*

【少年野球】投手に最も大切なのは?

公開日: : 少年野球指導

 野球塾のZEROベースボールアカデミーでは、毎週月曜日に投手の練習を行っている。投手の練習は野手よりも地味で難しいものです。

 

内野手練習よりも指示は少なく

 内野手の練習をしていると、1つのプレーに対してコーチ陣の指示が飛びます。そしてそのポイントはフットワークだったり、前の準備だったり、捕球の位置だったり様々なポイントがあります。

 しかし投球の練習は、小学生の練習ではコーチがキャッチャーとなり、フォームを正面からチェックをする。ただし、投手もまだフォームが固まっているわけではない(体がまだできていないのだから当たり前)ので、1球1球違ってくる。

 そのため1球1球指示が出わけではなく、数球受けてからアドバイスが入る。その後、投手の球はスパン、スパンと2,3球いい球が来る。しかし、徐々にまた1球1球違ってきてしまう。

 

共通するのは

 小学生への指導で特に共通するのは、下半身が仕えていないこと。まだ下半身の筋力が強くなく、軸足の最後の蹴りがなく、腰の回転も使っていない。投げ終わった後に腰が回転した状態で、右投げ投手だったら右足の膝がひねられるようにフィニッシュをしている投手は少ない。

 上半身など腕に関しては、さすが「肩のケガをしにくいフォーム」を提唱しているZEROベースボールだけあって、無理なく振られている。ただし下半身については体力的にまだ難しいようだ。

 小学生に関していえば、これから体が成長するので本格的にフォームを固める事はできないし、まずは肩を壊さなければ良いのではないかと思う。

 

繰り返しと気付き

 投手の練習はとにかく地味な作業の繰り返しだと思う。体の成長に合わせて下半身もじっくりと時間をかけて鍛え上げ、投球を繰り返してフォームを作っていく。

 成長に合わせてアジャストさせ、またさらに球速を上げたり、コントロールをよくするためにフォームを常に改善していく。これは投手を続ける限り、ずっと行われる。

 投手の話を聞くと、練習の時にケガをしたため違うことを試したらコツをつかみ、急激に球速が伸びた、試合中にこのようにしたらコントロールが良くなった、と気づくことがある。いろいろと試して、どれが良いか悪いかの取捨選択を行っていくのだろう。

 

大切なのは

 そうなると、投手に最も大切なのは自分の身体を知るということだろう。急激に球速を伸ばしたり、プロ野球でも長年エースとして投げる投手は自分のフォームを知っている。そして違うことをしても良くなければすぐに戻すことができたり、試した良かったものを自分のフォームにすることができる。

 ダルビッシュ投手も何種類かのフォームがあり、状態によって使い分けるという。プロ野球のエースもシーズンオフとなってからキャンプインしシーズンに入るまでに自分の投球フォームに持っていける。

 逆に自分の身体を理解していないと、あるときに急激のよくなって活躍しても、翌年には活躍できなくなっていたり、投球フォームを教えられて行くうちに自分のフォームを見失ってしまう。

 どんなスポーツ選手でも一流の選手は、自分の身体を良く知っていると感じる。そして自分の身体を理解するためには、繰り返し動作をして感覚としてインプットしていくしかない。

 良い球が投げられたら、「なぜ良い球が投げられたのか」、続けて良い球が投げられなかったら「どこが変わってしまったのか」。さらにコーチから指導をうけたら、「なぜそのような指導を受けたのか」、常に「?」をもって取り組むのが良いのではと思います。

 

 投手だけに限ったことではなく、バッティングも当てはまります。自分の身体を理解するために、常に考えながら練習をするようにしましょう。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

野球塾指導2jpg

野球も変わっていく

 野球も時代で変わっている。トレーニング方法、調整方法、そしてチーム、指導者も。野球はどんな方向に進

記事を読む

sendai

プロ野球が少年野球チームを運営へ

 東北楽天がリトルシニアのチームを運営していくことが分かった。リトルシニア連盟に所属し、最初は20人

記事を読む

新芽

上の学年を目指して

小学生の場合、低学年と高学年では体格もその他も大きな差がある。4年生と6年生でもかなりの身長の差があ

記事を読む

野球塾キャッチボール2

少年野球選手の肩と肘を守る

 全日本野球協会(http://www.baseballjapan.org/jpn/index.ht

記事を読む

日野さん

監督はどっしりと構えて

 投手vs野手といったような個人的な対戦がクローズアップされる野球においても、監督の役割の大きさは非

記事を読む

野球塾バッティング2

野球塾の練習内容とは?

野球塾のZEROベースボールアカデミーでは、元プロ野球選手の指導を受けるために、月曜日から金曜日まで

記事を読む

石毛宏典

野球を考える時間を毎日つくる

阪神で大活躍中の高山俊選手は、大学時に監督より、毎日10分間スパイクを磨くように指示をされたという。

記事を読む

zero13

プロ野球選手は他の選手を良く見ている

プロフェッショナルビュー・ベースボールでは、日野茂氏や石毛宏典氏、また元大洋、西武の清水宏悦氏、上田

記事を読む

野球塾バッティング3

「伸びしろ」とは?

 アマチュアの選手、特に中学生、高校生の選手を評価するとき、「伸びしろ」があると表現することがある。

記事を読む

野球塾指導2jpg

指導者の器量と選手の信念

野球をする少年達にとって、戸惑う事がある。それは、指導者によって指導内容が違う事。しかしそんなことは

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
draft_box
この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」

石毛宏典
選手は最終的には態度で評価される

プロ野球に限らず、高校野球、大学野球などの選手は、素晴らしいバッティン

石毛宏典
エラーをしてしまったら、エラーをした選手がいたら

野球をしていて、エラーはミスはつきものです。どんな選手でも1回はエラー

石毛宏典
ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック

 いよいよ今年のドラフト会議が来週木曜日(10月26日)に開催される。

石毛宏典
石毛宏典氏は中村奨成選手を絶賛、プロもマネをするべき打撃

石毛宏典氏は今年の夏の甲子園で、久々に注目したバッターがいたと話した。

→もっと見る

PAGE TOP ↑