*

野球選手のプロ根性とアイドルのプロ根性、桜庭ななみさん、宮武祭さん

公開日: : 最終更新日:2014/06/07 その他

 埼玉県川口市にある野球塾、ZEROベースボールアカデミーには、プロ野球を目指す少年野球選手の他、プロ野球のOBやオフにはプロ野球選手が自主トレに訪れたりします。そして他に、現在テレビなどで良く見るアイドルも、訪れたりしています。野球塾とアイドル?そこにはプロ根性がありました。

Bump.yの桜庭ななみさんと宮武祭さん

  ZEROベースボールアカデミーには、桜庭ななみさん、宮武祭さんと、間に挟まれて輝くような笑顔を見せる日野茂氏の写真が飾ってあります。

 まずは二人の紹介をすると、二人は「bump.y」というグループで歌や女優などの活動をしていて、桜庭ななみさんは、2008年にミスマガジンでグランプリを受賞、その後、映画やCMなどで活躍をしています。

 宮武祭さんもテレビドラマなどに出演し活躍をしています。

 

アイドルのプロ根性

 なぜこんな写真があるのかをしつこく突っ込むと、

「bump.yのメンバーの二人が、将来、野球の始球式をする時にために練習をしに来た」

とのことでした。

将来、来るかどうか分からない「始球式」という仕事のために、練習に来ているのだと本当に感心してしまいました。

 そして、2013年9月5日、北海道日本ハムと福岡ソフトバンクの試合で桜庭ななみさんは始球式を行いました。


Youtubeより引用

 

 投球は山なりでワンバウンドとなってしまいましたが、昔練習したことを実践する形となりました。

  どんな可能性のためにもそれに備えておく、アイドルもやはりプロでした。

 

Bump.yは2014年6月をもって解散し、メンバーは元々行っていた女優などを単独で活動するようです。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

野球塾バッティング4

元プロ野球選手が持っているものは、技術だけではない

西武ライオンズで中心選手として黄金時代を築き、オリックスでは監督も務めた、石毛宏典氏が千葉商大付高校

記事を読む

STEPUP

野球の未来へ

東京オリンピックでは、野球が競技として実施される。2020年に向けた目標は明確になった。しかし202

記事を読む

プロ野球選手のミット

野球の魅力 ~長年一線級でプレーできる~

野球の魅力、長い年数プレーできるのも野球の魅力です。 40歳でも一線級でプレー 今年、中日の山本

記事を読む

野球キャンプイン

野球の魅力 ~キャンプもコンテンツ~

 野球の魅力シリーズ、今日はキャンプについて。プロ野球は長い歴史があり、試合だけでなくキャンプなど練

記事を読む

a1180_000929

キューバ出身、巨人・セペダ選手、横浜DeNA・グリエル選手を評価する

キューバ球界が国内リーグの選手を、レンタル移籍のような形でキューバリーグのオフシーズンに外国でプレー

記事を読む

日野さん

第1回プロ野球スカウト講座開催のお知らせ

 プロフェッショナルビューベースボールでは、元西武のスカウト・日野茂氏による第1回プロ野球スカウト講

記事を読む

石毛宏典

選手は最終的には態度で評価される

プロ野球に限らず、高校野球、大学野球などの選手は、素晴らしいバッティング、ピッチングに注目され、成績

記事を読む

IMG_6039

いろいろなところに野球がある

 この春卒業をして、一つ上のステージで野球を続ける選手もいるし、野球をやめて別の世界に挑戦する人もい

記事を読む

日本

次世代の台頭が輝く日本代表を作る!サッカーと野球 ~2017年WBCと2018年W杯~

 サッカーのW杯は予選グループ敗退が決定した。野球を扱うメディアだが、日本のスポーツの将来として共感

記事を読む

Jingu

野球の魅力 ~野球ファンの深さと広さ~

 最近になり、多くの野球ファンの方と会う機会が増えましたが、みなさん圧倒されるほど野球への見識の深さ

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野さん
日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典
石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

Koushien
石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

ishige2
盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑