*

プロが使う、青いピッチングマシン

公開日: : その他

少年野球から高校、大学、社会人、そしてプロ野球まで、多くの野球選手を支えているものに、ピッチングマシーンがあります。打撃練習には欠かせない存在なのではないでしょうか。今回はピッチングマシンについて紹介します。

 この間、野球塾のZEROベースボールアカデミーで日野さんのお話を聞いていたとき、ピッチングマシンのメンテナンスに来ていた吉田さんにお会いしました。

 吉田加工所のピッチングマシンといえば、多くのプロ球団が採用しているマシンなのですが、まずはピッチングマシーンの種類を紹介します。

 

ピッチングマシンの種類

 ピッチングマシンには大きく3つのタイプがあります。一つはアーム式、ばねの力で鉄の腕を投手のように振りぬくもので、昔からあるものです。

 もう一つはローター式、2つの回転するローターにボールが挟まれて飛び出してくるものです。左右の回転を変えたりすることで、球に変化を加えたりすることができます。

 そして最後は圧縮したエアで打つ方式でトップガン方式等といわれています。最も新しいタイプのもので、テレビ番組の企画でも使われるように160キロ以上の球速を出すこともできます。

 

特徴

 プロ野球ではアーム式のものが主に使われており、腕で投げおろすため角度のある球を投げることができます。ただし、球バネの力やバランスの調整など、職人のメンテナンスが必要なマシンでもあります。

 ローター式は球速や変化球などを設定して投げることができるのですが、ボールが挟まれて放たれるため、ボールの消耗が激しいという点もあるようです。

 エアで打つ形のものは、球速は申し分なく、バネやローターなどもないのでメンテナンスはそれほど必要無いのですが、最初に使うときに、空気を圧縮するため少し時間がかかるようです。

 

CMデビュー

 メンテナンスに来ていた吉田さんから、「うちのマシンがテレビCMデビューをした」と聞きました。

 「ピッチングマシンのテレビCMなんてすごいですね」と聞くと、

「缶コーヒーのCM」とのことでした・・・。

 

 そうです、横浜DeNAベイスターズで用具管理をしている入来祐作氏が出演して話題となったCMで、そこでたびたび出てくるのが、「青いピッチングマシン」、吉田加工所のものだそうです。

 ちなみに吉田加工所のマシンは国内で古くから使われており、野球関係者は「青いマシン」というと吉田加工所のものとわかるのだそうです。

 野球の歴史を影から作り、そして野球の歴史とともにピッチングマシンの歴史もあります。< br />
そしてここにもまた、野球人の思いがこもっているのです。

 

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

STEPUP

野球の未来へ

東京オリンピックでは、野球が競技として実施される。2020年に向けた目標は明確になった。しかし202

記事を読む

石毛宏典

選手は最終的には態度で評価される

プロ野球に限らず、高校野球、大学野球などの選手は、素晴らしいバッティング、ピッチングに注目され、成績

記事を読む

野球塾バッティング4

元プロ野球選手が持っているものは、技術だけではない

西武ライオンズで中心選手として黄金時代を築き、オリックスでは監督も務めた、石毛宏典氏が千葉商大付高校

記事を読む

STEPUP

夢をかなえるという事

ドラフト会議が終わり、プロに進む夢をかなえた選手がいる。それ以前に既に大学進学や社会人への内定をもら

記事を読む

batter

野球のW杯を開くには? ~その1~

サッカーのブラジルW杯が近づき、日本代表メンバーも発表されました。野球では国別で争い世界一を決定する

記事を読む

yokohama

野球のW杯を開くには? ~その2~

サッカーのブラジルW杯が近づき、日本代表メンバーも発表されました。野球では国別で争い世界一を決定する

記事を読む

a1180_000929

キューバ出身、巨人・セペダ選手、横浜DeNA・グリエル選手を評価する

キューバ球界が国内リーグの選手を、レンタル移籍のような形でキューバリーグのオフシーズンに外国でプレー

記事を読む

日本

次世代の台頭が輝く日本代表を作る!サッカーと野球 ~2017年WBCと2018年W杯~

 サッカーのW杯は予選グループ敗退が決定した。野球を扱うメディアだが、日本のスポーツの将来として共感

記事を読む

野球キャンプイン

野球の魅力 ~キャンプもコンテンツ~

 野球の魅力シリーズ、今日はキャンプについて。プロ野球は長い歴史があり、試合だけでなくキャンプなど練

記事を読む

バッターボックス

羽生結弦選手のアクシデントと野球選手について

 フィギュアスケートのグランプリシリーズ中国大会で、演技前に他の選手と衝突してけがをしながらも、本番

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
draft_box
この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」

石毛宏典
選手は最終的には態度で評価される

プロ野球に限らず、高校野球、大学野球などの選手は、素晴らしいバッティン

石毛宏典
エラーをしてしまったら、エラーをした選手がいたら

野球をしていて、エラーはミスはつきものです。どんな選手でも1回はエラー

石毛宏典
ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック

 いよいよ今年のドラフト会議が来週木曜日(10月26日)に開催される。

石毛宏典
石毛宏典氏は中村奨成選手を絶賛、プロもマネをするべき打撃

石毛宏典氏は今年の夏の甲子園で、久々に注目したバッターがいたと話した。

→もっと見る

PAGE TOP ↑