*

プロ野球選手のセカンドキャリア

公開日: : プロ野球

日本野球機構は昨年限りで戦力外通告を受けた選手と、現役を引退した選手合計101人の進路調査結果を公表した。

野球関係の仕事に就いたのは7割

結果によると、プロ野球(NBP)関係の仕事についたのは52人で、内訳は選手契約7人、育成選手契約13人、コーチ6人、職員・スタッフ26人となっている。

独立リーグなどそのほかの野球関係の仕事に就いたのは11人で、四国アイランドリーグが1人、BCリーグが2人、外国のプロ野球が3人、社会人野球が5人となっている。

そして野球解説者などの職業に就いたのは7人で、野球関係の仕事に就いたのは70人と69%の割合となっている。

 

野球関係以外は3割

野球関係以外では一般会社就職などが15人で、就職が12人、自営が3人となっている。

その他では未定・不明が16人となっている。

 

受け皿の拡大は必要

プロ野球選手になるには、ほとんどの場合、小学校、中学校から野球をはじめ、高校、大学、社会人と野球の練習や試合などに集中して取り組む選手が多い。特に高校からプロ入りしたものの戦力外、引退した選手はまだ22歳前半と若いものの、同学年の大学生がようやく社会人としてデビューするという時期に、これまで続けてきた道から大きく進路を変えなければならない。

受け皿の野球としてはプロ野球以外では社会人野球が5人、独立リーグが3人、外国が3人と決して多くはない。しかしアマチュア野球資格の認定制度などができたことで、今後は母校に戻りコーチとして指導者の経験を積んでゆき、ゆくゆくは高校野球の監督になる選手も増えていくだろう。

ただしそれも数に限りはある。プロ野球を目指す中で、またはプロ野球選手として活動している間にも、セカンドキャリアのことを考え、他のキャリア形成やそのためのトレーニング、資格の取得などを行える環境があっても良いのではないかと思う。特に高校卒の選手に関しては、プロ野球選手を続けながら大学にも通えるような制度があっても良い。

日本ではこれから少子化となり、また他のスポーツに興味を持つ子も多くなって、野球選手は徐々に減少していくことが確実である。その中で野球という道を選択するために、そのような制度を充実しておく必要がある。

関連記事

ishige2

石毛宏典氏が語る、スランプに落ちる瞬間と2年目のジンクス

プロ野球選手は143試合の長丁場を戦う、この間に何度か調子のよい時と悪い時を迎える。プロ野球で16年

記事を読む

draft_box

2015ドラフトを振り返る

2015年のドラフト会議が終わりました。当サイトで取り上げた選手も指名をされていますが、まずは今年の

記事を読む

日本列島

自民党へ逆提言、16球団に増やす為にこれが必要!

 自由民主党の「日本再生ビジョン」に、プロ野球の球団数を、静岡、北信越、四国、沖縄などプロ野球の無い

記事を読む

STEPUP

育成ドラフト指名選手の支配下登録率はどのくらいか?

 2014年のドラフト会議は育成ドラフト会議で23人が指名されました。各球団の新入団選手発表でも紹介

記事を読む

notes

新春のスカウトの動き

 年が明けた。12月までに前年にドラフト会議で指名した選手との契約が終わってから、スカウトにとって束

記事を読む

バッターボックス

プロ野球12球団のスタメンを見てみる

プロ野球のペナントレースも、各球団20試合程度を消化している。石毛宏典氏は「なんでスタメンを固定しな

記事を読む

a0001_009104

野球の魅力 ~体型に関係なくいろんな才能に活躍を与える球技~

 野球の魅力について1回目では、団体競技でありながら、個人vs個人が注目されるスポーツということを紹

記事を読む

記者会見

【ドラフト会議特集2】ドラフト会議を待つ選手の心境、王道のドラフト候補・上田浩明の場合

 ドラフト会議を待つ選手にとっては、10月23日のドラフト会議に向けてそわそわしたような時期が続くよ

記事を読む

石毛宏典

石毛宏典氏が2016年シーズンを振り返る:パリーグ編

2016年のシーズンについて、元西武ライオンズの石毛宏典氏に振り返ってもらった。今日はパリーグ編。

記事を読む

notes

プロ野球選手とセカンドキャリア

日本プロ野球機構(NPB)は、現役プロ野球選手による「セカンドキャリアに関するアンケート」の結果を公

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
大谷翔平選手はメジャーで二刀流で活躍できるか、石毛宏典氏に聞く

いよいよ大谷翔平選手が、メジャーに移籍した。アナハイムエンゼルスで今季

draft_box
この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」

石毛宏典
選手は最終的には態度で評価される

プロ野球に限らず、高校野球、大学野球などの選手は、素晴らしいバッティン

石毛宏典
エラーをしてしまったら、エラーをした選手がいたら

野球をしていて、エラーはミスはつきものです。どんな選手でも1回はエラー

石毛宏典
ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック

 いよいよ今年のドラフト会議が来週木曜日(10月26日)に開催される。

→もっと見る

PAGE TOP ↑