*

野球のW杯を開くには? ~その2~

公開日: : その他

サッカーのブラジルW杯が近づき、日本代表メンバーも発表されました。野球では国別で争い世界一を決定するという主旨の大会ではWBCが行われるものの、2013年に行われた第3回WBCでは28カ国の参加と、サッカーの203(2014年ワールドカップ予選参加国)には遠く及びません。

野球をワールドカップと言えるようにするためには、何をするべきでしょうか。今日は対策編です。

道具や場所の対策

本格的な野球をするためには、球場やグラブ、バット、ボールは、援助するという事もありますが、それでは根本的な形で野球が広がっていくという事にはなりません。

できればボールやミットはリユースの他に、衣類や革製品、木材などをリサイクルして、そこそこの硬式球が作られるようになれば素晴らしいと考えます。

球場については、サッカー場と野球場を併用する形のものはありますが、サッカー場を造る際に「野球場併用型」が採用される事は少ないと思います。オリンピックの正式競技から外された野球ですが、時間を短くするために7回にする、またはフィールドをソフトボールと共有し、スケールを統合していくといった対策案が出てきています。今後、野球場を新たに作らなくてもサッカーやクリケットなどのグラウンドで野球もでくるように、サイズや形などを変えるなど変化が必要になるかもしれません。

 

ルールや経験の対策

 教えられて覚えるものではないと思います。やはり子供のころから実際に試合を見たり、プレーする経験が必要となります。いきなり9人vs9人で試合をというのは難しいでしょうから、やはり、ゴム製のカラーボールやカラーバットなどを提供してとにかくボールを投げて打ってもらう事が良いように思います。

他にもキックベースや三角ベース、手で打つ形やボールを転がしてそれを打つ形でも良いと思います。さらにストラックアウトのように、ボールを的に当てるゲームだったり、単純に速い球を投げてそれを打てるかどうかといった遊びでもよいでしょう。

とにかく、疑似的に野球が体験できるようにすることで、経験してもらう事でしょう。

 

市場

最後に市場ですが、野球の市場もアメリカのメジャーリーグにおいては、サッカーのスーパースターと比べても引けを取らないほどの高額な契約金を手にする選手がいます。また日本においては、サッカー選手よりも高額な金額を手にすることができると考えられます。

メジャーリーグは中南米や欧州、アジアなどに育成スクールやスカウトを置き、選手の発掘を行うほか、開幕戦を各国で行うといった活動をしています。

対して、日本のプロ野球は侍ジャパンが台湾やアメリカで試合をするという事もあるでしょうが、野球の後進国であるタイやフィリピンなどで試合をやるような計画は持ち上がっていません。

本当に野球の裾野を広げるのであれば、野球後進国で侍ジャパンやプロ野球の公式戦を行っても良いのではないでしょうか。そこで1憶円をもらっているプレーヤ―が打って走って投げる姿を見せれば、自分もあれくらいは投げられるといった選手が名乗り出てくるかもしれません。

そうしてその選手が夢をつかみ高額プレーヤーになったら、その選手のファンだったり、それに続こうする選手が現れ、野球の人気が高まっていくという事になると思います。

こうした草の根に火を付けるため、日本のプロ野球球団には是非、グローバルの視点から野球の発展を考えて欲しいと思います。

 

 

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

STEPUP

野球の未来へ

東京オリンピックでは、野球が競技として実施される。2020年に向けた目標は明確になった。しかし202

記事を読む

Jingu

野球の魅力 ~野球ファンの深さと広さ~

 最近になり、多くの野球ファンの方と会う機会が増えましたが、みなさん圧倒されるほど野球への見識の深さ

記事を読む

IMG_6039

いろいろなところに野球がある

 この春卒業をして、一つ上のステージで野球を続ける選手もいるし、野球をやめて別の世界に挑戦する人もい

記事を読む

a1180_000929

キューバ出身、巨人・セペダ選手、横浜DeNA・グリエル選手を評価する

キューバ球界が国内リーグの選手を、レンタル移籍のような形でキューバリーグのオフシーズンに外国でプレー

記事を読む

naiyasyu1

野球の魅力 ~戦略性~

 野球の魅力を紹介するシリーズ、時間が空きましたが第3回、戦略と選択肢について。 第1回 野球の魅

記事を読む

日野さん

第1回プロ野球スカウト講座開催のお知らせ

 プロフェッショナルビューベースボールでは、元西武のスカウト・日野茂氏による第1回プロ野球スカウト講

記事を読む

日本

次世代の台頭が輝く日本代表を作る!サッカーと野球 ~2017年WBCと2018年W杯~

 サッカーのW杯は予選グループ敗退が決定した。野球を扱うメディアだが、日本のスポーツの将来として共感

記事を読む

batter

野球のW杯を開くには? ~その1~

サッカーのブラジルW杯が近づき、日本代表メンバーも発表されました。野球では国別で争い世界一を決定する

記事を読む

野球塾バッティング4

元プロ野球選手が持っているものは、技術だけではない

西武ライオンズで中心選手として黄金時代を築き、オリックスでは監督も務めた、石毛宏典氏が千葉商大付高校

記事を読む

石毛宏典

選手は最終的には態度で評価される

プロ野球に限らず、高校野球、大学野球などの選手は、素晴らしいバッティング、ピッチングに注目され、成績

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
draft_box
この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」

石毛宏典
選手は最終的には態度で評価される

プロ野球に限らず、高校野球、大学野球などの選手は、素晴らしいバッティン

石毛宏典
エラーをしてしまったら、エラーをした選手がいたら

野球をしていて、エラーはミスはつきものです。どんな選手でも1回はエラー

石毛宏典
ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック

 いよいよ今年のドラフト会議が来週木曜日(10月26日)に開催される。

石毛宏典
石毛宏典氏は中村奨成選手を絶賛、プロもマネをするべき打撃

石毛宏典氏は今年の夏の甲子園で、久々に注目したバッターがいたと話した。

→もっと見る

PAGE TOP ↑