*

夏の高校野球、プロのスカウトは何を見ているのか?

公開日: : スカウト活動

 季節は7月、暑い季節となりました。そして熱い高校球児の戦いが各地で行われています。新聞でも注目の球児が大きく取り上げられ、プロのスカウトが視察に来ているという情報もありました。この季節、プロのスカウトは選手の何を見ているのでしょうか?

夏の季節のスカウト活動

 かつて西武ライオンズでスカウトをしていた日野茂氏は、夏の高校野球シーズンで選手の何を見ているのかを聞くと、

 「もうこの季節には、スカウトの中では選手の順位づけはほとんど決まっている。今、見に行っているのは、特に甲子園での視察は最後の確認のため」とのことでした。今年のドラフトに向けてのスカウト活動はほとんど終わっているとも話します。

 

 それでも、各地の大会ではスカウトが視察に周り、時にはチームの編成部門のトップであるGMやスカウト部長なども視察に出向いています。これについて聞くと、「スカウトが疑問に思ったり、判断に迷っている場合はGMが視察に向かい、他の選手と比較をすることがある」と話します。

 基本的にスカウトは担当地区があり、そこの中で見た選手について順位付けをしています。地区によってチェックをするべき選手の数がポジションで偏りがあったりと、比較が難しい場合もあります。

 その時は全国的に視察をしているスカウト部長などが視察を行い、全国で見てどのあたりの順位かを判断するようです。

 

この季節に新たな選手が出てくるのか

 では、もうこの季節に新星のように登場する選手はいないのでしょうか?

「いないこともないけど、3年生ではほとんどいない。でも2年生、1年生ではどんどん出て来る」とのことです。

 日野氏は、この季節のスカウトについて「2年生、1年生など、来年以降の選手をリストアップするのもこの季節」と話します。スカウトの中ではすでに、来年、再来年に目を向けて活動をしているのです。

 

 

 まとめると、この季節のスカウトの活動は

 ・今年のドラフト候補の最終確認 (スカウトの中ではすでに順位付けは終わっている)

 ・来年以降のドラフト候補のリストアップ

 となります。

 

 プロ野球は前半戦が終了し、オールスターが行われます。各チームともペナントレースが続いており、すべてのチームはCS出場に向かって戦っています。チーム課題がだんだんと見えつつあるチームもありますが、まだ来年に向けてのチーム作りというよりも今年の優勝やCS出場に向けての仕事が優先されます。

 しかし、これからチームの状況がはっきりとしていくにつれ、編成部門が来年に向けての最終的な補強の方針を示しはじめ、スカウトの活動はクライマックスとなるドラフト会議へと向かってゆくのです。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

ネットスカウトの情報量の凄さ

 先日、「ネットスカウト」と呼ばれる人と会う機会があった。情報量の濃さは想像を超えるほどはるかに深い

記事を読む

大阪商業大・岡田明丈投手を、元プロスカウトが評価する

 大阪商業大の岡田明丈投手がこの春に150キロを記録し、連日のようにプロ野球のスカウトが姿を見せてい

記事を読む

2015年ドラフトを元西武スカウト・日野茂氏に聞く

2015年のドラフト会議から1ヶ月が経ち、球団では入団発表が行われている。今年のドラフト会議の指名の

記事を読む

スカウトの目は様々なものに影響される

 元プロ野球スカウトの日野茂氏は、選手時代は内野手としてプレーしていた。プロ野球のコーチ時代も守備な

記事を読む

【ドラフト会議特集1】ドラフト会議までに何を決めておくのか?スカウト会議で行う事

 いよいよドラフト会議まであと1か月となりました。今年は「確実にドラフト1位で行ける」と言える選手が

記事を読む

プロのスカウトがバッティングを見る時のポイント

 選手のバッティングを評価することは非常に難しいです。プロのスカウトは打者のバッティングのどこを見て

記事を読む

早稲田実・清宮幸太郎選手を、元プロ野球スカウトがチェック

 松井以来の怪物、和製ベーブルースと報道される早稲田実業高校の清宮幸太郎選手、まだ1年生の4月ではあ

記事を読む

プロ野球のスカウティングは「営業」か「投資」か

 ローソンの社長を務めた新浪氏が10月からサントリーホールディングスの社長に就任する。近年は新卒学生

記事を読む

野球キャンプイン

1月、2月のスカウトの動き

プロ野球は2月1日に春季キャンプが始まり「球春到来」となる。この時期はアマチュア野球の高校野球、大学

記事を読む

プロ志望届例(栃木県高校野球連盟ホームページより取得)

高校生のスカウト活動は最終段階へ、プロ志望届からドラフト会議まで

 夏の高校野球大会が、甲子園で熱戦が繰り広げられています。1回戦と2回戦までの代表49校すべてが登場

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑