*

【終戦記念日特集】8月15日、日本の野球の終戦記念日

公開日: : プロ野球

 8月15日は終戦記念日である。そして日本の野球にとっても、8月15日は終戦記念日なのだ。

 2000年8月15日、横須賀スタジアムで行われた湘南シーレックス(現横浜DeNAベイスターズのファーム)と日産自動車の試合が行われた。これは、日本のプロ野球と社会人野球が分断した1961年の「柳川事件」以来、初めて行われたプロ野球とアマチュア野球の対戦だった。

日本野球の戦争の始まり、柳川事件

 まず簡単に日本の野球における「プロ野球」と「社会人野球」の戦争について、その発端となった柳川事件を簡単に説明する。

 1961年はまだドラフト会議は無く、プロ野球は直接社会人チームの選手と契約をすることができた。しかしそれでは社会人チームも、社会人大会に向けてチーム作りができない事から「ある期間はプロ側が契約をしないという協定」を結び、プロ側もそれに従っていた。

 しかし1961年に、プロ野球退団者の社会人チームへの受け入れに関するプロ野球側の提案を社会人野球側が拒否したため、プロ側も報復として協定を一方的に破棄し、中日が日本生命の柳川福三選手と契約をした。

 これに対し社会人野球側は、プロ野球との断絶を宣言しプロ野球退団者の受け入れを拒否した他、プロ野球と社会人チームの対戦もできないようになってしまった。こうして長い長い「プロ野球」と「アマチュア野球」の戦争が始まった。

 

2000年8月15日

 それから40年近くが経ち、あるニュースが飛び込む。同じ横須賀スタジアムを練習場所にしているプロ野球・横浜ベイスターズのファーム球団である「湘南シーレックス」と、社会人野球の強豪「日産自動車」が試合を行うという。

 湘南シーレックスは2000年1月にできた球団で、アメリカのようにファームチームでも独立採算化をしようという横浜ベイスターズの方針で立ちあがった球団で、さまざまな新しい取り組みをしていた。プロと社会人の関係も柳川事件から40年が経ち、徐々に溝は浅くなっている雰囲気もあった。

 柳川事件以降初となるプロアマ交流戦が設定されたのは、「8月15日」だった。

(※Wikipediaでは、柳川事件後最初のプロアマ交流戦が2001年8月15日となっていますが、最初の交流戦は2000年8月15日です。ただし「公式戦」では無かったようです。)

 

マスコミを抑える

 プロアマ交流戦は非常に大きな出来事だった。特に野球を取材するマスコミにとっては話題となり、また野球ファンにとっても「プロがアマチュアに負けでもしたら恥だ」「わざわざそんなことをしなくても良いのでは」という声もあった。

 そして2000年8月15日、横須賀スタジアムはそんな大勢のマスコミと、湘南シーレックスのファン、そして日産自動車の社員などが集まり満員となっていた。過熱するマスコミを抑えたのは、当時、湘南シーレックスの監督をしていた日野茂だった。日野は試合前にマスコミを集めてこう言った。

 

 「これは、プロとアマの始まりでもある。この試合を、勝ち負けだけで報道したら許さない!」

 

 湘南シーレックスのメンバーを見ると、1998年に豊田大谷高校からドラフト1位で入団した古木克明、1999年にPL学園からドラフト6位で入団した七野智秀など、高校卒の選手が多かった。対する、日産自動車野球部は1998年に都市対抗で優勝するなど社会人屈指の強豪チームだった。

 日野は「ワールドクラスの選手がいるチーム」と日産自動車を見ていた。

 日野はこの試合で、古木克明をショートで初めて起用し、七野智秀をライトで出場させた。共に社会人野球の選手との対戦で、守備、バッティングを学ばせる為に起用したという。

 

2-1で湘南シーレックスが勝利

 スタンドは満員の観客で、湘南シーレックスのチームキャラクターが日産自動車の方に加わって応援したりと、お祭りのような盛り上がりを見せた。

 しかし、日野や戦っている選手達は「プロとして負けない」と必死だったという。試合は2回に七野のホームランで1点を奪ったが、9回表に日産自動車が追いつく。そして9回裏、湘南は先頭の田中一徳(PL学園・1999年ドラフト1位)が四球で出塁すると、バッテリーエラーで2塁に進む。そこで3番を打つ福本誠に日野は送りバントのサインを送る。

 バントが成功してバッターは4番の宮内洋がライトへ犠牲フライを放ち、湘南シーレックスがサヨナラで勝利した。プロのチームの3番打者が送りバントで送り、4番の犠牲フライで勝利する、まさに必死の戦いがこの中に見られた。

 試合の翌日、このプロとアマの試合はそれほど大きく取り上げられなかったように思う。しかし、もし湘南シーレックスが負けていたらどのように報道されただろう?その報道のされ方によっては、これ以降プロアマ交流戦は行われなかったかもしれない。

 

日本野球の終戦

 翌年以降も湘南シーレックスと日産自動車の交流戦は定期戦となり、毎年8月15日前後に行われた。しかし2009年に日産自動車が休部して交流戦が終わると、2010年には湘南シーレックスが再び、「横浜ベイスターズ」に戻っていった。

 それでもこれがきっかけとなり、プロアマ交流戦は大学との試合も当たり前のように行われるようになった。そしてプロが試合に負けても大げさに報道されたりする事はない。

 そして2013年、社会人野球、大学野球、高校野球なども侍ジャパンの元に一つとなり、プロの一流選手といっしょに社会人や大学生の選手が加わって台湾と試合を行った。

 

 8月15日、日本の「プロ野球」と「社会人野球」の戦争は、1つの戦いによって幕を閉じた。

 その中には、湘南シーレックスと日産自動車の取り組み、日野のプロとアマに対する思い、そして負けられないと戦った選手たちの勇敢な戦いがあった。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

野球選手はいつ休むのか

 お正月に走ったりキャッチボールをしたりと、野球選手はプロ、アマチュア関係なく練習を続けていたという

記事を読む

西武ライオンズはこれから上がっていく、石毛宏典氏が話す

西武ホールディングスの株主総会が行われ、西武ライオンズについて株主より厳しい意見が出たようだ。元西武

記事を読む

野球のトレンドは小柄でも飛ばせる選手、投げられる選手に?

 プロ野球は、だいたい180cm80kgくらいの選手がプレーしていて、近くで見ると大きく感じるという

記事を読む

上から行くか下から行くか、12球団ルーキー事情

ルーキーにしてみれば、プロ野球選手としてスタートとなるキャンプを1軍で迎える事は、それだけ評価が高い

記事を読む

ドラフトに見る独立リーグの役割、石毛宏典氏が語る

2015年のドラフト会議では四国アイランドリーグプラスから6人が、BCリーグからも6人が指名された。

記事を読む

石毛宏典氏が源田壮亮選手を絶賛

 社会人から西武ライオンズ入りし、1年目から遊撃手として活躍をした石毛宏典氏が、同じく1年目から西武

記事を読む

プロ野球の今昔

 元横浜大洋ホエールズの清水宏悦氏、元西武ライオンズの守備の名手・上田浩明氏、そして元中日ドラゴンズ

記事を読む

期待が不安を上回る、3月を楽しもう!

 いよいよ3月に入る。日本の場合、多くの物事の1年間の活動が3月で終わり、4月から新しい1年が始まる

記事を読む

一流選手が名指導者になるために

 プロ野球ではよく、「選手として一流だった人は名指導者にはなれない」と言われることがあります。もちろ

記事を読む

石毛宏典氏が対戦したくなかった西武黄金期の投手は?

1980年代から1990年代にかけての西武ライオンズは、まさに黄金時代だった。そのチームを支えたのは

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑