*

高校球児が増加し初の17万人越え、その背景は?

公開日: : 高校野球

 高校野球連盟は2014年5月末現在の部員数を発表し、昨年より3224人多い170,312人となったことを発表した。1982年の調査開始以降で初めて17万人越えとなった。少子化となっている中でなぜ部員が増加しているのか、その背景を探る。

高校野球部員の推移を読み解く

 プロフェッショナルビュー・ベースボールでは、これまでも高校野球部員数について記事を書いている。まずは過去10年の推移を見てみる。

部員数 加盟校数 1校当たりの
平均部員数
継続率
1年生 2年生 3年生 合計
2005 62,551 53,632 49,110 165,293 4,253 38.9 81.1
2006  61,952 53,793 50,569 166,314 4,242 39.2 81.3
2007  64,117 53,490 50,894 168,501 4,192 40.2 81.4
2008  62,524 55,832 50,942 169,298 4,163 40.7 82.2
2009  61,202 54,984 53,263 169,449 4,132 41.0 83.1
2010  61,935 54,183 52,370 168,488 4,115 40.9 83.8
2011  59,650 55,291 51,984 166,925 4,090 40.8 84.9
2012  61,312 53,678 53,154 168,144 4,071 41.3 85.8
2013  59,570 55,751 51,767 167,088 4,048 41.3 86.8
2014 
53,770
170,312 4,030 ※42.3 87.7

「高校野球連盟 部員数統計(硬式) 高校野球連盟HP(http://www.jhbf.or.jp/data/statistical/index_koushiki.html)より」

※2014年の3年生部員数、1校当たりの平均部員数は発表されている数字を元に算出

 

 表を見ると、継続率が年々上昇している。継続率とは1年生だった部員が3年生5月までにどれくらい継続しているかというもので、今年であれば、2012年に入部した61,312人の部員の何パーセントが残っているかという事になる。

 発表では87.7%とされており、これは毎年1%程度上昇している。高野連関係者も「暴力絶滅に取り組んだ成果が表れているのでは」と話すが、部員が辞めないようにする取り組みの効果が大きい。これにより3年生の部員が約2000人増えており、昨年より3224人増加している中の大きな要因となっている。

 2014年の新入部員の数はまだ発表されていないが、2012年にくらべ2013年の新入部員は約1800人減少しているのを見ると、2年生部員は継続率が多少変わってたとしても、2013年の2年生部員よりも約1000人は少ないものとみられる。差し引くと、1年生部員は約2000人以上は増加していると推測できる。

 2011年の新入生の減少は東日本大震災の影響もあり6万人を割ったが、昨年に6万人を割ったのは衝撃的で、やはり少子化やサッカーなど他のスポーツへと流れている事も考えられたが、まだ大体61千人くらいが野球部入部をしており、大きな減少はない。

 継続率の上昇、新入部員数の回復は良い傾向である。

 

加盟校の減少

 ただし、今後はどうなるかは分からない。野球は大きな制約がある。球場施設や道具(消耗品が多い)、さらに9人揃わないとゲーム形式の練習も難しい、といったようなものがあり、学校の負担は小さくない。

 高校野球連盟加盟校はここ10年で200校程度が減っており、野球をできる環境が無くて野球をあきらめてしまう選手も今後増えてくる。

 ちなみに、昨日、鳥取県の夏の大会の組合せが発表されたが、参加校は24校で、神奈川の190校から比べると非常に少ない。

 

 今後は少子化の影響で高校生の数はさらに減る。その中でせめて野球と触れ合える機会を無くさないために、学校に負担のかからない形での取り組みが必要になる。

 グラウンドや道具の共用、練習の工夫、合同練習など、いろいろなアイディアが必要となる。

 

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

元西武ライオンズの石毛宏典氏と元スカウトの日野茂氏が、夏の甲子園で気になった投手

夏の高校野球甲子園大会は、作新学院の優勝で幕を閉じた。優勝した今井達也投手や準優勝の北海・大西健斗投

記事を読む

野球と自分の実力の評価

 野球選手は時には道の選択が必要になる時がある。熱戦が繰り広げられている高校野球でも、3年生は夏の大

記事を読む

大谷・藤浪世代で次に出てきそうな選手と、その次の世代

 プロ野球では6月11日に北海道日本ハムvs巨人戦では北海道日本ハムの大谷翔平投手、阪神vs千葉ロッ

記事を読む

高校野球選手の進路とトレンド

 高校野球選手の進路、有力な選手は昨年の段階で大学に推薦が決まっていたり、社会人への内定が決まってい

記事を読む

高校野球の2014年の日程終了!今年の高校野球シーンを振り返る

 高校野球は明治神宮大会が終わり、2014年のすべての日程が終了した。あとは年末を越し、1月末に選抜

記事を読む

甲子園でホームランを打つのは5000人に1人の奇跡

 夏の高校野球、今大会は既に10号ホームランが出ている。甲子園でホームランを打つ事ができるのは、全国

記事を読む

センバツ注目投手だった佐野日大・田嶋大樹投手を改めてチェック

2014年の第86回選抜高校野球大会は龍谷大平安高校の優勝で幕を閉じました。好投手がたくさんいました

記事を読む

高校野球の魅力と変わること

 先月、高校野球は変われるか?という記事で、高校生投手の球数の多さを指摘し、高校生の将来も考えて投球

記事を読む

難航しそうな今年のセンバツ高校野球出場校の選考

センバツ出場校の発表が明日、1月29日に迫った。例年、選考が難航する地区があるが、今年は特に難航しそ

記事を読む

大阪桐蔭の優勝と福岡ソフトバンクジュニア、つながり始めた12球団ジュニアトーナメント

 昨日、夏の高校野球で優勝した大阪桐蔭高校、実は福岡ソフトバンクジュニアとの縁がある。優勝メンバーの

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑