*

高校野球は大阪桐蔭が優勝!夏の甲子園の勝率は8割8分、8度出場して4度優勝

公開日: : 高校野球

 夏の高校野球が大阪桐蔭が優勝した。大阪桐蔭はこれで夏の大会は4度目の優勝で、中京大中京の7度、広島商の6度、松山商の5度に次ぎ、PL学園と並ぶ優勝回数となった。そして、夏の大会に出場して優勝するのは8回出場して4度の栄冠、50%の確率で優勝している。

甲子園での勝率も驚異的

 大阪桐蔭は8回出場し33試合を戦い29勝4敗、勝率は8割7分9厘で1回出場して優勝しているチームを除くとNO1、中京大中京の76勝19敗(勝率8割)よりも高い勝率を残している。

 振り返ると、大阪桐蔭は昭和63年に創部し、4年目の平成3年に阪神タイガースに入った萩原誠選手、近鉄バファローズに入った背尾伊洋投手などのメンバーで優勝をしている。初出場で優勝を飾った。

 その後、平成14年まではなく、14年西岡剛(現阪神タイガース)を擁しての出場も初戦で敗退した。平成17年には巨人に入った辻内崇伸投手、中日に入った平田良介選手、また1年生に中田翔選手を擁して出場、準決勝まで勝ち進むも駒大苫小牧に敗れた。平成18年の夏は2回戦で斎藤佑樹投手の早稲田実業に敗れている。

 それから1年後の平成20年には、埼玉西武に入った浅村栄斗選手、福島由登投手(現ホンダ)、萩原圭悟選手(現ヤマハ)などがそろい優勝を果たすと、平成24年には阪神に入った藤浪晋太郎選手、埼玉西武に入った森友哉選手(2年)などのメンバーで春夏連覇を果たす。

 平成25年は森選手が3年生となった年だったが3回戦で明徳義塾に敗れた。そしてその翌年となった今年、チームは優勝をした。

 

プロで活躍する選手も多く

 大阪桐蔭は近年、プロ入り選手も増え中でもチームで中心に活躍した選手も多い。今中慎二投手から始まり、西岡剛選手、岩田稔選手(阪神)、中村剛也選手(埼玉西武)、平田良介選手、中田翔選手(北海道日本ハム)、浅村栄斗選手、江村直也選手(千葉ロッテ)、藤浪晋太郎投手、森友哉選手など。

 良い投手を排出したり、スラッガーを生み出す傾向のあるチームはあるが、外野手、内野手、投手などまんべんなくプロで活躍する選手が出てきている。

 高校野球チームを作る場合には、監督などが良い選手をスカウトして集め、その選手を育てる良いコーチがおり、甲子園では相手を分析したり決断する監督がいる。特に甲子園に勝率を見ると、相手の分析する方法が確立しているのではないかと思いたくなる。

 

 これでさらに大阪桐蔭に選手が集まるだろうし、OBから良いコーチも出てくるだろう。大阪は甲子園に出場するのも大変な地区で、履正社などのライバルがいるが、大阪桐蔭の時代はしばらく続きそうだ。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

yakyu

高校野球、エラーで負けてしまった選手たちへのメッセージ

 夏の高校野球大会、甲子園では49校による48試合が行われ、そのうちサヨナラで試合が終わったのは5試

記事を読む

Koushien

小豆島と小豆島高校と甲子園

小豆島高校がセンバツ大会に出場、1-2で惜しくも敗れ甲子園1勝はならなかったが、落ち着いた戦いぶりを

記事を読む

kyujyou3

高校野球の応援曲のルーツ~第2回:甲子園常連高校~

 高校野球の応援特集、第1回では東京六大学由来の応援歌を紹介しましたが、第2回は甲子園常連校由来の応

記事を読む

日野さん

創志学園・高田萌生投手と、敦賀気比・山崎颯一郎投手を、元プロスカウトが評価

センバツ大会の智弁学園と高松商の大熱戦となった決勝戦から、早いもので1ヶ月が経った。高校野球は各地の

記事を読む

新芽

【高校野球】レギュラーをめぐる戦いがスタート

 夏の高校野球大会が8月25日にやや遅めに幕を閉じて1週間と少し、高校野球はその大会中からすでに、来

記事を読む

ouen1

高校野球の応援曲のルーツ~第3回:プロレス~

高校野球応援特集、第3回です。  第1回は東京六大学がルーツのもの、第2回は甲子園常連校がルーツの

記事を読む

notes

野球と自分の実力の評価

 野球選手は時には道の選択が必要になる時がある。熱戦が繰り広げられている高校野球でも、3年生は夏の大

記事を読む

Koushien

来年の野球はどうなる? その1:高校野球

 今年もあと1週間となりました。来年の野球界の動きや予想などをしてみます。 2015年の高校野

記事を読む

プロ志望届例(栃木県高校野球連盟ホームページより取得)

高校生のスカウト活動は最終段階へ、プロ志望届からドラフト会議まで

 夏の高校野球大会が、甲子園で熱戦が繰り広げられています。1回戦と2回戦までの代表49校すべてが登場

記事を読む

野球塾指導1

頑張れ、野球塾出身の4番!そして全国の高校野球3年生へ

 ゼロベースボールアカデミーで、元プロ野球選手の始動を受けた選手たちが、高校野球の最後の1年を戦って

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
ishige2
盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

石毛宏典
大谷翔平選手はメジャーで二刀流で活躍できるか、石毛宏典氏に聞く

いよいよ大谷翔平選手が、メジャーに移籍した。アナハイムエンゼルスで今季

draft_box
この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」

石毛宏典
選手は最終的には態度で評価される

プロ野球に限らず、高校野球、大学野球などの選手は、素晴らしいバッティン

石毛宏典
エラーをしてしまったら、エラーをした選手がいたら

野球をしていて、エラーはミスはつきものです。どんな選手でも1回はエラー

→もっと見る

PAGE TOP ↑