*

スカウトの神様は野球マニアだった、時代で変わるスカウトの評価

公開日: : スカウト活動

 プロ野球のスカウトがすごいと思うのはスカウトは誰なのだろう?元西武ライオンズでスカウトをしていた日野茂氏に聞くと、難しそうな表情をして「スカウトは時代によって評価されるポイントが変わる」と言いながら、一人のスカウトの名前を挙げた。

スカウトの神様は

 「尊敬するスカウトはいますか?」という質問に日野氏は、木庭教氏の名前を挙げた。

 木庭スカウトは広島のスカウトとして、山本浩二、三村敏之、池谷公二郎、正田耕三、達川光男、高橋慶彦、川口和久、大野豊といった広島の黄金期のメンバーをスカウトし「スカウトの神様」と呼ばれている。しかし、もともとはプロ野球の選手ではなく、野球観戦マニアだった。その趣味が高じて広島球団に「獲得すべき選手のリスト」を送り、これが広島カープの事務局長の目に留まって、スカウトとして広島カープに入団している。

 スピードガンの導入などを積極的に行い、また球団のスカウトの地域による分担制を外れ、全国を一人で周り、無名ながら有望な選手を見つけて獲得しては、プロ野球で一流の選手として活躍した。

 日野氏は木庭氏のすごさについて「ドラフト外であんな選手を獲った」と驚かされたという。そしてその選手を自分の足で全国を歩きまわって探してくる姿にすごさを感じている。

 

時代によって変わるスカウトの価値

 かつてはドラフト外というドラフト会議で指名されなかった選手を、ドラフト後に獲得しても良いというルールがあった。日野氏や木庭氏が活動をしていた時代は、ドラフト外でどんな選手を獲ってくるのかが、スカウト同士で評価の対象となっていたようだ。

 また日野氏が評価するスカウトとして、「あの選手をよく2位で指名したな」と、無名の選手を高い順位で指名し、その選手がプロで成績を残したときには驚かされるという。

 その後、本来はドラフト1位で指名されそうな選手をドラフト外で獲得するなど問題が増えてきた事などから、ドラフト外の制度は無くなった。そして、逆指名枠や自由枠といった制度が導入されると、今度は有望選手から逆指名を得る事ができるスカウトが、評価が上がるようになった。

 そしてその逆指名の競争がエスカレートし、裏金の問題が次々と明らかになって廃止され、現在は高校生、大学生はプロ志望届を提出した選手のみが指名できる制度となった。ドラフト会議の前に選手名が公表されるため、名前も知らなような本当の隠し玉ということはなくなった。

 今のドラフト制度ではドラフト1位や2位などの選手が、きっちりと評価通りの活躍をするかどうかが評価されているように思う。そのため、ドラフト1位で無名の選手を獲得したりというよりは、他球団も注目しているような選手を1位で指名するようになり、ドラフト会議での抽選は、外れ1位抽選も含めて回数が増えているように見える。

 夢よりは現実を、といったところだろうか。

 それでも2010年の愛知県立の蒲郡高校・千賀滉大投手や、20113年に宮城県立の岩出山高校・今野龍太投手などが指名され、プロ入りすると150キロを超すような速球を1年目から投げる姿をみると、この選手を獲得したスカウトや獲得に同意した球団は、やはりすごいと思う。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

スカウトの目は様々なものに影響される

 元プロ野球スカウトの日野茂氏は、選手時代は内野手としてプレーしていた。プロ野球のコーチ時代も守備な

記事を読む

背の低い選手に注目する

 野球はバレーボールやバスケットのように身長が高い必要はない。サッカーに比べても頭上のプレーが多いわ

記事を読む

野球キャンプイン

1月、2月のスカウトの動き

プロ野球は2月1日に春季キャンプが始まり「球春到来」となる。この時期はアマチュア野球の高校野球、大学

記事を読む

田中正義になれるか、成長を期待したい4投手を元プロスカウトが評価

今年のドラフト会議の超目玉として、早くも一挙手一投足に注目が集まっている創価大・田中正義投手。12球

記事を読む

センバツ総括:「将来が楽しみな選手が多かった」

 センバツ高校野球大会もいよいよ準決勝、決勝の2日を残すのみとなった。準々決勝で雨天となりプレーする

記事を読む

【ドラフト会議特集5】スカウトの1年

 10月23日のドラフト会議まであと2週間と少し、各地で大学のリーグ戦が終盤戦の盛り上がりを見せてい

記事を読む

ネットスカウトの情報量の凄さ

 先日、「ネットスカウト」と呼ばれる人と会う機会があった。情報量の濃さは想像を超えるほどはるかに深い

記事を読む

2015年ドラフトを元西武スカウト・日野茂氏に聞く

2015年のドラフト会議から1ヶ月が経ち、球団では入団発表が行われている。今年のドラフト会議の指名の

記事を読む

なぜこの選手を獲得できなかったのか?嘉陽宗一郎投手

昨日、東都大学リーグの亜細亜大と駒沢大の対戦が行われ、亜細亜大学が勝利した。勝利投手になったのは、今

記事を読む

現在のランクと将来のランク、斎藤佑樹と田中将大

選抜高校野球大会が終わり、今度は大学野球の春季リーグ戦が始まりました。社会人も各地の大会が行われ、そ

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑