*

高校野球の都道府県別出場校数と部員数

公開日: : 高校野球

 第96回高校野球大会は、甲子園で熱戦が繰り広げられている。今日は八頭高校が大阪桐蔭と対戦したが敗れた。大阪桐蔭は大阪府代表だが大阪府大会は180校が出場している。対する八頭高校は鳥取県の代表だが鳥取大会は24校の参加にとどまった。どれくらいの格差があるのかを調べてみる。

第96回選手権大会の都道府県大会参加高校数

 下表の通りもっとも出場校の多かったのは190校の神奈川県で、1校当たりの甲子園出場確率は0.53%、もっとも少なかったのは24校の鳥取県で確率は4.17%と、1校当たりの出場確率は鳥取県のほうが神奈川県より約8倍高いということになる。

 次に2013年度の高校野球部員数のデータを元に、各都道府県の1校当たりの部員数を見てみると、最も多いのは沖縄県で1校当たり約56人の部員がおり、最も少ないのは北海道の約33人だった。

都道府県 夏の大会参加校数 高校野球部員数(2013年度) 1校当たりの甲子園出場確率 1校当たり部員数
北北海道 103 7,381 0.97% 32.8
南北海道 122 0.82%
青森 68 2,247 1.47% 33.0
岩手  71 2,681 1.41% 37.8
秋田 50 2,043 2.00% 40.9
山形 49 1,973 2.04% 40.3
宮城 74 2,811 1.35% 38.0
福島 81 3,088 1.23% 38.1
茨城 100 3,885 1.00% 38.9
栃木  62 2,425 1.61% 39.1
群馬  67 2,829 1.49% 42.2
埼玉 156 7,327 0.64% 47.0
千葉 170 7,851 0.59% 46.2
東東京 137 10,972 0.73% 41.4
西東京 128 0.78%
神奈川 190 8,167 0.53% 43.0
山梨 37 1,671 2.70% 45.2
長野 87 3,613 1.15% 41.5
新潟 88 3,190 1.14% 36.3
富山 48 1,661 2.08% 34.6
石川 49 2,145 2.04% 43.8
福井 30 1,324 3.33% 44.1
愛知 189 8,513 0.53% 45.0
静岡 113 4,775 0.88% 42.3
三重 62 2,699 1.61% 43.5
岐阜 67 2,989 1.49% 44.6
滋賀 52 2,532 1.92% 48.7
京都 78 3,608 1.28% 46.3
奈良 42 2,112 2.38% 50.3
和歌山 39 1,576 2.56% 40.4
大阪 180 8,715 0.56% 48.4
兵庫 162 7,616 0.62% 47.0
岡山 59 2,822 1.69% 47.8
広島 93 4,082 1.08% 43.9
鳥取 24 866 4.17% 36.1
島根 39 1,510 2.56% 38.7
山口 58 2,102 1.72% 36.2
香川 40 1,640 2.50% 41.0
愛媛 59 2,130 1.69% 36.1
徳島 31 1,040 3.23% 33.5
高知 31 1,106 3.23% 35.7
福岡 135 6,970 0.74% 51.6
佐賀 41 1,853 2.44% 45.2
長崎 57 2,390 1.75% 41.9
熊本 65 3,348 1.54% 51.5
大分 47 2,225 2.13% 47.3
宮崎 49 2,176 2.04% 44.4
鹿児島 77 3,018 1.30% 39.2
沖縄 61 3,391 1.64% 55.6
合計 3917 167,088

 ちなみに関東を見ると、埼玉県は1校当たりの甲子園出場確率は0.64%で、しかも1校当たりの部員数は47人と最も多い。レギュラーの18人に入る確率は50%以下で、しかも出場確率も低い。

 逆に栃木県は1校当たりの甲子園出場確率が1.61%で1校当たりの部員数は約39人、50%に近い確率でレギュラーとなり甲子園出場の確立も1%以上となっている。

 

 もちろん学校の野球環境もあるし、強豪校は部員が100人を超す高校もある。単純ではないものの、参考としていただければ。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

ouen1

高校野球の応援曲のルーツ~第1回:東京六大学~

 高校野球のスタンドでの応援は、高校野球の花の一つである。この応援によってチームに勢いがつく。また野

記事を読む

mound

インコースを投げる投手vs打者の戦いは、日本の野球の将来を左右する

 春季高校野球関東大会では浦和学院が優勝を果たした。優勝の立役者となったのは、左投手の江口奨理投手と

記事を読む

バッターボックス

怪物と怪物が出会ったら

 甲子園で2本、3本ホームランを放ったり、140キロ後半の速球で相手をねじ伏せる選手は、高校生の怪物

記事を読む

mound

センバツ注目投手だった佐野日大・田嶋大樹投手を改めてチェック

2014年の第86回選抜高校野球大会は龍谷大平安高校の優勝で幕を閉じました。好投手がたくさんいました

記事を読む

日野さん

センバツで羽ばたくか、大阪桐蔭・高山優希投手を元プロスカウトが評価する

 今年のセンバツ高校野球大会には、去年の県岐阜商・高橋純平投手のような目玉の投手はいない。しかし、プ

記事を読む

STEPUP

代表に集った選手たちは、何を得たのか?

 8月の甲子園終了から約2週間、侍ジャパンU18代表が集まった。約17万人の高校野球部員の中から選ば

記事を読む

Koushien

高校野球は変われるか?

 高校野球はヒーローを生み出す場にもなる。それは甲子園で優勝した選手だけでなく、懸命にプレーしながら

記事を読む

notes

野球と自分の実力の評価

 野球選手は時には道の選択が必要になる時がある。熱戦が繰り広げられている高校野球でも、3年生は夏の大

記事を読む

Koushien

センバツで躍動するか、期待の大型遊撃手たち

センバツ高校野球大会の組み合わせ抽選が、今週の金曜日に迫った。左腕投手に注目が集まる中で、大型遊撃手

記事を読む

日野茂

高校野球は練習方法を変えれば、まだまだ上手くなる(2)

ある高校の練習の指導に訪れた日野茂氏は、その練習方法とある出来事を経験して「高校野球は練習方法を工夫

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
石毛宏典氏が源田壮亮選手を絶賛

 社会人から西武ライオンズ入りし、1年目から遊撃手として活躍をした石毛

石毛宏典
東北楽天の快進撃と千葉ロッテの低迷を分析する

2017年のパリーグは、5月10日終了時で東北楽天が貯金12をもって首

石毛宏典
レギュラー争いと選手の成長

プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。チームの各ポジションで

石毛宏典
今年の西武ライオンズは行ける?石毛宏典氏に聞く

4月18日時点で7勝6敗、3位の位置にいる埼玉西武ライオンズ、辻監督に

バッターボックス
頑張れ女子野球選手!

野球は、見るのも面白いし、プレーするのも面白い!そして男子だって楽しけ

→もっと見る

PAGE TOP ↑