*

変わりゆく野球中継、テレビ、ネット、そして・・・

公開日: : 野球の制度

 一昔前は、夏の夜にテレビがついているとすればプロ野球中継という事が多かったように思う。最近は地上波でナイター中継される数は開幕や優勝間近以外で中継されることはほとんどなくなった。しかしそれはプロ野球人気が衰えているわけではない。

地上波テレビから専門チャンネルへ

 確かに地上波のテレビは、最近はテレビを見る機会が減った人が多いとはいえ、メディアまだまだ非常に大きい。地上波で放送されなくなったという事は影響はあるだろう。最も大きい影響は、野球を好きだったり見た事のない人に、野球を見てもらう機会が減る事だろう。

 ただし、今はテレビのほかに、インターネットやスマートフォンアプリなどのメディアが増え、自分の興味のないものを見る時間は少なくなったといえ、地上波で放送していたとしても、野球ファン以外の人が見ることは少なくなっていたとは思うが。

 その代り、野球が好きな人にとっては昔よりも野球に接する機会が増えた。BSのチャンネルが増え、さらにCSなど有料放送で野球を中継している。おそらく12球団すべての試合をどこかのチャンネルで放映していると思う。野球ファン、地上波で試合が放送されていなかったチームのファンにとっては、夢のような時代になったといってよいだろう。

 その他にも、大学野球やメジャーリーグの野球など、多様な野球中継を見られるようになった。

 

テレビからネットへ

 そして最近ではニコニコ動画で横浜DeNAベイスターズ、オリックスバファローズ、東北楽天ゴールデンイーグルス、福岡ソフトバンクホークスの4球団が、主催試合全試合を無料で中継している。そのほかにも、たまにUstreamなど独自のチャンネルで1軍の試合やファームの試合などを中継したりしている。

 テレビの場合はどうしても時間や場所の制約などがあったが、ネットではそれが無くなった。カメラの技術や解説者など、テレビにまだ追いついていないところもあるが、ネットならではのチャットをしながら野球を観戦するなど、新たな楽しみ方も出てきている。

 

 高校野球でもABC朝日放送が、「Baseball-Cockpit」というサイトで、テレビ中継されている高校野球の放送をネットでも中継している。その他にも朝日新聞デジタルの高校野球サイトにて、各地方大会の決勝戦をネットで中継していた(要会員登録)。

 探してみると、大学野球や社会人野球もたまに中継しているサイトがある。地方の大学リーグなど、あまり目が届かなかった大学リーグでは、テレビ中継などもってのほかだったが、ネット中継ならば比較的費用はかからずに中継ができ、そして多くは無いだろうが、リーグ戦を見たいと思っているファンに見てもらうことができる。

 

時代はどんどん変わっていく

 時代はどんどん変わっていく。今は当たり前でこれ以上の環境は無いだろうと思われた事が、10年もすればガラッと変わっていたりする。

 野球は歴史だけでなく、常に新しいことに挑戦する必要がある。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

kyujyou3

高校野球卒業後、独立リーグなら1年でNPB入りも

 プロ野球(NPB)のドラフト会議の制度についての話。高校生の進路は、NPBに入るまで4年間が必要な

記事を読む

earth-01

日本野球の国際化、外国人枠は必要か、国籍の紹介は必要か

 日本野球は間違いなく国際化している。と言ってもそれはプロ野球の話ではなく、高校野球やアマチュア野球

記事を読む

nagoya

拡大する日本の野球、エリートコース以外の道

 ルートインBCリーグは来季より福島、埼玉に新球団が加わり8球団となる。また四国アイランドリーグpl

記事を読む

IMG_6039

プロ野球ファーム組織は次を目指して

 プロ野球の育成選手制度は2005年から始まり今年で10年目を迎える。育成出身の選手が活躍をする一方

記事を読む

gorin

東京オリンピック、野球の実施の課題~その2~

 さっそくMLBの競技運営の最高責任者であるジョー・トーリ氏が、リーグ戦の真っ只中の時期に、オリンピ

記事を読む

nagoya

日本野球を開国させてくれたもの

 侍JAPANが動き出している。昨年には小久保裕紀氏が侍JAPANトップチームの監督に専任で就任する

記事を読む

バッターボックス

頑張れ女子野球選手!

野球は、見るのも面白いし、プレーするのも面白い!そして男子だって楽しければ、女子だって楽しい。 名

記事を読む

yokohama

プロ野球の育成制度と人口減少社会

 6月22日、横浜DeNAの萬谷康平投手がプロ1勝を挙げた。これはただの1勝ではなく、育成選手選択会

記事を読む

QVC

プロ野球選手の人数~70人枠で決まってくるもの~

 プロ野球にはドラフト会議で育成も含めて毎年80人前後の選手が指名され入団する。ちなみに2013年は

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
石毛宏典氏が源田壮亮選手を絶賛

 社会人から西武ライオンズ入りし、1年目から遊撃手として活躍をした石毛

石毛宏典
東北楽天の快進撃と千葉ロッテの低迷を分析する

2017年のパリーグは、5月10日終了時で東北楽天が貯金12をもって首

石毛宏典
レギュラー争いと選手の成長

プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。チームの各ポジションで

石毛宏典
今年の西武ライオンズは行ける?石毛宏典氏に聞く

4月18日時点で7勝6敗、3位の位置にいる埼玉西武ライオンズ、辻監督に

バッターボックス
頑張れ女子野球選手!

野球は、見るのも面白いし、プレーするのも面白い!そして男子だって楽しけ

→もっと見る

PAGE TOP ↑