*

野球の魅力 ~人vs人の世界~

公開日: : プロ野球

 野球の魅力の一つに、チーム競技でありながら個人競技の魅力を持つ点があります。そしてそれは、「誰にも邪魔されない人対人の1対1の世界」を作り、多くの名勝負を生み出します。

団体競技であり個人競技

 サッカーでは、チーム内でポジションで1対1の対戦があったりしますが、例えば本田vs誰々、長友vs誰々、が注目されることは少ないと思います。それはサッカーが1対1よりは全体で戦うチーム競技だからであり、「メッシvsネイマール」のようにエースの対決がクローズアップされたとしても、メッシとネイマールが試合の中で直接対決する場面はあまりありません。

 チーム競技の多くはこういう形ですが、野球の場合は試合時間の多くの時間をピッチャーvsバッターの個人vs個人の対決が占めます。そのため相手のエースとチームの中心打者の直接対決がクローズアップされます。

 

多くの名勝負

 それは多くの名勝負を生みました。王vs江夏、清原vs野茂、清原vs伊良部、イチローvs松坂。お互いが相手を「抑えよう」「打とう」と準備し、多くても10球程度の1打席1打席で対戦します。ファンはチーム同士の勝敗とともに、ピッチャーvsバッターにも熱狂することができます。

 そしてその対決は特に深いものになっていく事があります。横浜DeNAのエース三浦大輔投手はプロ初ホームランを当時広島カープにいた金本知憲選手に打たれました。そして2012年の10月9日、その金本選手の引退試合に三浦投手が登板します。

 金本選手はプロ野球で最も多く対戦したのが三浦投手であり、三浦投手も最も多く対戦したのが金本選手でした。そしてこの試合、三浦大輔投手は初めてホームランを打たれた球であるカーブを初球に投げました。

 その後は力のあるストレートを連投し続けます。金本もストレートを狙い目いっぱいのスイングを見せました。これぞ1対1の勝負の醍醐味と言えるでしょう。

 

1対1の魅力を大切に

 しかしピッチャーvsバッターの対戦の中でもチーム競技の要素が絡みます。得点差、ランナーの状況、打順や守備の状況により、この1対1が避けられたりします。

 エースvs4番の対戦でも、ランナーがいて1塁が空いていたりすると敬遠することが当然のようになりました。野球も個人vs個人より、チームの勝利のためという要素が強くなりました。高校野球でも松井秀喜選手が5敬遠されました。

 また、最近ではダルビッシュ有投手、田中将大投手という名投手が居ましたが、ダルビッシュvs誰、田中vs誰、と呼べるような打者がいませんでした。

 そして、松坂投手、ダルビッシュ投手、田中投手はメジャーに移籍し、三浦vs金本のような長年のライバルによる対決も見られなくなりました。

 

 野球というスポーツが持っている1対1の魅力、これを大切にしなければなりません。

 大谷翔平のストレートを完全に打ち崩すようなバッターや、2アウト2,3塁でも4番と対戦できるエースを、プロ野球、アマチュア野球が機会を奪う事なく協力して育てていく必要があります。

 

 (記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

元スカウトがこれからプロに進む選手に伝えたいことは、「ビビって生きろ!」

 プロ野球ではドラフト会議で指名された選手が、続々と仮契約を交わしている。いよいよプロの道を歩む。そ

記事を読む

身体的能力が目立たなかった稲葉篤紀選手が、プロ野球を大きく発展させた

 北海道日本ハムの稲葉篤紀選手が今季限りで引退をする。法政大の時にドラフト会議で3位でヤクルトが指名

記事を読む

【ドラフト会議特集10】ドラフト会議、各球団の抽選の勝率は?

 今年のドラフト会議でも1位指名で1人の選手に複数の球団が指名する可能性が高いとみられています。そこ

記事を読む

今年のルーキー世代は波乱万丈の世代

今年のプロ野球は、特にルーキーの活躍が目立っているように思える。阪神の高山俊選手(ドラフト1位)は、

記事を読む

石毛宏典氏が対戦したくなかった西武黄金期の投手は?

1980年代から1990年代にかけての西武ライオンズは、まさに黄金時代だった。そのチームを支えたのは

記事を読む

12球団の開幕前の想定と開幕してから ~セリーグ編~

 プロ野球も開幕して2週間が過ぎ、対戦カードも一巡した。各球団とも開幕前に想定した力が出せているチー

記事を読む

野球キャンプイン

日本人コーチが外国人選手に教えているもの

日本のプロ野球には、毎年多くの外国人選手がプレーをしています。昨年は東京ヤクルトのバレンティン選手が

記事を読む

プロ野球の名将のよもやま話、石毛宏典氏、日野茂氏が語る

プロ野球には名将と呼ばれる監督がいる。石毛宏典氏はプロ野球時代に根本陸夫監督、広岡達郎監督、森祇晶監

記事を読む

野球のトレンドは小柄でも飛ばせる選手、投げられる選手に?

 プロ野球は、だいたい180cm80kgくらいの選手がプレーしていて、近くで見ると大きく感じるという

記事を読む

選手の故障の昨今

 左前腕外側部橈側手根伸筋損傷、右膝蓋靱帯炎、右前距腓靱帯損傷、現在のプロ野球選手は、病名も正確に、

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑