*

下級生がいるほうが強い!?野球のチーム構成を考える

公開日: : アマチュア野球

 夏の高校野球選手権大会が開幕した。1日目で気になったのが、2年生や1年生など下級生が中心選手として活躍していること。この点について、元プロ野球のスカウトの日野茂氏はに聞いてみた。

下級生の起用

 そういえば、去年も春の選抜高校野球で優勝した浦和学院のエースは2年生の小島和哉投手、夏の選手権で優勝した前橋育英のエースも2年生の高橋光成投手だった。もちろん2年生や1年生で注目をされるから記憶に残っているのかもしれない。しかし、横浜高校も夏には下級生を何人か必ず入れてくると聞いたことがある。

 昨日は敗れはしたものの選抜大会で優勝した龍谷大平安は、元氏玲仁投手、高橋奎二投手という二人の2年生投手が主戦を担ってきた。敦賀気比はエースは2年生の平沼翔太投手、1番バッターにも2年生の篠原涼選手が入り活躍をみせている。

 

起用の理由

 毎年のように勝ち続けるチームは、来年以降のチーム作りも考慮して2年生や1年生を入れているのだろうと思うが、エースなどチームの中心になっている選手が目立った。やはり2年生で名門校のレギュラーを獲るくらいだから、只者ではないのだろう。だから活躍しても当然という事もある。

 元プロ野球でヘッドコーチや2軍監督、スカウトなどをしていた日野茂氏は以前、「下級生のいるチームは強い」と話したことがある。日野氏によると、「周りが上級生の中で下級生が入ると、一生懸命プレーをする」と理由を語ってくれた。そして「大学のほうがその傾向がある」と話した。

 たしかに、高校3年生や大学4年生の中で下級生がプレーをしていると、もし怠慢なプレーをしたときに、回りの上級生からかなりの説教をされることになるだろう。それに最後の年に試合に出たかった最上級生への思いというものもあり、下級生は必死にプレーする。たしかにその通りだ。

 また、最上級生になると悪い面での「慣れ」というのも出てくる。プレーを多くこなし、多くの試合を経験して最上級生になると、よほどの高い意識がなければ、プレーの向上やあと1点という執念がやや薄らぐかもしれない。それならば、「もっと成長したい、もっと結果を残したい」と思う選手を起用したほうが良い。最上級生と下級生を比較して、その気持ちを持った選手を選ぶことになる。

 

 プロ野球でもベテランになるとプレーに慣れが出てくる。悪い面で言うと、打球を捕れないと判断するのが早くなったりということはあるだろう。プロ野球で若い選手が出場し活躍するのは、「ベテラン選手が体力が衰える」「若いから力がある」ということもあるだろうが、「若さゆえの諦めの悪さ」やそして、上の選手が見ている中で怠慢プレーはできない」という事もあるのだろう。

 たしかにベテランのきれいな守備や鮮やかなヒットを見ているのは気分がいい。しかし、若手選手が必至に打球を追い、投球に喰らい付く姿を見ると興奮もする。この二つがそろってチーム、そして野球はもっと魅力的なものとなるのだろう。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

IMG_6039

野球選手の進路選択 自分の人生!周りの目を気にしてブランドだけで選ばない選択肢

 小学生前後に野球をはじめた選手の多くは、プロ野球選手になりたいという夢を描くのではないかと思います

記事を読む

yakyu

再挑戦の秋、トライアウト

 秋が来た。選手は1年の成績を元に球団と契約をしていく。年俸が大幅増となる選手もいれば、最近は大幅減

記事を読む

notes

日本では特殊!?大学生即戦力

 日本では野球においては、大学生は「即戦力」と呼ばれる。しかし、私も含めて企業にビジネスマンとして入

記事を読む

Jingu

明治神宮大会、今年の野球シーズンの締めくくり

 明治神宮野球大会は、明治神宮と日本学生野球連盟が主催している野球大会で、1970年に明治神宮鎮座5

記事を読む

kyujyou3

ドラフト候補の勝負の季節

今年のドラフト戦線も、序盤戦から中盤戦に入ってきた。この時期にスカウトの目に留まった選手が、夏以降に

記事を読む

508287p8i5842of

野球選手たちの進路の選択肢は広がっていくのか?

かつては、プロ野球選手になるには、注目される大会に出場できそうなチーム、スカウトが何度も足を運んでく

記事を読む

野球塾指導2

学生野球資格回復の研修

昨年、日本野球機構と高校野球連盟など学生野球側は、元プロ野球選手が再び高校野球、大学野球などのアマチ

記事を読む

sougankyou

今年はドラフト不作の年?

 大学野球リーグもスタートし、今年のアマチュア野球シーズンが本格的に開幕した。昨年は創価大・田中正義

記事を読む

STEPUP

球春到来、プロ野球、社会人野球、大学野球、そして高校野球

 プロ野球のオープン戦が2月21日の土曜日に5試合予定されている。それとは別に昨日は北海道日本ハムと

記事を読む

バッターボックス

タイブレーク方式に海外とズレ、野球の個人記録への対応

 高校野球連盟が来年の春季地区大会に一律でタイブレークを導入することを決定した。今後、何回からタイブ

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
日野さん
日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典
石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

Koushien
石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

ishige2
盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

石毛宏典
大谷翔平選手はメジャーで二刀流で活躍できるか、石毛宏典氏に聞く

いよいよ大谷翔平選手が、メジャーに移籍した。アナハイムエンゼルスで今季

→もっと見る

PAGE TOP ↑