*

高校野球の都道府県別出場校数と部員数

公開日: : 高校野球

 第96回高校野球大会は、甲子園で熱戦が繰り広げられている。今日は八頭高校が大阪桐蔭と対戦したが敗れた。大阪桐蔭は大阪府代表だが大阪府大会は180校が出場している。対する八頭高校は鳥取県の代表だが鳥取大会は24校の参加にとどまった。どれくらいの格差があるのかを調べてみる。

第96回選手権大会の都道府県大会参加高校数

 下表の通りもっとも出場校の多かったのは190校の神奈川県で、1校当たりの甲子園出場確率は0.53%、もっとも少なかったのは24校の鳥取県で確率は4.17%と、1校当たりの出場確率は鳥取県のほうが神奈川県より約8倍高いということになる。

 次に2013年度の高校野球部員数のデータを元に、各都道府県の1校当たりの部員数を見てみると、最も多いのは沖縄県で1校当たり約56人の部員がおり、最も少ないのは北海道の約33人だった。

都道府県 夏の大会参加校数 高校野球部員数(2013年度) 1校当たりの甲子園出場確率 1校当たり部員数
北北海道 103 7,381 0.97% 32.8
南北海道 122 0.82%
青森 68 2,247 1.47% 33.0
岩手  71 2,681 1.41% 37.8
秋田 50 2,043 2.00% 40.9
山形 49 1,973 2.04% 40.3
宮城 74 2,811 1.35% 38.0
福島 81 3,088 1.23% 38.1
茨城 100 3,885 1.00% 38.9
栃木  62 2,425 1.61% 39.1
群馬  67 2,829 1.49% 42.2
埼玉 156 7,327 0.64% 47.0
千葉 170 7,851 0.59% 46.2
東東京 137 10,972 0.73% 41.4
西東京 128 0.78%
神奈川 190 8,167 0.53% 43.0
山梨 37 1,671 2.70% 45.2
長野 87 3,613 1.15% 41.5
新潟 88 3,190 1.14% 36.3
富山 48 1,661 2.08% 34.6
石川 49 2,145 2.04% 43.8
福井 30 1,324 3.33% 44.1
愛知 189 8,513 0.53% 45.0
静岡 113 4,775 0.88% 42.3
三重 62 2,699 1.61% 43.5
岐阜 67 2,989 1.49% 44.6
滋賀 52 2,532 1.92% 48.7
京都 78 3,608 1.28% 46.3
奈良 42 2,112 2.38% 50.3
和歌山 39 1,576 2.56% 40.4
大阪 180 8,715 0.56% 48.4
兵庫 162 7,616 0.62% 47.0
岡山 59 2,822 1.69% 47.8
広島 93 4,082 1.08% 43.9
鳥取 24 866 4.17% 36.1
島根 39 1,510 2.56% 38.7
山口 58 2,102 1.72% 36.2
香川 40 1,640 2.50% 41.0
愛媛 59 2,130 1.69% 36.1
徳島 31 1,040 3.23% 33.5
高知 31 1,106 3.23% 35.7
福岡 135 6,970 0.74% 51.6
佐賀 41 1,853 2.44% 45.2
長崎 57 2,390 1.75% 41.9
熊本 65 3,348 1.54% 51.5
大分 47 2,225 2.13% 47.3
宮崎 49 2,176 2.04% 44.4
鹿児島 77 3,018 1.30% 39.2
沖縄 61 3,391 1.64% 55.6
合計 3917 167,088

 ちなみに関東を見ると、埼玉県は1校当たりの甲子園出場確率は0.64%で、しかも1校当たりの部員数は47人と最も多い。レギュラーの18人に入る確率は50%以下で、しかも出場確率も低い。

 逆に栃木県は1校当たりの甲子園出場確率が1.61%で1校当たりの部員数は約39人、50%に近い確率でレギュラーとなり甲子園出場の確立も1%以上となっている。

 

 もちろん学校の野球環境もあるし、強豪校は部員が100人を超す高校もある。単純ではないものの、参考としていただければ。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

高校野球と地域の知名度アップ

高校野球によって知名度の高い地域がある。例えば池田高校の徳島県池田町(現在は三好市)や、新湊旋風の富

記事を読む

夏の高校野球、2011年からの選手宣誓の内容と宣誓をした主将たち

 いよいよ夏の高校野球、甲子園大会が開幕しました。今年は作新学院主将・中村幸一郎選手による選手宣誓が

記事を読む

高校野球のタイブレーク導入に5割が支持のアンケートは適切か?

   高校野球連盟は、選手の健康管理に関するアンケート結果を公表した。報道によると、「回

記事を読む

高校野球は練習方法を変えれば、まだまだ上手くなる(1)

昨年、高校野球100年という事で、沢山のイベントが行われ、夏の甲子園も大いに盛り上がった。とても長い

記事を読む

高校野球の2014年の日程終了!今年の高校野球シーンを振り返る

 高校野球は明治神宮大会が終わり、2014年のすべての日程が終了した。あとは年末を越し、1月末に選抜

記事を読む

高校野球は変わるのか?

 高校野球の熱戦が各地で繰り広げられている。その中で、いくつかのチーム名が連なる連合チームや、他の部

記事を読む

高校野球の魅力と変わること

 先月、高校野球は変われるか?という記事で、高校生投手の球数の多さを指摘し、高校生の将来も考えて投球

記事を読む

高校野球は変われるか?

 高校野球はヒーローを生み出す場にもなる。それは甲子園で優勝した選手だけでなく、懸命にプレーしながら

記事を読む

センバツ高校野球大会、夢は夏に向かって

センバツ高校野球大会は今日、決勝戦を迎える。智弁学園vs高松商という、名門で強豪でありながら、決勝で

記事を読む

【センバツ注目選手】遊撃手編~その2~ 大阪桐蔭・福田光輝選手を元プロスカウトが評価する

 センバツ注目選手・遊撃手編、その2は大阪桐蔭の福田光輝選手です。福田選手は昨年夏の甲子園でも遊撃手

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑