*

日本人コーチが外国人選手に教えているもの

公開日: : プロ野球

日本のプロ野球には、毎年多くの外国人選手がプレーをしています。昨年は東京ヤクルトのバレンティン選手が1シーズン60本のホームラン日本記録を打ち立てました。

活躍をした外国人選手、活躍できなかった外国人選手がいますが、日本人の監督やコーチは外国人にどのような指導をしているのでしょうか?横浜ベイスターズでヘッドコーチや2軍監督を務めた日野茂氏に聞きました。

 

外国人選手に教えるもの

日野氏からは「外国人選手には、技術的なことは教えていない」

と単刀直入に返ってきました。

「教えるとすれば、まずは日本の野球のシステムについて」とのことです。日本の野球ではこういう場合はどのように動くのが普通なのかなど、日本野球の常識を教えるそうです。

 

次に、「日本の打者、または投手の攻め方」を教えます。日本野球の心理戦のようなものを教え、辛抱することを教えるのだそうです。たとえば、変化球を3つ4つ続けてくる、などそういう面を伝えるそうです。

 

それだけを教えて、技術的なスイングや守備、投球フォームなどは教えないということです。

一昨年のドラフト会議で北海道日本ハムがメジャーリーグ入りを表明していた大谷翔平選手を指名し、その後にGMや栗山監督が大谷選手の説得を行いました。

その際に公表された資料に、NPB(日本プロ野球)は「選手を引き上げる仕組み」、MLB(メジャーリーグ)は「選手を淘汰する仕組み」と解説しました。(参照:「大谷翔平君 夢への道しるべ ~日本スポーツにおける若年期海外進出の考察~」の別紙4、2012年11月10日、(株)北海道日本ハムファイターズチーム統括本部制作、※北海道日本ハムファイターズホームページに資料を掲載

日本野球はコーチや監督が教えるという文化があり、メジャーはコーチや監督が教えるというよりは評価をするという文化があるようです。

 

日本で成功する選手、アメリカに帰って成功する選手

次に日野氏に、日本で成功する外国人選手について聞きました。

「日本で成功をしたいという考え方がある選手は、活躍することが多い」と言います。

そのために、選手の攻め方などのアドバイスをしっかり聞いて、たとえばバッターならば日本人投手の変化球の攻め方に対処する方法を自分で習得します。

アメリカに帰ってから成功する選手は、日本での経験で自分で習得したものをいかしているということになるのでしょう。やはり野球がうまくなるには、外国人も日本人も野球の取り組み方、姿勢ということになりそうです。

 

昔は「外国人助っ人」という言い方をしていました。そのため好き勝手にしていた外国人選手も多かったようです。しかし今は、日本で成功したいという選手が多いようです。

 

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

石毛宏典

今年の西武ライオンズは行ける?石毛宏典氏に聞く

4月18日時点で7勝6敗、3位の位置にいる埼玉西武ライオンズ、辻監督に代わり、選手起用の面や戦い方に

記事を読む

a1130_000551

プロ野球と梅雨の季節

 梅雨の時期を迎えている。プロ野球は3月から10月までの長いシーズンを戦うが、最も自分のペースを乱し

記事を読む

ishige2

石毛宏典氏が語る、スランプに落ちる瞬間と2年目のジンクス

プロ野球選手は143試合の長丁場を戦う、この間に何度か調子のよい時と悪い時を迎える。プロ野球で16年

記事を読む

batter

日本人打者よ、空振りやエラーをしてさらに上を目指せ!

 プロ野球はオールスター出場選手がすべて決定した。投手陣では大谷翔平投手をはじめ、菅野智之投手、則本

記事を読む

記者会見

自分を売り出せ!新人選手!

プロ野球では新人選手が各チームの寮に入寮する季節となった。これからキャンプ開始の2月1日まで合同自主

記事を読む

日本

【終戦記念日特集】8月15日、日本の野球の終戦記念日

 8月15日は終戦記念日である。そして日本の野球にとっても、8月15日は終戦記念日なのだ。  20

記事を読む

mound

野球の魅力 ~人vs人の世界~

 野球の魅力の一つに、チーム競技でありながら個人競技の魅力を持つ点があります。そしてそれは、「誰にも

記事を読む

yakyu

ドラフト会議の指名と来年正念場となる選手

 ドラフト会議はチーム作りの一つで、チーム方針を元に指名が行われている。そのためドラフト会議の結果を

記事を読む

fukuoka

セ・パ交流戦が始まる!

明日、5月20日からセ・パ交流戦が始まる。2005年から始まった交流戦は今年で10年を迎える記念すべ

記事を読む

石毛宏典

石毛宏典が分析、日本シリーズ1,2戦

石毛宏典氏は西武ライオンズの14年間に11度の日本シリーズに出場し、日本シリーズを知り尽くしている。

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
レギュラー争いと選手の成長

プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。チームの各ポジションで

石毛宏典
今年の西武ライオンズは行ける?石毛宏典氏に聞く

4月18日時点で7勝6敗、3位の位置にいる埼玉西武ライオンズ、辻監督に

バッターボックス
頑張れ女子野球選手!

野球は、見るのも面白いし、プレーするのも面白い!そして男子だって楽しけ

sougankyou
今年はドラフト不作の年?

 大学野球リーグもスタートし、今年のアマチュア野球シーズンが本格的に開

gorin
次は東京オリンピックで!侍ジャパン

 侍ジャパンの4年間の戦いが終わった。結果を振り返ると重い4年間だった

→もっと見る

PAGE TOP ↑