*

キューバ出身、巨人・セペダ選手、横浜DeNA・グリエル選手を評価する

公開日: : 最終更新日:2014/05/27 その他

キューバ球界が国内リーグの選手を、レンタル移籍のような形でキューバリーグのオフシーズンに外国でプレーできるように、規制を緩和した。それにより、巨人が外野手のセペダ選手と、また横浜DeNAが内野手のグリエル選手と契約をした。今日は、このセペダ選手と、まだ来日していないグリエル選手の評価を日野氏にお願いした。

 キューバの主砲・セペダ選手

セペダ選手はキューバリーグで14年間で203本塁打を記録、WBCや世界の大会でもホームランを放つ主砲として活躍してきた。しかし身長は178cmと大きくなく(ただし体重は93kg)、しかもスイッチヒッターと器用そうな印象も受ける。

セペダ選手の来日後のホームランやWBCなどの打撃を見て日野氏は、「キューバ選手らしいバッティング。打席の中で後ろの軸で打つスラッガータイプの選手」と評価しました。

それほど身長は大きくないものの、やや小さく構えた打撃から振り出されるスイングはスピードがものすごく、投手や恐怖感を感じるのではないかと思います。

 

 キューバの至宝、グリエル選手

次にまだ来日していないグリエル選手について。グリエル選手は183cm89kgながらスマートに見え、セカンド、サードを右の内野手です。キューバリーグでは13年で235本塁打と、セペダ選手よりもホームランを記録しています。

数少ない映像から、WBCや国内リーグでの打撃を見て評価をしてもらうと、「キューバ選手らしくないバッティングをする。手の長さと前で払うように打つ感じで中距離打者的な印象を受ける」ということです。

ともにキューバの主軸を打つ選手ですが、バッティングのタイプが大きく違うようで、二人がどのような活躍を見せるか非常に楽しみです。

 

 外国人選手と日本人選手の違い

タイプの違う二人ですが、バットのスイングは二人ともものすごいスピードがあります。これは身体的な面で日本人と差がある部分と言われます。

これについて日野氏は「外国人のバッターはボールを恐れない」と言います。身体的なスイングスピードがあるおかげで、投球を打つポイントは日本人選手よりも近くなります。そのため、体に当たりそうな投球が来たときには、けがの少ない背中側を向けて死球を受けています。

対して日本人はスイングスピードが劣るため、打つポイントは投手に近い場所となります。そのためスイングの始動が早くなり、スイングをしに行ってから死球を受けてしまうため、手首や指などに死球を受けてしまいます。

このようにスイングスピードの違いが、死球を受けてもけがをしにくくなることにつながり、そのため外国人選手は早い球やインコースの球を恐れずなる、ここが日本人と違うところのようです。

 

日野氏は「バットの重さや長さは、日本もメジャーも対して変わらない。違うのはバットを振る人のほう」で、当然、スイングスピードやパワーがある選手のほうが、バットコントロールできる可能性が高くなるわけです。

日本人はそのパワーの差を補うため、バッティングの技術を追求し、配球を研究してその技術は大きく発展しました。日本とメジャー、身体能力の差が野球の文化や歴史の違いにつながっているようです。

関連記事

STEPUP

野球の未来へ

東京オリンピックでは、野球が競技として実施される。2020年に向けた目標は明確になった。しかし202

記事を読む

Yoshida

プロが使う、青いピッチングマシン

少年野球から高校、大学、社会人、そしてプロ野球まで、多くの野球選手を支えているものに、ピッチングマシ

記事を読む

野球塾バッティング4

元プロ野球選手が持っているものは、技術だけではない

西武ライオンズで中心選手として黄金時代を築き、オリックスでは監督も務めた、石毛宏典氏が千葉商大付高校

記事を読む

野球キャンプイン

野球の魅力 ~キャンプもコンテンツ~

 野球の魅力シリーズ、今日はキャンプについて。プロ野球は長い歴史があり、試合だけでなくキャンプなど練

記事を読む

gorin

2020だけを見ていていいのか?

2020年に東京オリンピックが開催する事が決まり、準備にも加速感が出てきている。しかし先日、東京オリ

記事を読む

日本

次世代の台頭が輝く日本代表を作る!サッカーと野球 ~2017年WBCと2018年W杯~

 サッカーのW杯は予選グループ敗退が決定した。野球を扱うメディアだが、日本のスポーツの将来として共感

記事を読む

日本

侍ジャパンの意地

 先ほど、11月に行われる日米野球2014に出場する侍ジャパントップチームのメンバー・6人が発表され

記事を読む

Jingu

野球の魅力 ~野球ファンの深さと広さ~

 最近になり、多くの野球ファンの方と会う機会が増えましたが、みなさん圧倒されるほど野球への見識の深さ

記事を読む

STEPUP

夢をかなえるという事

ドラフト会議が終わり、プロに進む夢をかなえた選手がいる。それ以前に既に大学進学や社会人への内定をもら

記事を読む

batter

野球のW杯を開くには? ~その1~

サッカーのブラジルW杯が近づき、日本代表メンバーも発表されました。野球では国別で争い世界一を決定する

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
draft_box
この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」

石毛宏典
選手は最終的には態度で評価される

プロ野球に限らず、高校野球、大学野球などの選手は、素晴らしいバッティン

石毛宏典
エラーをしてしまったら、エラーをした選手がいたら

野球をしていて、エラーはミスはつきものです。どんな選手でも1回はエラー

石毛宏典
ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック

 いよいよ今年のドラフト会議が来週木曜日(10月26日)に開催される。

石毛宏典
石毛宏典氏は中村奨成選手を絶賛、プロもマネをするべき打撃

石毛宏典氏は今年の夏の甲子園で、久々に注目したバッターがいたと話した。

→もっと見る

PAGE TOP ↑