*

【高校野球選手の進路】すぐにプロに入るか、大学・社会人を経由するか

公開日: : 高校野球

 夏の高校野球が終わり、3年生の高校球児達は自分の将来について考える。野球推薦で大学に入学すべくセレクションを受けたり、練習会に参加したりしている選手もいれば、野球は高校生までとして、大学の受験勉強や消防士などの資格試験に力を入れ始めたり、就職活動をしたりしている。

 その中で、ぜいたくな、しかし難しい決断をしなければならないのがプロ野球に入るのか、大学・社会人に進むのかを悩む選手もいる。

すぐにプロ入りするほうが良いか?

 この質問を元西武ライオンズスカウトで2軍監督などもしていた日野茂氏に聞くと、難しいという顔をした。

 そして横浜大洋ホエールズの内野手として活躍した清水宏悦氏は、「よく言われるのは『投手はプロ、野手は進学や社会人』というのがある」と話した。投手はプロで活躍できる投手は比較的短い時間に1軍に上がって活躍できる、野手はどんなに良い選手でも時間がかかる、という。

 たしかに投手ではドラフト1位で指名させるような選手は特に近年は藤浪晋太郎投手、大谷翔平投手、松井裕樹投手などは1年目2年目で活躍をみせている。投手でも甲子園で活躍した投手は、大学1年目から活躍できる事が多く、逆に4年間エースとして投げる事で故障のリスクも出てくる。

 日野氏は大学野球の問題として、「フォームの強制が必要な投手も、結果を出してしまえばそのままでで投げてしまい、故障をしてしまう」ということと、「リーグ戦は勝ち点制が主流で、エースは1戦目に投げた後に3戦目、場合によっては2戦目に連投してしまう」ということを挙げた。

 また、スカウトの経験から「大学では2番手あたりで投げて、社会人で出てくるような投手が良い場合がある」と話す。

 

 野手では森友哉選手が1軍で活躍したものの打撃だけで、捕手として活躍するにはまだ時間は必要だし、昨年のドラフト会議で高く評価された選手たちも2軍で打撃、守備、走塁などを鍛えられている状況だ。それならば大学、社会人で鍛えられて、3年後、4年後にプロ入りするのと、時間的にはあまり変わらない。

 

ある選手の話

 清水氏はこんな話もしてくれた。高校時代にある選手がおり、阪神がドラフト2位で指名するという話があった。しかし先輩のアドバイスにより大学に進むと、大学3年でケガをしてしまう。その後、社会人チームに入ったものの、プロ入りはできなかった。

 その選手はプロ野球を志していたのは間違いなかったようだった。

 この話を、「大学でケガをしてしまったのだから、プロでも活躍できずに短い選手生命だったかもしれないので、プロ入りしなくてよかった」という風に考えるか、「少なくともプロ野球選手になる可能性はあったのにもったいない」と考えるかになると思う。あなたはどう考えるでしょうか。

 

大切なのは「自分が決める事」

 どれが良いというものはない。選手の周りの人はそれぞれの考えを持ち、選手にアドバイスするだろう。その時に大切なのは、「必ず自分が決める事」と日野氏は話す。

 その意見に乗ったままで決断をしてしまうと、「プロ野球選手になれたのになれなかった」「プロに入るのが早すぎて選手生命が短くなった」と後悔をしてしまう。

 「自分が決めたこと」と思えれば、たとえ良くない結果で終わったとしても後悔は小さくなる。当たり前のことだがそれが一番大切な事だと強く感じた。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

元西武ライオンズの石毛宏典氏と元スカウトの日野茂氏が、夏の甲子園で気になった投手

夏の高校野球甲子園大会は、作新学院の優勝で幕を閉じた。優勝した今井達也投手や準優勝の北海・大西健斗投

記事を読む

センバツで羽ばたくか、大阪桐蔭・高山優希投手を元プロスカウトが評価する

 今年のセンバツ高校野球大会には、去年の県岐阜商・高橋純平投手のような目玉の投手はいない。しかし、プ

記事を読む

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライオンズの名遊撃手だった石毛宏典

記事を読む

高校野球の名将の引退

 昨日、高校野球の佐賀大会では佐賀北高校が佐賀工業を下して甲子園出場を決めた。佐賀北の百崎監督は20

記事を読む

東海大相模・吉田凌投手を元プロ野球のスカウトが評価する

 今年のドラフト候補の高校生の中で、プロが注目している左右の投手が東海大相模にいる。共に中学時代から

記事を読む

この季節の高校野球、チームの形ができる時

 4月、5月のこの季節は、大学では春季リーグ戦が開催され、また高校野球も選抜高校野球大会の熱気も冷め

記事を読む

怪物達が輝く甲子園であり続けて!

 昨夏の覇者・前橋育英の高橋光成投手が、昨春の優勝チーム・浦和学院の小島和哉投手が、準優勝・済美高校

記事を読む

怪物と怪物が出会ったら

 甲子園で2本、3本ホームランを放ったり、140キロ後半の速球で相手をねじ伏せる選手は、高校生の怪物

記事を読む

センバツで躍動するか、期待の大型遊撃手たち

センバツ高校野球大会の組み合わせ抽選が、今週の金曜日に迫った。左腕投手に注目が集まる中で、大型遊撃手

記事を読む

高校野球の魅力と変わること

 先月、高校野球は変われるか?という記事で、高校生投手の球数の多さを指摘し、高校生の将来も考えて投球

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑