*

京都大学の勝ち点への道のり

公開日: : 大学野球

関西学生野球リーグの京都大学が5月7日の同志社大戦で勝利し、23季ぶりの勝ち点を挙げた。この勝ち点の獲得までの道のりを紹介する。

監督と選手の成長

2009年11月、京都大学は京都大学野球部OBではない人物が監督に就任した。沖縄・興南高校の監督として6度の甲子園出場を果たし、阪神で活躍した仲田幸司投手や、現在中日の投手コーチを務める友利結投手を育てた、比屋根吉信監督である。

比屋根監督は2010年のシーズンからチームの指揮を執ったものの、2010年は春、秋ともに勝利をつかむことはできなかった。しかし2011年春、ある選手の活躍がリーグを沸かせた。京都大の4年生・新実彰平選手が29打数12安打、打率.414で首位打者に輝いたのだ。12本とも単打のコツコツと積み上げたもので、その後、プロ入りした金子侑司選手などを抑えての首位打者だった。

新実選手は関西テレビでアナウンサーをしている。

 しかし2011年も勝利をつかむことができず、連敗はつながってしまっていた。そして2012年、今度は投手に輝く選手が登場する。2年生になった田中英祐投手で、球速は147キロを計測し、白陵高校時代は兵庫県大会で、甲子園にも出場している強豪の加古川北を相手に7回1失点と好投をしたこともある投手だった。

その田中投手は関西学院大戦に先発すると、9回を投げて5安打完封勝利、これで京都大の連敗は60で止まり、勝ち点までの道が始まる。

 

監督の退任とエース

京都大学である。名門大学リーグの野球部とはいっても、やはり甲子園に出場した選手がいるわけではなく、リーグのほかのチームである、同志社大、立命館大、関西学院大、関西大、近畿大と比べると、質も量も劣っていた。投手が好投してもエラーで足を引っ張ったり、田中投手以外の投手は大量失点して敗れるケースも見られた。

そして2010年から指揮を執ってきた比屋根監督が2012年に突然辞任する。「基礎ができ、選手がやればできるということは分かったはず。次の世代にバトンタッチする時期だと思う」と取材に応えたが、名将はわずか3年で交代することになる。

2012年は春1勝10敗1引き分け、秋も同じだった。そして迎えた2013年、京都大は他の大学と接戦を演じるようになる。1戦目は田中英祐投手が延長戦も一人で投げ切る奮闘を見せ、2戦目は冨田真吾投手が先発して3,4回を投げて、リリーフえ田中英祐投手が連投するというパターンで、勝ち点を奪いに行く。その結果、春は2勝を挙げたが、勝ち点は奪うことができなかった。

そして2013年秋、田中英祐投手は立命館大との1回戦で延長21回、237球を一人で投げ抜き、0-0の引き分けに持ち込んで話題となった。このシーズンは1勝どまりも、田中英祐投手はほかにも延長15回を投げて敗れた試合もあり、その結果、ベストナインに選ばれるのだった。

 

田中抜きで勝利

勝ち点を奪うには、同じチームとのカードで2連戦で2勝するか、3試合で2勝を挙げる必要がある。田中投手はリーグを代表する投手に育っていたが、どうしても2戦目、3戦目の勝利が必要だった。チームでは「田中抜きで勝利を」が合言葉となった。

そして2014年、田中英祐投手が4年生となり最後の年である。田中投手のような投手が再び京都大にいることは、これまでもこれからもほとんど無いだろう。プロのスカウトが話題性だけでなく即戦力として注目するほどの投手だった。

まず開幕カードの関西学院大戦で開幕戦を田中投手が2-1で勝利する。しかし2戦目は1-11で大敗すると3戦目は田中投手も勢いを止められず3-7で勝ち点を奪うことができなかった。

続くカードは近畿大、初戦は田中投手が好投するも0-1で敗れた。しかし2戦目、冨田投手が3回を1失点、田中投手が6回を無失点に抑えると、チームが9回に2点を奪い逆転サヨナラで勝利を手にした。しかし3回戦、初回に3点を奪ったものの、冨田投手、田中投手が失点し3-10で敗れ、再び勝ち点は奪えなかった。

勝ち点を奪うチャンスはあと3回、迎えた同志社大戦の初戦、田中英祐投手が完封し再びチャンスが訪れる。そして2戦目、京都大は勝負をかけ、田中投手を連投の先発マウンドに送った。しかしこの賭けは失敗し1-2で試合を落とす。エースは3連投も辞さずとベンチで準備をした3戦目、冨田投手がリーグ初勝利、初完封で念願の勝ち点を奪った。

実にここまで田中投手がリーグ通算7勝24敗、冨田投手が1勝12敗、ようやくつかんだ勝ち点だった。

 

京都大は4位に浮上し、残り4連勝すればリーグ優勝の可能性も出てきている。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

大学野球はもっと発展できないか

 大学野球選手権、神宮球場や東京ドームに足を運ぶと、以前に比べると人が増えた気もする。雨の多い季節の

記事を読む

東都で優勝した専修大学、まだ狼煙を上げただけに過ぎない

 東都大学リーグは専修大が26年ぶりの優勝を飾った。前回優勝時に6勝を挙げてMVPを獲得した岡林洋一

記事を読む

創価大・田中正義投手を元プロスカウトが評価、高校生の時に獲れなかった理由

 大学野球選手権で大きな話題となったのは、創価大学の2年生・田中正義投手だった。球速が出にくいといわ

記事を読む

【大学野球選手権特集】仙台大・熊原健人投手を元プロスカウトが評価する

 大学野球選手権が始まりました。大会前に巨人がスカウト会議を開き、富士大の多和田真三郎投手と共に、仙

記事を読む

70連敗を止めにいった東大の誤算

東京六大学では東京大学がワーストタイの70連敗となった。2010年の早稲田大学戦で斎藤佑樹投手に勝っ

記事を読む

2016年のドラフト候補の目玉・田中正義投手

2015年のドラフト会議が終わり、2016年のドラフト会議に向けたスカウト活動がスタートしている。

記事を読む

しっかりとやるべきことを繰り返して、東京大学の野球部の勝利

 東京六大学リーグでは東京大学が、2010年10月2日に早稲田大に勝って以来、約4年半にわたって94

記事を読む

大学野球に危惧、石毛宏典氏が語る

ドラフト会議のシーズンが近づいてくる。高校野球の選手はテレビ中継などもあり、また青春のドラマとして注

記事を読む

駒澤大の2軍降格についてOBの石毛宏典氏が語る

東都大学リーグの1部2部入れ替え戦で、1部6位の駒澤大は、2部1位の東洋大に1勝2敗と負け越し2部降

記事を読む

新・慶応義塾大野球部が始動、全国大会で優勝するために

 慶応義塾大は大学野球の雄である。早稲田大とともに日本の野球の発展を担ってきた。東京六大学でも今年春

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑