*

野球を新たなステージに持っていく選手、北海道日本ハム・大谷翔平

公開日: : 注目選手

 北海道日本ハムの大谷翔平投手が160キロを記録し、5回まで10奪三振という投球を披露した。速球は常に150キロを越え、ストレートだけでも打者を抑えられる投手となった。

 以前、日野氏に「今の日本人で一番の投手は誰か」を質問した時、すぐさま「大谷翔平」と返ってきたことを思い出した。

 「去年まではグワーンと思い切り力を入れて投げてたけど、今年は力が入らずに投げられるようになった」

そして

 「プロは下(下半身)の動きが大事で、土台が押すので腕が遅れて出てくるようになり、ボールが遅れて出てくるように見える」

 とプロの投手を分析してくれた。

 大谷投手の昨日の160キロの場面は、テレビでも何度も流されているが、上半身に力が入っていない感じで投げられていた。それなのに投げた後に体は勢い余って回転し、球は160キロの速度を持ってキャッチャーミットを響かせた。

 

日本人バッターの課題

 以前、日野氏は日本人バッターと外国人バッターの違いについて、デッドボールの当たり方が違うと教えてくれた。

 日本人はスイングスピードが足りないため150キロの球を打とうと早くバットを振りだす。そのため、それが体に向かってくるとうちに言った状態でまともに手首や体の全面に死球を食らう。

 外国人はスイングスピードが速いため、150キロの球も体に近いところでミートできる。そのため、バットを振りだす前に球のコースを判断することがで、体に向かってきた場合にはお尻や背中など、当たっても大けがをしない所で受けることができるという。

 日本人でもインコースに強いバッターはスイングスピードの速い選手が多い。それは体の近くに来た球を打てるのか避けるのか判断する時間があるためなのだ。

 そのような打者が多いのは体格の差があるかもしれないが、日本野球の文化や歴史の影響もある。日本野球はどちらかというと守り重視、攻撃は繋いで1点を奪うというスタイルが多い。高校野球、大学野球などでもそのスタイルが多く、守れる選手、塁に出られバントなどをきっちりできる選手が試合に使われる。

 高校や大学で練習を見ると、ものすごい打球を飛ばす選手がいたりする。しかし、その選手を試合で見ることはない。そして試合に出られなかった選手は、プロ野球の道をあきらめざるを得なくなってしまう。

 

野球を変える

 大谷投手は155キロの速球を投げ続け、日本のスモールベースボールを代表する打者がそれに圧倒的に抑え込まれるようになれば、プロ野球界はスイングスピードのある選手を求めることになるだろう。

 そうするとアマチュア野球でも、そういう選手を重視するようになるのかもしれない。

 投手だってそうだ、配球や投球術などで勝負しても19歳の選手に簡単に攻略されてしまうならば、もっと力がある選手が必要となる。

 

 こうしてプロ野球は新たな段階へ入っていくのだと思う。

 何人かの天才が世界を大きく変えることがあると思うが、大谷翔平はその一人なのだろう。

 

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

野球塾バッティング2

羽ばたく野球塾卒業生、見違える姿を!

 いよいよ本日、2015年の選抜高校野球大会の出場チームが決定する。ZEROベースボールアカデミーを

記事を読む

w

その時を待つ斎藤佑樹投手、その凄さは大舞台で

 2010年のドラフト会議、4球団がドラフト1位指名して華々しくプロ野球に入った北海道日本ハムの斎藤

記事を読む

バッターボックス

第86回選抜高校野球大会の注目の野手、智弁学園・岡本和真選手を元スカウトが見る

第86回選抜高校野球大会も、準々決勝となりました。 一通りのチームが出場し、実力を出し切れたチ

記事を読む

石毛宏典

ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック

 いよいよ今年のドラフト会議が来週木曜日(10月26日)に開催される。今年のドラフト1位候補にはどん

記事を読む

a1180_000929

【スカウト物語】1979年、杉永政信投手の「突然のドラフト1位報道」

日野茂氏はクラウンライターライオンズが西武ライオンズとなる1978年から1980年までスカウトとして

記事を読む

日野さん

元プロ野球スカウトが日大三島の小澤怜史投手を評価する

 高校野球のセンバツ大会、東海地区からは静岡高校と県岐阜商が出場します。静岡大会の優勝チームと準優勝

記事を読む

Koushien

センバツ注目投手、仙台育英・佐藤世那投手を元プロスカウトが評価する

 今年のセンバツ大会で、今のところ優勝候補の筆頭に挙げられるのは、秋の明治神宮大会で優勝した仙台育英

記事を読む

mound

センバツ注目投手だった佐野日大・田嶋大樹投手を改めてチェック

2014年の第86回選抜高校野球大会は龍谷大平安高校の優勝で幕を閉じました。好投手がたくさんいました

記事を読む

IMG_6039

第86回選抜高校野球大会の注目の投手、佐野日大・田嶋大樹投手に注目

  いよいよ明日、3月21日より第86回選抜高校野球大会が開幕する。今大会にも大勢の

記事を読む

板ミット2

少年野球の練習と工夫した練習

 ZEROベースボールアカデミーでは、小学生、中学生の選手を中心に、元プロ野球選手が指導をしています

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック

 いよいよ今年のドラフト会議が来週木曜日(10月26日)に開催される。

石毛宏典
石毛宏典氏は中村奨成選手を絶賛、プロもマネをするべき打撃

石毛宏典氏は今年の夏の甲子園で、久々に注目したバッターがいたと話した。

石毛宏典
石毛宏典氏が源田壮亮選手を絶賛

 社会人から西武ライオンズ入りし、1年目から遊撃手として活躍をした石毛

石毛宏典
東北楽天の快進撃と千葉ロッテの低迷を分析する

2017年のパリーグは、5月10日終了時で東北楽天が貯金12をもって首

石毛宏典
レギュラー争いと選手の成長

プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。チームの各ポジションで

→もっと見る

PAGE TOP ↑