*

スカウト会議で話し合われる内容は?

公開日: : スカウト活動

 スカウトは今、大学生の甲子園とも呼ばれる大学野球選手権大会のために、そして高校野球の夏の予選を前に東京に集結しスカウト会議を行います。球団によっては候補選手のリストアップを続けたり、絞り込みを行ったりと、この時期で行うことはまちまちだと思いますが、スカウト会議ではどのような事が話し合われるのでしょうか?

 元西武のスカウト・日野茂氏にお話を聞きました。

 

スカウト会議で話し合われること

 日野氏がスカウトをしていた1980年前後に比べると、現在はPCやネット環境があり、映像を手軽に撮影する技術もあるため、スカウトの仕事も大きく変わっていると思いますが、それを前提としてお話をしてもらいました。

 スカウトは投手、捕手、内野手、外野手とポジション別に選手のデータを手帳に書きとめ、自分の中で常にランキングをしています。他のスカウトも同じように自分の基準でランク付けを行っています。

 この時期のスカウト会議では、それぞれのスカウトがリストアップしランク付けした選手の情報を交換することが目的となります。またこのころには各球団のチーム状況が明らかになってくる事もあり、球団として方針が示されることもあるようです。

 基本的には編成のトップから球団の補強ポイントが伝えられ、そのポイントに条件が当てはまる選手の説明を担当スカウトが行います。基本的にこの説明で、「このポジションではこの選手が最有力指名」と優先度が決まってゆきます。

 この時の説明(プレゼン)は非常に重要となります。当然相手に伝えるのが上手なスカウトのほうが良いのですが、「このスカウトがこれだけ説明するのだから評価が高いのだろう」、とお互いのスカウトを認め合って優先順位が決まってゆきます。

 

純粋なランク付け作業

 まだ他球団の動向などの情報にはとらわれず、球団の編成の方針に合わせて純粋にランク付けをしていく段階で、単調な作業が繰り返されていくようです。

 スカウトは、この時期のスカウト会議で球団の大まかな指名方針を受け、夏の高校野球の都道府県大会に飛んでゆきます。そして次に会うのは甲子園で一通りの高校が登場したあたりとなります。

 スカウトにとってはまだ中盤戦、これから暑い季節となります。炎天下のスタンドで1日数試合を見たり、1日で数球場に移動したりと大変な季節となります。それでも輝く選手たちを見つける事で、その疲れも吹っ飛ぶ事になるのでしょう。

 

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

kyujyou

【ドラフト会議特集5】スカウトの1年

 10月23日のドラフト会議まであと2週間と少し、各地で大学のリーグ戦が終盤戦の盛り上がりを見せてい

記事を読む

プロ志望届例(栃木県高校野球連盟ホームページより取得)

高校生のスカウト活動は最終段階へ、プロ志望届からドラフト会議まで

 夏の高校野球大会が、甲子園で熱戦が繰り広げられています。1回戦と2回戦までの代表49校すべてが登場

記事を読む

日野さん

ドラフト会議で選手を指名した担当スカウトの気持ち

 ドラフト会議で追い続けていた選手を指名した時、担当スカウトは「責任を感じる」ということを、【ドラフ

記事を読む

日野さん

センバツ総括:「将来が楽しみな選手が多かった」

 センバツ高校野球大会もいよいよ準決勝、決勝の2日を残すのみとなった。準々決勝で雨天となりプレーする

記事を読む

20150825-1

田中正義になれるか、成長を期待したい4投手を元プロスカウトが評価

今年のドラフト会議の超目玉として、早くも一挙手一投足に注目が集まっている創価大・田中正義投手。12球

記事を読む

a1180_000929

現在のランクと将来のランク、斎藤佑樹と田中将大

選抜高校野球大会が終わり、今度は大学野球の春季リーグ戦が始まりました。社会人も各地の大会が行われ、そ

記事を読む

a1180_000929

ドラフト下位指名選手の活躍、スカウトの喜び

 昨日の中日と横浜DeNAの試合で、中日のドラフト7位ルーキー・遠藤一星選手が勝ち越しのヒットを放ち

記事を読む

mound

なぜこの選手を獲得できなかったのか?嘉陽宗一郎投手

昨日、東都大学リーグの亜細亜大と駒沢大の対戦が行われ、亜細亜大学が勝利した。勝利投手になったのは、今

記事を読む

野球キャンプイン

1月、2月のスカウトの動き

プロ野球は2月1日に春季キャンプが始まり「球春到来」となる。この時期はアマチュア野球の高校野球、大学

記事を読む

kousyou

【ドラフト会議特集11】選手を獲得したときのスカウトの気持ちは?

 いよいよドラフト会議まであと2日となった。選手にとっても運命の日だが、スカウトにとっても1年間、ま

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野さん
日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典
石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

Koushien
石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

ishige2
盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑