の濃さは想像を超えるほどはるかに深い

記事を読む

【ドラフト会議特集1】ドラフト会議までに何を決めておくのか?スカウト会議で行う事

 いよいよドラフト会議まであと1か月となりました。今年は「確実にドラフト1位で行ける」と言える選手が

記事を読む

スカウトの目は様々なものに影響される

 元プロ野球スカウトの日野茂氏は、選手時代は内野手としてプレーしていた。プロ野球のコーチ時代も守備な

記事を読む

スカウトの神様は野球マニアだった、時代で変わるスカウトの評価

 プロ野球のスカウトがすごいと思うのはスカウトは誰なのだろう?元西武ライオンズでスカウトをしていた日

記事を読む

プロの目から見たアマチュア選手のプレーと指導

 第1回プロ野球スカウト講座が7月4日に行われた。元西武スカウトであり、横浜ベイスターズの2軍監督や

記事を読む

夏の高校野球、プロのスカウトは何を見ているのか?

 季節は7月、暑い季節となりました。そして熱い高校球児の戦いが各地で行われています。新聞でも注目の球

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑