*

プロ野球選手のセカンドキャリア

公開日: : プロ野球

日本野球機構は昨年限りで戦力外通告を受けた選手と、現役を引退した選手合計101人の進路調査結果を公表した。

野球関係の仕事に就いたのは7割

結果によると、プロ野球(NBP)関係の仕事についたのは52人で、内訳は選手契約7人、育成選手契約13人、コーチ6人、職員・スタッフ26人となっている。

独立リーグなどそのほかの野球関係の仕事に就いたのは11人で、四国アイランドリーグが1人、BCリーグが2人、外国のプロ野球が3人、社会人野球が5人となっている。

そして野球解説者などの職業に就いたのは7人で、野球関係の仕事に就いたのは70人と69%の割合となっている。

 

野球関係以外は3割

野球関係以外では一般会社就職などが15人で、就職が12人、自営が3人となっている。

その他では未定・不明が16人となっている。

 

受け皿の拡大は必要

プロ野球選手になるには、ほとんどの場合、小学校、中学校から野球をはじめ、高校、大学、社会人と野球の練習や試合などに集中して取り組む選手が多い。特に高校からプロ入りしたものの戦力外、引退した選手はまだ22歳前半と若いものの、同学年の大学生がようやく社会人としてデビューするという時期に、これまで続けてきた道から大きく進路を変えなければならない。

受け皿の野球としてはプロ野球以外では社会人野球が5人、独立リーグが3人、外国が3人と決して多くはない。しかしアマチュア野球資格の認定制度などができたことで、今後は母校に戻りコーチとして指導者の経験を積んでゆき、ゆくゆくは高校野球の監督になる選手も増えていくだろう。

ただしそれも数に限りはある。プロ野球を目指す中で、またはプロ野球選手として活動している間にも、セカンドキャリアのことを考え、他のキャリア形成やそのためのトレーニング、資格の取得などを行える環境があっても良いのではないかと思う。特に高校卒の選手に関しては、プロ野球選手を続けながら大学にも通えるような制度があっても良い。

日本ではこれから少子化となり、また他のスポーツに興味を持つ子も多くなって、野球選手は徐々に減少していくことが確実である。その中で野球という道を選択するために、そのような制度を充実しておく必要がある。

関連記事

1994オールスター

石毛宏典が出続けた14回のオールスター

元西武ライオンズの石毛宏典氏は、ルーキーイヤーだった1981年から1994年まで、14年連続でオール

記事を読む

バッターボックス

鳥谷選手が抜ける意味

 プロ野球のストーブリーグで、大物選手の移籍や残留などのニュースがある。特に阪神の鳥谷敬選手は、長年

記事を読む

notes

気が早いけど、来年の新人王を予想してみる

プロ野球の今年度の新人王争いは、セリーグは新人最多セーブ記録を更新したDeNAの山崎康晃投手が最有力

記事を読む

石毛宏典

今年の西武ライオンズは行ける?石毛宏典氏に聞く

4月18日時点で7勝6敗、3位の位置にいる埼玉西武ライオンズ、辻監督に代わり、選手起用の面や戦い方に

記事を読む

yokohama

野球のテレビ離れ

かつては巨人戦はすべての試合が地上波で全国中継されるなど、テレビとプロ野球中継は密接なものだった。し

記事を読む

nagoya

12球団の開幕前の想定と開幕してから ~セリーグ編~

 プロ野球も開幕して2週間が過ぎ、対戦カードも一巡した。各球団とも開幕前に想定した力が出せているチー

記事を読む

石毛宏典

石毛宏典氏が源田壮亮選手を絶賛

 社会人から西武ライオンズ入りし、1年目から遊撃手として活躍をした石毛宏典氏が、同じく1年目から西武

記事を読む

draft_box

2015ドラフトを振り返る

2015年のドラフト会議が終わりました。当サイトで取り上げた選手も指名をされていますが、まずは今年の

記事を読む

yamazaki,_at_Yokohama_Stadium

横浜DeNA・山崎康晃投手がすごいのは投げる球だけではない

2014年に横浜DeNAにドラフト1位で指名され、新人最多セーブとなる37セーブを挙げて新人王獲得確

記事を読む

miyazaki

なぜ新人投手がいきなり活躍できるのか?BIGデータとの関係

4月24日のプロ野球では、広島の大瀬良大地投手と阪神の岩崎優投手がそれぞれ2勝目を挙げた。セリーグで

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック

 いよいよ今年のドラフト会議が来週木曜日(10月26日)に開催される。

石毛宏典
石毛宏典氏は中村奨成選手を絶賛、プロもマネをするべき打撃

石毛宏典氏は今年の夏の甲子園で、久々に注目したバッターがいたと話した。

石毛宏典
石毛宏典氏が源田壮亮選手を絶賛

 社会人から西武ライオンズ入りし、1年目から遊撃手として活躍をした石毛

石毛宏典
東北楽天の快進撃と千葉ロッテの低迷を分析する

2017年のパリーグは、5月10日終了時で東北楽天が貯金12をもって首

石毛宏典
レギュラー争いと選手の成長

プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。チームの各ポジションで

→もっと見る

PAGE TOP ↑