*

日本人コーチが外国人選手に教えているもの

公開日: : プロ野球

日本のプロ野球には、毎年多くの外国人選手がプレーをしています。昨年は東京ヤクルトのバレンティン選手が1シーズン60本のホームラン日本記録を打ち立てました。

活躍をした外国人選手、活躍できなかった外国人選手がいますが、日本人の監督やコーチは外国人にどのような指導をしているのでしょうか?横浜ベイスターズでヘッドコーチや2軍監督を務めた日野茂氏に聞きました。

 

外国人選手に教えるもの

日野氏からは「外国人選手には、技術的なことは教えていない」

と単刀直入に返ってきました。

「教えるとすれば、まずは日本の野球のシステムについて」とのことです。日本の野球ではこういう場合はどのように動くのが普通なのかなど、日本野球の常識を教えるそうです。

 

次に、「日本の打者、または投手の攻め方」を教えます。日本野球の心理戦のようなものを教え、辛抱することを教えるのだそうです。たとえば、変化球を3つ4つ続けてくる、などそういう面を伝えるそうです。

 

それだけを教えて、技術的なスイングや守備、投球フォームなどは教えないということです。

一昨年のドラフト会議で北海道日本ハムがメジャーリーグ入りを表明していた大谷翔平選手を指名し、その後にGMや栗山監督が大谷選手の説得を行いました。

その際に公表された資料に、NPB(日本プロ野球)は「選手を引き上げる仕組み」、MLB(メジャーリーグ)は「選手を淘汰する仕組み」と解説しました。(参照:「大谷翔平君 夢への道しるべ ~日本スポーツにおける若年期海外進出の考察~」の別紙4、2012年11月10日、(株)北海道日本ハムファイターズチーム統括本部制作、※北海道日本ハムファイターズホームページに資料を掲載

日本野球はコーチや監督が教えるという文化があり、メジャーはコーチや監督が教えるというよりは評価をするという文化があるようです。

 

日本で成功する選手、アメリカに帰って成功する選手

次に日野氏に、日本で成功する外国人選手について聞きました。

「日本で成功をしたいという考え方がある選手は、活躍することが多い」と言います。

そのために、選手の攻め方などのアドバイスをしっかり聞いて、たとえばバッターならば日本人投手の変化球の攻め方に対処する方法を自分で習得します。

アメリカに帰ってから成功する選手は、日本での経験で自分で習得したものをいかしているということになるのでしょう。やはり野球がうまくなるには、外国人も日本人も野球の取り組み方、姿勢ということになりそうです。

 

昔は「外国人助っ人」という言い方をしていました。そのため好き勝手にしていた外国人選手も多かったようです。しかし今は、日本で成功したいという選手が多いようです。

 

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

左打者には左投手?確実性を上げるために逆方向を狙う?野球の常識とは

日本の野球で常識と考えられている事について、元西武ライオンズの石毛宏典氏に聞いた。 夏の甲子園で北

記事を読む

器用な選手じゃないから続けられた野球人生、石井一久投手、里崎智也選手の引退

 昨日、埼玉西武で昨年まで22年間プレーをした石井一久投手の引退セレモニーが行われた。石井投手は千葉

記事を読む

大谷翔平選手の活躍とマーケティング戦略

 6月19日、北海道日本ハムの大谷翔平選手が8回を投げて1安打11奪三振で無失点に抑えた。甲子園で見

記事を読む

ドラフト会議の指名と来年正念場となる選手

 ドラフト会議はチーム作りの一つで、チーム方針を元に指名が行われている。そのためドラフト会議の結果を

記事を読む

プロ野球と梅雨の季節

 梅雨の時期を迎えている。プロ野球は3月から10月までの長いシーズンを戦うが、最も自分のペースを乱し

記事を読む

【ドラフト会議特集3】ドラフト会議を待つ選手の心境、4度目のチャンスでプロ入りした清水透選手

 ドラフト会議を迎える選手たち、しかし実はプロに行きたいからと素直のプロ志望をすることができない状況

記事を読む

プロ野球チームの緻密な経営で、ピラミッドの頂点から落ちる日も

 プロ野球の球団経営は、世の中に流れと同じように透明で、細かく正確に、そして緻密になっている。それが

記事を読む

プロ野球のチーム構成を考える

 1月末、いよいよキャンプインをする。プロ野球球団は大体この時点でチーム編成を終え、監督や首脳陣は今

記事を読む

一流選手が名指導者になるために

 プロ野球ではよく、「選手として一流だった人は名指導者にはなれない」と言われることがあります。もちろ

記事を読む

石毛宏典氏が2016年シーズンを振り返る:パリーグ編

2016年のシーズンについて、元西武ライオンズの石毛宏典氏に振り返ってもらった。今日はパリーグ編。

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑