*

元プロスカウトに、済美高・安楽智大投手を評価してもらう

公開日: : 高校野球

 2013年の選抜高校野球大会で準優勝し、その夏の愛媛県大会で最速157キロを記録した済美高校・安楽知大投手、その後、秋の大会では初戦で右手の違和感を訴えで降板すると故障が判明し、その後、約1年間をかけて復活を目指した。

 今年の夏の愛媛県大会では3回戦ので東温高校に敗れ、夏連続出場と甲子園に再び立つ夢は終わってしまった。しかし球速は148キロを記録したという。はたして安楽投手はどのようになっているのだろう?元西武ライオンズでスカウトをしていた日野茂氏に映像を見てもらい評価をお願いした。

 見ていただいた映像は今年夏の愛媛大会3回戦・東温戦の映像、6月に行われた明徳義塾との招待試合の投球、そして昨年のセンバツ高校野球大会の映像の3点。安楽投手は昨年9月に故障が発生してから今年の5月までは本格的な登板はしていないとされ、この3つの映像を日野氏に見てもらった。

 

この夏の投球

 まずはじめにこの夏の投球の映像を見てもらった。体に目いっぱい力を入れて投げていた印象の安楽投手だが、この夏は非常に完成された投球をしており、ちょうど昨年の18Uワールドカップでキューバを10奪三振で完封した時の投球に印象は似ている。

 球速こそ140キロ前半だがストレートは低めに角度がある。外角低めにも投げられインコースにも投げられていた。また、ストレートと同じくらい武器の大きく曲がるスライダーも曲がりが大きく、タイミングを外したり空振りを奪っていた。

 それでも真ん中に入ると、以前の球威では詰まってファールになっていたと思うがヒットにされ、またコンパクトなスイングで挑んできた東温の打者に148キロを記録したストレートをレフト前に運ばれて失点した。

 日野氏はまずこの投球を映像で見て、「以前は決めようとした時に力が入っていた」と話した。故障前はランナーを出したりすると力で抑え込もうと力み、球がシュート回転したりしていたが、この夏は決めに行くときも力が入っていないということを指摘した。安楽投手の成長した部分だろう。

 

6月の投球、そして2013年センバツの投球

 そして次に、6月の投球と2013年の選抜の投球を続けてみて見てもらった。6月の投球はこの夏の投球に比べて緩い変化球が多く、ストレートも強く投げられていない印象で、球の角度も夏よりもないように見えた。

 そして2013年のセンバツ大会の投球、確かに体全体で力いっぱい投げている。目もギラギラとして勢いを感じた。ストレートはシュート回転したり真ん中高めの球が多いものの、やはり150キロ近くを常に記録している球は、前にはなかなか飛んでいない。

 この夏の投球、6月の後にセンバツの映像を見て日野氏は「やはり魅力がある投手」とつぶやいた。2年生で150キロの速球を豪快に投げる安楽投手を見て、未完成でも大きなものを感じたのだろう。そしてこの夏の映像をもう一度見直すと、「やはり故障の影響はあるね」と話した。

 

 2年生の時の粗いものの豪快な投球を見せていた安楽投手と、この夏の完成度は高くなった安楽投手についての比較はしなかったが、センバツの映像を見たときの日野氏のつぶやきを聞くと、なんとなく気持ちが伝わった。

 

 今の完成度の高い投球でも十分魅力がある。それに高校2年時の勢いや球威が戻って加わる事を期待したい。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

【高校野球選手の進路】すぐにプロに入るか、大学・社会人を経由するか

 夏の高校野球が終わり、3年生の高校球児達は自分の将来について考える。野球推薦で大学に入学すべくセレ

記事を読む

高校野球選手の発言と時代

 高校野球の熱戦が続き、また多くの高校が敗れている。注目された高校野球選手は新聞記者のインタビューを

記事を読む

怪物達が輝く甲子園であり続けて!

 昨夏の覇者・前橋育英の高橋光成投手が、昨春の優勝チーム・浦和学院の小島和哉投手が、準優勝・済美高校

記事を読む

高校野球は変わるのか?

 高校野球の熱戦が各地で繰り広げられている。その中で、いくつかのチーム名が連なる連合チームや、他の部

記事を読む

センバツで羽ばたくか、大阪桐蔭・高山優希投手を元プロスカウトが評価する

 今年のセンバツ高校野球大会には、去年の県岐阜商・高橋純平投手のような目玉の投手はいない。しかし、プ

記事を読む

横浜高校の渡辺監督が勇退、約半世紀の監督人生

 横浜高校の渡辺監督が今年限りで勇退するという報道がされた。70歳、昨年、同校の小倉部長が勇退したが

記事を読む

高校野球のベスト8と地域の差

 今年の夏の高校野球選手権、北信越地区や東北地区の活躍が目立った。しかしベスト8には実力のある東海、

記事を読む

高校野球は大阪桐蔭が優勝!夏の甲子園の勝率は8割8分、8度出場して4度優勝

 夏の高校野球が大阪桐蔭が優勝した。大阪桐蔭はこれで夏の大会は4度目の優勝で、中京大中京の7度、広島

記事を読む

センバツ高校野球大会、夢は夏に向かって

センバツ高校野球大会は今日、決勝戦を迎える。智弁学園vs高松商という、名門で強豪でありながら、決勝で

記事を読む

怪物と怪物が出会ったら

 甲子園で2本、3本ホームランを放ったり、140キロ後半の速球で相手をねじ伏せる選手は、高校生の怪物

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑