*

野球の魅力 ~体型に関係なくいろんな才能に活躍を与える球技~

公開日: : プロ野球

 野球の魅力について1回目では、団体競技でありながら、個人vs個人が注目されるスポーツということを紹介しました。今日は野球の魅力の2つめ、「いろんな才能に活躍の場がある球技」です。

 昨日のフレッシュオールスターでは、最優秀賞に千葉ロッテの井上晴哉選手、優秀賞に埼玉西武の山川穂高選手とオリックスの奥浪鏡選手が選ばれました。共通点は?

 

足が速くなくても、背が低くても

 3人の共通点は、体重です。井上晴哉選手は114kg、山川穂高選手は105kg、奥浪鏡選手は95kgです。ちなみに身長は順に180cm、176cm、176cmだそうです。

 野球は球技ですが、野手は長い時間を走り続けるということもなく、持久力よりも瞬発力が重要なスポーツです。また瞬発力でも短い距離で加速して速く走ることは重要ですが、役割分担があって、球を遠くに飛ばせる選手は、足が遅くても活躍ができるのです。

 3人のうち、山川穂高選手は50m6秒台前半で走るなど、体重があっても運動能力は高いのですが、外国人選手などでも足が非常に遅いけれども、ホームランでチームに貢献し、活躍している選手がいます。

 また身長についても、大きい選手もいますが小さな選手も活躍できます。体型に関係なく、速い球を投げたり、コントロール良く投げたり、球を遠くへ飛ばしたり、足が速かったり、自分の能力に応じて活躍する機会が野球にはあります。

 

他の競技にない魅力

 身体的特徴でかなり有利になるのが、バレーボールだったりバスケットボールだったり。身長が小さくて活躍する選手も中にはいますが、やはり身長があったほうが有利でしょう。

 またラグビー、サッカーなどは、体重が重い選手、身長の低い選手でも活躍できますが、1試合に相当な距離を走る必要があります。もちろん野球に持久力が必要じゃないということではありませんが。

 球技でありチーム競技でありながら、攻めるときと守るときを分けられ休む(準備する)時間があり、守備でもファーストやショートなどタイプの違う選手が守れるポジションがある。アメリカンフットボールもこれに近いかもしれませんが、それよりもパワーや足の速さの特徴がより特化した選手が活躍できる競技ではないかと思います。

 

もし野球がなかったら

 もし野球がなかったら、井上選手や山川選手、奥浪選手はどんなスポーツをしていたのだろう。もちろんものすごいパワーと運動神経を持った選手なので、他の競技で活躍しているかもしれませんが、柔道とか相撲とか格闘技では想像できるものの、「球技」ではなかなか想像がつきません。

 逆に、そういう選手でもチャンスがあるだからこそ、野球の裾野は広いのではないかと思います。

 

 体重が重い選手がヒーローになり、インタビューを受けている姿が、野球の魅力を象徴していると言えます。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

石毛宏典

レギュラー争いと選手の成長

プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。チームの各ポジションで選手を競わせて選手を育てるとい

記事を読む

記者会見

【ドラフト会議特集2】ドラフト会議を待つ選手の心境、王道のドラフト候補・上田浩明の場合

 ドラフト会議を待つ選手にとっては、10月23日のドラフト会議に向けてそわそわしたような時期が続くよ

記事を読む

新芽

チーム編成トップの役割

 プロ野球でチームを強くするために、また運営するために重要な役割を持つフロント、その中でチーム編成の

記事を読む

石毛宏典

西武ライオンズはこれから上がっていく、石毛宏典氏が話す

西武ホールディングスの株主総会が行われ、西武ライオンズについて株主より厳しい意見が出たようだ。元西武

記事を読む

STEPUP

【ドラフト会議特集3】ドラフト会議を待つ選手の心境、4度目のチャンスでプロ入りした清水透選手

 ドラフト会議を迎える選手たち、しかし実はプロに行きたいからと素直のプロ志望をすることができない状況

記事を読む

新芽

元スカウトがこれからプロに進む選手に伝えたいことは、「ビビって生きろ!」

 プロ野球ではドラフト会議で指名された選手が、続々と仮契約を交わしている。いよいよプロの道を歩む。そ

記事を読む

石毛宏典

石毛宏典が分析、日本シリーズ1,2戦

石毛宏典氏は西武ライオンズの14年間に11度の日本シリーズに出場し、日本シリーズを知り尽くしている。

記事を読む

mlb

前田健太投手はメジャーで活躍できるか

ポスティングでメジャーリーグ入りを目指す広島の前田健太投手、アメリカでもいくつかの球団が獲得を目指し

記事を読む

ishige2

石毛宏典氏、日本シリーズで一番強かったのは1985年の阪神

 石毛宏典氏は、西武ライオンズの黄金期を戦い、11度の日本シリーズを経験し、8度の日本一に輝いている

記事を読む

yokohama

横浜DeNAの金城龍彦選手、スターへの道

横浜DeNAの金城龍彦選手がサヨナラ打を放った!これでチームタイ記録となる8度目のサヨナラ安打となっ

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック

 いよいよ今年のドラフト会議が来週木曜日(10月26日)に開催される。

石毛宏典
石毛宏典氏は中村奨成選手を絶賛、プロもマネをするべき打撃

石毛宏典氏は今年の夏の甲子園で、久々に注目したバッターがいたと話した。

石毛宏典
石毛宏典氏が源田壮亮選手を絶賛

 社会人から西武ライオンズ入りし、1年目から遊撃手として活躍をした石毛

石毛宏典
東北楽天の快進撃と千葉ロッテの低迷を分析する

2017年のパリーグは、5月10日終了時で東北楽天が貯金12をもって首

石毛宏典
レギュラー争いと選手の成長

プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。チームの各ポジションで

→もっと見る

PAGE TOP ↑