*

元プロ野球選手が持っているものは、技術だけではない

公開日: : その他

西武ライオンズで中心選手として黄金時代を築き、オリックスでは監督も務めた、石毛宏典氏が千葉商大付高校のテクニカルアドバイザーとして、高校生の指導にあたるようだ。

アマチュア野球選手や野球チームからプロ野球選手に求められるのは、高いレベルの野球に関する技術や戦略なのだろう。しかし、元プロ野球選手が持っているものは技術だけでないことは、野球選手が選手に指導する姿を見ればわかる。

 

アマチュアの選手やチームが元プロ野球選手に望むもの

アマチュアの選手は、やはり野球をやる以上はプロ野球に入りたいという思いがあります。他の選手よりももっと上手になりたい、他の選手よりも早くうまくなりたい、そういう気持ちが強くなり元プロ野球選手の経験や技術を教えてほしいと聞きます。

 

またアマチュア野球の指導者も、それぞれ技術や指導の経験を持っていますが試合には常に勝てるわけではなく、教えた選手が必ずしも上手になるわけではありません。

そのうち自分の指導方法が本当に正しいのか、他にに良い指導方法があるのではないか、と悩むようになり、プロ野球ではどんな風に教えているのか、指導方法を聞きたいと話します。

 

元プロ野球選手が持っているもの1

プロ野球選手は、プロ野球という数少ない門をくぐった程の高い野球センス、身体的特徴、そして自分で作り上げた野球技術というものがあります。さらに中学、高校、大学、社会人そしてプロ野球でいろいろな指導者と出会い、その指導方法や作戦を経験している。これは非常に貴重で大切なものです。

しかし、以前にも述べたように野球の技術や理論は正解が1つあるわけではなく、プロ野球選手一人一人が別のものを持っているといってよいでしょう。ですので、アマチュア選手を指導するときには、そのことを理解していて、間違いのない基本的な部分を教える事が多いように思います。

 

こんな風に言うと「なんだ、深い技術の話は教えてくれないのか」とがっかりするかもしれませんが、ZEROベースボールアカデミーの練習前には、選手一人一人の名前を挙げて、「こう教えよう」「これをやってみよう」と次々と、指導の方法や練習の方法が出てきます。

全体的には基本の基の字しか話しませんが、選手ぞれぞれに合わせて披露する指導の引き出しは本当にたくさんあるのだと感心させられます。

いろいろな場所、いろいろなレベルの指導を経験したことは、貴重な財産です。

 

元プロ野球選手がもっているもの2

その他にも元プロ野球選手が持っているものがたくさんあります。

技術もそうですが、練習に対する情熱はものすごいものがあります。野球塾でも選手一人一人の名前を憶えています。そして、打撃練習では自らバッティングピッチャーとして、全選手を相手に投げ続けます。しかしそれだけやってもピンピンしている体力もすごいものがあります。

野球にかける情熱そして体力は、高校野球を教えたとしても選手のほうが音を上げるかもしれません。

 

ほかにも、幅広い野球人脈があります。高校、大学、社会人、プロ野球、チームメイトだったり戦った選手の数は数えきれない程になります。また出身チームの上下のつながりも出てきたりと、ものすごい人脈になります。

 

この人脈を生かして野球の指導に生かしたり、練習試合をくんだりすることも、元プロ野球選手を高校野球のチームが呼ぶ時のメリットになるのではないかと思います。

 

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

Yoshida

プロが使う、青いピッチングマシン

少年野球から高校、大学、社会人、そしてプロ野球まで、多くの野球選手を支えているものに、ピッチングマシ

記事を読む

日野さん

第1回プロ野球スカウト講座開催のお知らせ

 プロフェッショナルビューベースボールでは、元西武のスカウト・日野茂氏による第1回プロ野球スカウト講

記事を読む

バッターボックス

羽生結弦選手のアクシデントと野球選手について

 フィギュアスケートのグランプリシリーズ中国大会で、演技前に他の選手と衝突してけがをしながらも、本番

記事を読む

batter

野球のW杯を開くには? ~その1~

サッカーのブラジルW杯が近づき、日本代表メンバーも発表されました。野球では国別で争い世界一を決定する

記事を読む

野球キャンプイン

野球の魅力 ~キャンプもコンテンツ~

 野球の魅力シリーズ、今日はキャンプについて。プロ野球は長い歴史があり、試合だけでなくキャンプなど練

記事を読む

a1180_000929

キューバ出身、巨人・セペダ選手、横浜DeNA・グリエル選手を評価する

キューバ球界が国内リーグの選手を、レンタル移籍のような形でキューバリーグのオフシーズンに外国でプレー

記事を読む

zero-idol

野球選手のプロ根性とアイドルのプロ根性、桜庭ななみさん、宮武祭さん

 埼玉県川口市にある野球塾、ZEROベースボールアカデミーには、プロ野球を目指す少年野球選手の他、プ

記事を読む

IMG_6039

いろいろなところに野球がある

 この春卒業をして、一つ上のステージで野球を続ける選手もいるし、野球をやめて別の世界に挑戦する人もい

記事を読む

Jingu

野球の魅力 ~野球ファンの深さと広さ~

 最近になり、多くの野球ファンの方と会う機会が増えましたが、みなさん圧倒されるほど野球への見識の深さ

記事を読む

日本

次世代の台頭が輝く日本代表を作る!サッカーと野球 ~2017年WBCと2018年W杯~

 サッカーのW杯は予選グループ敗退が決定した。野球を扱うメディアだが、日本のスポーツの将来として共感

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
draft_box
この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」

石毛宏典
選手は最終的には態度で評価される

プロ野球に限らず、高校野球、大学野球などの選手は、素晴らしいバッティン

石毛宏典
エラーをしてしまったら、エラーをした選手がいたら

野球をしていて、エラーはミスはつきものです。どんな選手でも1回はエラー

石毛宏典
ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック

 いよいよ今年のドラフト会議が来週木曜日(10月26日)に開催される。

石毛宏典
石毛宏典氏は中村奨成選手を絶賛、プロもマネをするべき打撃

石毛宏典氏は今年の夏の甲子園で、久々に注目したバッターがいたと話した。

→もっと見る

PAGE TOP ↑