*

野球による進学の季節、高校の部活体験、大学のセレクション

公開日: : 高校野球

 甲子園では夏の高校野球に向けて、出場校の選手が練習に取り組んでいる。そして、夏の大会で敗れ去った選手は、自らの進路のために大学のセレクションや社会人の練習体験などに参加しています。

 中学生が高校の部活を体験する「部活体験会」も夏休み中に行われる事が多く、今は野球少年にとって進学のための大切な時なのです。

高校への進学

 野球で進学をしたい中学生が野球の推薦で高校に入学をする場合、最も一般的(多いというよりは公「おおやけ」という意味で)なのは、部活体験会に参加して、高校の監督にプレーなどを見てもらうことです。

 高校の指導者が中学生に指導することは禁止されており、たまに高校の監督が中学生に指導をしたとして謹慎処分を受けたりということもあります。部活体験会は、高校が公にオープンキャンパスなどを行う活動として行うものですが、野球部について高校野球連盟に申請をしたう上で行なわれます。

 入学希望者の中学生は、所属の中学校の先生に書類をもらった上で初めて参加できる規則になっているようです。(規則は変わっているかもしれません)。

 部活体験会に参加すると、基本的には練習に参加し、バッティングや守備、ピッチングのほか、走塁のタイムを測ったりというのもあるようです。

 

 ただし、その他にも様々なルートがあるようです。有名高校の監督や関係者が少年野球の大会を頻繁に視察し、有望選手をチェックしており、例えば東海大相模の2年生・吉田凌投手が100校の高校から声をかけられたと報道されるように、直接接することはないが少年野球チームの指導者を通してスカウト活動を行っている事がうかがえます。

 部活体験会については、高校のホームページを見ると掲載されているので確認してみてください。

 

大学への進学

 大学については、各大学で野球部の実技試験(セレクション)が行われます。日程については大学(の野球部)のホームページに掲載されている所もあれば、問い合わせが必要なところもあるようです。そのセレクションで体力的、技術的な試験を行い推薦の合格を勝ち取ります。

 ただし、指定校推薦などによりセレクション以外でも合格が得られるので、有名高校はこの点で高校生にとって魅力的と言えるのでしょう。

 

 プロを目指すため、野球を続けるため、甲子園で戦っている球児と同じくらい、熱く厳しい戦いをしているのです。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

高校野球は練習方法を変えれば、まだまだ上手くなる(1)

昨年、高校野球100年という事で、沢山のイベントが行われ、夏の甲子園も大いに盛り上がった。とても長い

記事を読む

夏の高校野球、2011年からの選手宣誓の内容と宣誓をした主将たち

 いよいよ夏の高校野球、甲子園大会が開幕しました。今年は作新学院主将・中村幸一郎選手による選手宣誓が

記事を読む

元西武ライオンズの石毛宏典氏と元スカウトの日野茂氏が、夏の甲子園で気になった投手

夏の高校野球甲子園大会は、作新学院の優勝で幕を閉じた。優勝した今井達也投手や準優勝の北海・大西健斗投

記事を読む

選抜高校野球、注目候補の活躍はあまり見られず

 選抜高校野球大会の1回戦が、最後の登場となる東海大四vs豊橋工の試合ですべて終わった。出場32校す

記事を読む

この季節の高校野球、チームの形ができる時

 4月、5月のこの季節は、大学では春季リーグ戦が開催され、また高校野球も選抜高校野球大会の熱気も冷め

記事を読む

東海大相模・吉田凌投手を元プロ野球のスカウトが評価する

 今年のドラフト候補の高校生の中で、プロが注目している左右の投手が東海大相模にいる。共に中学時代から

記事を読む

no image

高校野球の監督、コーチとなった元プロ野球選手

アマチュア野球指導資格の回復制度などにより、高校野球、大学野球の指導者になる元プロ野球選手が増えてき

記事を読む

東海大相模・小笠原慎之介投手を元プロ野球のスカウトが評価する

 今日は今年の高校生の左腕投手でNO1の声もあがる東海大相模・小笠原慎之介投手を、元西武スカウトの日

記事を読む

【高校野球選手の進路】すぐにプロに入るか、大学・社会人を経由するか

 夏の高校野球が終わり、3年生の高校球児達は自分の将来について考える。野球推薦で大学に入学すべくセレ

記事を読む

元プロスカウトに、済美高・安楽智大投手を評価してもらう

 2013年の選抜高校野球大会で準優勝し、その夏の愛媛県大会で最速157キロを記録した済美高校・安楽

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑