*

高校野球の応援曲のルーツ~第3回:プロレス~

公開日: : 高校野球

高校野球応援特集、第3回です。

 第1回は東京六大学がルーツのもの、第2回は甲子園常連校がルーツのものをまとめました。そして応援によく使われるのがプロレスのレスラーの入場テーマです。昔から定番となっており、野球以外でも応援曲として使われていますね。

応援歌のルーツ ~プロレス~

炎のファイター~アントニオ猪木

 アントニオ猪木のテーマでおなじみの曲です。これはモハメド・アリの伝記映画の挿入曲だったようですが、アリから猪木に贈られてアレンジし使用して入場曲として使用したとのこと。馴染みがあり、盛り上がりがありますね。

 

サンライズ~スタンハンセン

 スタンハンセンの入場テーマ曲、サンライズです。これにもオリジナルがあり、SPECTRUMというバンドの曲が元になります。

 

 

ちなみにサンライズは熊本工高校がアレンジし、高校野球の応援ではこちらの方がなじみがあるかもしれません。

 

 プロレス由来の曲、といってもこの二つが非常に有名で、他にも長州力、ジャンボ鶴田、藤浪辰巳など有名レスラーの曲もありますが、応援曲には向かなかったようです。

 (記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

Koushien

高校野球の監督の情熱

 済美高校の上甲監督が逝去された。1975年から宇和島東高校のコーチになると1977年に監督に就任、

記事を読む

e9c230b94c3b5f7920f8973890afb1df

元西武ライオンズの石毛宏典氏と元スカウトの日野茂氏が、夏の甲子園で気になった投手

夏の高校野球甲子園大会は、作新学院の優勝で幕を閉じた。優勝した今井達也投手や準優勝の北海・大西健斗投

記事を読む

野球塾バッティング1

高校野球は練習方法を変えれば、まだまだ上手くなる(1)

昨年、高校野球100年という事で、沢山のイベントが行われ、夏の甲子園も大いに盛り上がった。とても長い

記事を読む

Koushien

高校野球は変わるのか?

 高校野球の熱戦が各地で繰り広げられている。その中で、いくつかのチーム名が連なる連合チームや、他の部

記事を読む

Koushien

来年の野球はどうなる? その1:高校野球

 今年もあと1週間となりました。来年の野球界の動きや予想などをしてみます。 2015年の高校野

記事を読む

kyujyou1

公立高校の夏は激アツ!?

 夏の高校野球の興味の一つに、公立高校と私立高校の戦いというものがあります。私立高校では県外から選手

記事を読む

野球キャンプイン

野球による進学の季節、高校の部活体験、大学のセレクション

 甲子園では夏の高校野球に向けて、出場校の選手が練習に取り組んでいる。そして、夏の大会で敗れ去った選

記事を読む

日野さん

センバツで羽ばたくか、大阪桐蔭・高山優希投手を元プロスカウトが評価する

 今年のセンバツ高校野球大会には、去年の県岐阜商・高橋純平投手のような目玉の投手はいない。しかし、プ

記事を読む

batter

高校野球のタイブレーク導入に5割が支持のアンケートは適切か?

   高校野球連盟は、選手の健康管理に関するアンケート結果を公表した。報道によると、「回

記事を読む

Koushien

敦賀気比が初優勝、思いを継いで福井県勢が甲子園初制覇

 選抜高校野球大会は敦賀気比の優勝で幕を閉じた。敦賀気比は、昨年(2014年)の夏にベスト4、201

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
石毛宏典氏が源田壮亮選手を絶賛

 社会人から西武ライオンズ入りし、1年目から遊撃手として活躍をした石毛

石毛宏典
東北楽天の快進撃と千葉ロッテの低迷を分析する

2017年のパリーグは、5月10日終了時で東北楽天が貯金12をもって首

石毛宏典
レギュラー争いと選手の成長

プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。チームの各ポジションで

石毛宏典
今年の西武ライオンズは行ける?石毛宏典氏に聞く

4月18日時点で7勝6敗、3位の位置にいる埼玉西武ライオンズ、辻監督に

バッターボックス
頑張れ女子野球選手!

野球は、見るのも面白いし、プレーするのも面白い!そして男子だって楽しけ

→もっと見る

PAGE TOP ↑