*

プロ野球選手のセカンドキャリア

公開日: : プロ野球

日本野球機構は昨年限りで戦力外通告を受けた選手と、現役を引退した選手合計101人の進路調査結果を公表した。

野球関係の仕事に就いたのは7割

結果によると、プロ野球(NBP)関係の仕事についたのは52人で、内訳は選手契約7人、育成選手契約13人、コーチ6人、職員・スタッフ26人となっている。

独立リーグなどそのほかの野球関係の仕事に就いたのは11人で、四国アイランドリーグが1人、BCリーグが2人、外国のプロ野球が3人、社会人野球が5人となっている。

そして野球解説者などの職業に就いたのは7人で、野球関係の仕事に就いたのは70人と69%の割合となっている。

 

野球関係以外は3割

野球関係以外では一般会社就職などが15人で、就職が12人、自営が3人となっている。

その他では未定・不明が16人となっている。

 

受け皿の拡大は必要

プロ野球選手になるには、ほとんどの場合、小学校、中学校から野球をはじめ、高校、大学、社会人と野球の練習や試合などに集中して取り組む選手が多い。特に高校からプロ入りしたものの戦力外、引退した選手はまだ22歳前半と若いものの、同学年の大学生がようやく社会人としてデビューするという時期に、これまで続けてきた道から大きく進路を変えなければならない。

受け皿の野球としてはプロ野球以外では社会人野球が5人、独立リーグが3人、外国が3人と決して多くはない。しかしアマチュア野球資格の認定制度などができたことで、今後は母校に戻りコーチとして指導者の経験を積んでゆき、ゆくゆくは高校野球の監督になる選手も増えていくだろう。

ただしそれも数に限りはある。プロ野球を目指す中で、またはプロ野球選手として活動している間にも、セカンドキャリアのことを考え、他のキャリア形成やそのためのトレーニング、資格の取得などを行える環境があっても良いのではないかと思う。特に高校卒の選手に関しては、プロ野球選手を続けながら大学にも通えるような制度があっても良い。

日本ではこれから少子化となり、また他のスポーツに興味を持つ子も多くなって、野球選手は徐々に減少していくことが確実である。その中で野球という道を選択するために、そのような制度を充実しておく必要がある。

関連記事

draft_box

【ドラフト会議特集10】ドラフト会議、各球団の抽選の勝率は?

 今年のドラフト会議でも1位指名で1人の選手に複数の球団が指名する可能性が高いとみられています。そこ

記事を読む

新芽

期待が不安を上回る、3月を楽しもう!

 いよいよ3月に入る。日本の場合、多くの物事の1年間の活動が3月で終わり、4月から新しい1年が始まる

記事を読む

石毛宏典

左打者には左投手?確実性を上げるために逆方向を狙う?野球の常識とは

日本の野球で常識と考えられている事について、元西武ライオンズの石毛宏典氏に聞いた。 夏の甲子園で北

記事を読む

Koushien

松坂大輔が帰ってくる!その1

 日本の野球に松坂大輔が帰ってくる。松坂大輔投手の活躍を振り返る。 高校2年から急成長  松坂大

記事を読む

バッターボックス

器用だけど不器用だった「秋山幸二選手」はメジャーを狙えたか?

 福岡ソフトバンクの秋山幸二監督、2011年には日本一の監督になったが、選手時代も西武ライオンズで主

記事を読む

STEPUP

器用な選手じゃないから続けられた野球人生、石井一久投手、里崎智也選手の引退

 昨日、埼玉西武で昨年まで22年間プレーをした石井一久投手の引退セレモニーが行われた。石井投手は千葉

記事を読む

石毛宏典

野球のセンスとは?天才は存在するのか?元プロ野球選手が語る

プロ野球の世界に、天才と呼ばれる選手がいる。それではプロ野球選手から見て「天才」はいるのだろうか?西

記事を読む

notes

気が早いけど、来年の新人王を予想してみる

プロ野球の今年度の新人王争いは、セリーグは新人最多セーブ記録を更新したDeNAの山崎康晃投手が最有力

記事を読む

石毛宏典

石毛宏典氏が2016年シーズンを振り返る:セリーグ編

2016年のシーズンについて、元西武ライオンズの石毛宏典氏に振り返ってもらった。今日はセリーグ編。

記事を読む

notes

プロ野球の今昔

 元横浜大洋ホエールズの清水宏悦氏、元西武ライオンズの守備の名手・上田浩明氏、そして元中日ドラゴンズ

記事を読む



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
石毛宏典氏が源田壮亮選手を絶賛

 社会人から西武ライオンズ入りし、1年目から遊撃手として活躍をした石毛

石毛宏典
東北楽天の快進撃と千葉ロッテの低迷を分析する

2017年のパリーグは、5月10日終了時で東北楽天が貯金12をもって首

石毛宏典
レギュラー争いと選手の成長

プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。チームの各ポジションで

石毛宏典
今年の西武ライオンズは行ける?石毛宏典氏に聞く

4月18日時点で7勝6敗、3位の位置にいる埼玉西武ライオンズ、辻監督に

バッターボックス
頑張れ女子野球選手!

野球は、見るのも面白いし、プレーするのも面白い!そして男子だって楽しけ

→もっと見る

PAGE TOP ↑