*

高校野球の都道府県別出場校数と部員数

公開日: : 高校野球

 第96回高校野球大会は、甲子園で熱戦が繰り広げられている。今日は八頭高校が大阪桐蔭と対戦したが敗れた。大阪桐蔭は大阪府代表だが大阪府大会は180校が出場している。対する八頭高校は鳥取県の代表だが鳥取大会は24校の参加にとどまった。どれくらいの格差があるのかを調べてみる。

第96回選手権大会の都道府県大会参加高校数

 下表の通りもっとも出場校の多かったのは190校の神奈川県で、1校当たりの甲子園出場確率は0.53%、もっとも少なかったのは24校の鳥取県で確率は4.17%と、1校当たりの出場確率は鳥取県のほうが神奈川県より約8倍高いということになる。

 次に2013年度の高校野球部員数のデータを元に、各都道府県の1校当たりの部員数を見てみると、最も多いのは沖縄県で1校当たり約56人の部員がおり、最も少ないのは北海道の約33人だった。

都道府県 夏の大会参加校数 高校野球部員数(2013年度) 1校当たりの甲子園出場確率 1校当たり部員数
北北海道 103 7,381 0.97% 32.8
南北海道 122 0.82%
青森 68 2,247 1.47% 33.0
岩手  71 2,681 1.41% 37.8
秋田 50 2,043 2.00% 40.9
山形 49 1,973 2.04% 40.3
宮城 74 2,811 1.35% 38.0
福島 81 3,088 1.23% 38.1
茨城 100 3,885 1.00% 38.9
栃木  62 2,425 1.61% 39.1
群馬  67 2,829 1.49% 42.2
埼玉 156 7,327 0.64% 47.0
千葉 170 7,851 0.59% 46.2
東東京 137 10,972 0.73% 41.4
西東京 128 0.78%
神奈川 190 8,167 0.53% 43.0
山梨 37 1,671 2.70% 45.2
長野 87 3,613 1.15% 41.5
新潟 88 3,190 1.14% 36.3
富山 48 1,661 2.08% 34.6
石川 49 2,145 2.04% 43.8
福井 30 1,324 3.33% 44.1
愛知 189 8,513 0.53% 45.0
静岡 113 4,775 0.88% 42.3
三重 62 2,699 1.61% 43.5
岐阜 67 2,989 1.49% 44.6
滋賀 52 2,532 1.92% 48.7
京都 78 3,608 1.28% 46.3
奈良 42 2,112 2.38% 50.3
和歌山 39 1,576 2.56% 40.4
大阪 180 8,715 0.56% 48.4
兵庫 162 7,616 0.62% 47.0
岡山 59 2,822 1.69% 47.8
広島 93 4,082 1.08% 43.9
鳥取 24 866 4.17% 36.1
島根 39 1,510 2.56% 38.7
山口 58 2,102 1.72% 36.2
香川 40 1,640 2.50% 41.0
愛媛 59 2,130 1.69% 36.1
徳島 31 1,040 3.23% 33.5
高知 31 1,106 3.23% 35.7
福岡 135 6,970 0.74% 51.6
佐賀 41 1,853 2.44% 45.2
長崎 57 2,390 1.75% 41.9
熊本 65 3,348 1.54% 51.5
大分 47 2,225 2.13% 47.3
宮崎 49 2,176 2.04% 44.4
鹿児島 77 3,018 1.30% 39.2
沖縄 61 3,391 1.64% 55.6
合計 3917 167,088

 ちなみに関東を見ると、埼玉県は1校当たりの甲子園出場確率は0.64%で、しかも1校当たりの部員数は47人と最も多い。レギュラーの18人に入る確率は50%以下で、しかも出場確率も低い。

 逆に栃木県は1校当たりの甲子園出場確率が1.61%で1校当たりの部員数は約39人、50%に近い確率でレギュラーとなり甲子園出場の確立も1%以上となっている。

 

 もちろん学校の野球環境もあるし、強豪校は部員が100人を超す高校もある。単純ではないものの、参考としていただければ。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

石毛宏典氏は中村奨成選手を絶賛、プロもマネをするべき打撃

石毛宏典氏は今年の夏の甲子園で、久々に注目したバッターがいたと話した。それは、広陵・中村奨成選手だっ

記事を読む

高校野球の応援曲のルーツ~第1回:東京六大学~

 高校野球のスタンドでの応援は、高校野球の花の一つである。この応援によってチームに勢いがつく。また野

記事を読む

怪物と怪物が出会ったら

 甲子園で2本、3本ホームランを放ったり、140キロ後半の速球で相手をねじ伏せる選手は、高校生の怪物

記事を読む

高校野球は変わるのか?

 高校野球の熱戦が各地で繰り広げられている。その中で、いくつかのチーム名が連なる連合チームや、他の部

記事を読む

大谷・藤浪世代で次に出てきそうな選手と、その次の世代

 プロ野球では6月11日に北海道日本ハムvs巨人戦では北海道日本ハムの大谷翔平投手、阪神vs千葉ロッ

記事を読む

高校野球の応援曲のルーツ~第4回:流行曲~

 高校野球応援特集、第4回、今回は流行曲です。  第1回は東京六大学がルーツのもの、第2回は甲子園

記事を読む

甲子園でホームランを打つのは5000人に1人の奇跡

 夏の高校野球、今大会は既に10号ホームランが出ている。甲子園でホームランを打つ事ができるのは、全国

記事を読む

大阪桐蔭の優勝と福岡ソフトバンクジュニア、つながり始めた12球団ジュニアトーナメント

 昨日、夏の高校野球で優勝した大阪桐蔭高校、実は福岡ソフトバンクジュニアとの縁がある。優勝メンバーの

記事を読む

天理高校・坂口漠弥選手を元プロスカウトが評価する

 選抜高校野球大会が終わり、高校生たちは夏に向けて動き始めている。そのセンバツで長打力が注目されたの

記事を読む

高校野球選手の進路とトレンド

 高校野球選手の進路、有力な選手は昨年の段階で大学に推薦が決まっていたり、社会人への内定が決まってい

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑