*

高校野球は変われるか?

公開日: : 高校野球

 高校野球はヒーローを生み出す場にもなる。それは甲子園で優勝した選手だけでなく、懸命にプレーしながら敗れ去った選手も含めて。時には悲劇的な敗者もヒーローになることがある。

 炎暑の中で連投し、それでも懸命にプレーし続ける選手たち。栄冠やヒーロー性は、その過酷さによる悲壮感とリンクしている雰囲気も感じられる。

投手の球数

 2012年の夏の甲子園大会、2年生だった松井裕樹投手は甲子園で1試合22奪三振を記録し、一気にヒーローとなった。そして準々決勝まで勝ち上がったものの光星学院に敗れ、号泣する姿とともにヒーローとして心に残っている。その松井投手は炎天の中で4試合で577球を投げている。19日に142球、20日に154球と連投している。

 その年優勝した大阪桐蔭の藤浪晋太郎投手、控え投手も充実している大阪桐蔭ではあるが、4試合に登板し516球を投げている。こちらも22日に133球を投げ23日の決勝でも127球を投げている。

 そして2013年選抜、済美の安楽智大投手は5試合に登板し772球を投げた。2013年夏の前橋育英・高橋光成投手は6試合に登板し5試合に完投、合計687球を投げている。

 

気持ちと体と

 選手は疲れが残っていても、肩が腫れていても、甲子園の優勝のために「投げたい」という。そして試合では限界を迎えても、気力を振り絞って投げる。その姿を見て観客は感動をし応援をする。

 体力がない中で投げると、腕が下がったりといつもと同じ自分のフォームで投げることは難しくなる。その中で投げ続けるとフォームを崩す。下手をすればそのフォームを取り戻すのに長い期間を要する。

 また肩が腫れている状態で投げ続け肩を壊す事もある。藤浪晋太郎投手、松井裕樹投手はケガなどの話は聞かないが、安楽智大投手は肩を痛め、高橋光成投手は骨折のケガもあったものの自分のフォームを取り戻すのに約1年間を費やしている。

 

目前の夢と将来の夢

 目前の夢として少年時代からあこがれてきた甲子園での優勝がある。そして将来の夢としてプロ野球、メジャーリーグという最高峰の舞台がある。

 高校生はまずは甲子園しか見えなくなり、そのためならば何をしても良いと思ったりする。そこで将来の夢のことも考えてあげるのが、回りの大人の役目になる。高校生の夢に周りの大人が相乗りしてしまってはいけない。

 それは監督や関係者だけでなく、高校野球連盟などの関係者にも言える。高校野球の人気を持続するためなど連盟の都合で選手に連投の可能性のある日程を組み、そして高校に連投をさせないように指導してもそれは無理である。

 

大人ができる事

 周りの大人ができる事は、まず選手の連投の負担が減る日程を組むことだろう。たしかに甲子園大会開催中にちょくちょくと休日が入ると、盛り上がりが欠けていくかもしれない。またはNHKの放送がやりづらくなったり、球場を借りるコストが増えるかもしれない。

 それでもせめて中3日程度の間隔を空けられるような日程を組むことはできないだろうか。

 甲子園大会が無理でも、夏の都道府県大会ならばできるだろう。最近は決勝、準決勝などの間に1日程度間を明ける日程になっているが、それならば、決勝、準決勝、 準々決勝は中3日、4日を明けても良いのではないだろうか。

 

 球児の「将来の夢」を考えて、高校野球は変われるか。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

センバツ注目投手だった佐野日大・田嶋大樹投手を改めてチェック

2014年の第86回選抜高校野球大会は龍谷大平安高校の優勝で幕を閉じました。好投手がたくさんいました

記事を読む

石毛宏典氏は中村奨成選手を絶賛、プロもマネをするべき打撃

石毛宏典氏は今年の夏の甲子園で、久々に注目したバッターがいたと話した。それは、広陵・中村奨成選手だっ

記事を読む

夏の高校野球、2011年からの選手宣誓の内容と宣誓をした主将たち

 いよいよ夏の高校野球、甲子園大会が開幕しました。今年は作新学院主将・中村幸一郎選手による選手宣誓が

記事を読む

野球と自分の実力の評価

 野球選手は時には道の選択が必要になる時がある。熱戦が繰り広げられている高校野球でも、3年生は夏の大

記事を読む

アマチュア野球の注目スラッガー選手を元西武、阪神スカウトが評価する

これぞプロという迫力ある打球を打つ選手は、いつの時代もファンの心をつかむ。プロ野球でも筒香嘉智選手、

記事を読む

高校球児が増加し初の17万人越え、その背景は?

 高校野球連盟は2014年5月末現在の部員数を発表し、昨年より3224人多い170,312人となった

記事を読む

高校野球の2014年の日程終了!今年の高校野球シーンを振り返る

 高校野球は明治神宮大会が終わり、2014年のすべての日程が終了した。あとは年末を越し、1月末に選抜

記事を読む

頑張れ、野球塾出身の4番!そして全国の高校野球3年生へ

 ゼロベースボールアカデミーで、元プロ野球選手の始動を受けた選手たちが、高校野球の最後の1年を戦って

記事を読む

元西武の日野スカウト、甲子園に出場した投手について語る

 元西武でスカウトとして活躍した日野茂氏が、8月22日のテレビ朝日「週刊ニュースリーダー」で、甲子園

記事を読む

高校野球は変わるのか?

 高校野球の熱戦が各地で繰り広げられている。その中で、いくつかのチーム名が連なる連合チームや、他の部

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
no image
桐生第一・蓼原慎仁投手が甲子園のマウンドに

ゼロベースボールアカデミーで、小学校3年から6年間、野球の練

浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

→もっと見る

PAGE TOP ↑