*

野球の練習で頭を使う事の大切さ

公開日: : 少年野球指導

野球塾のZEROベースボールアカデミーでは1日にキャッチボール、守備練習、そして打撃練習を効率よく進めていきます。それぞれの練習でコーチからのアドバイスありますが、1日参加すれば、10は20は覚えることがあるのではないかと思います。

しかし、選手は一度に覚えることはできません。週に数回の練習で上達するには、どうすればよいでしょう?


指示やアドバイスはすぐに忘れてしまう

ある日の内野守備練習の場面でコーチより、「ベースにはカニ歩きで入るように」というあり、実際にプレーを見せてのアドバイスがありました。選手はそれをよく見て、または前の人のプレーをまねて、それ以降はコーチのプレーに近い形でプレーをします。

しかし、次に「ミットは早めに胸のところで構える」という指示が飛びました。そうすると、ミットを早めに構えるようになったのですが、カニ歩きで入る事は忘れてしまい、それ以降の選手も前の選手のプレーをまねているので、カニ歩きでベースに入ることはしなくなってしまいました。

このように守備練習だけでも、全体と個人にアドバイスが入ります。そして指示を受けてその場では良くなったように見えるのですが、次の練習日には、またはその日のうちに忘れてしまう選手がたくさんいます。

 

指示を受けたら考える!

 このことをコーチに質問をすると、次のような答えが返ってきます。

「頭で考えてプレーしているかどうかで、次の日にできるようになる選手とできていない選手がいます。」

 

指示を受けたときに、なぜその形でプレーをする方がいいのかを考える事が必要です。そこで考える事で、その日のうちに忘れてしまっても、考えた事は覚えているので塾での練習日以外の練習などで思い出すことができます。

塾での練習日は毎日ではありません。コーチも付きっ切りで見れるわけではありません。なぜ、そうしたほうが良いのかを常に考えるようにしましょう。

 

考える力を育てる

野球は考えるスポーツとよく言われます。試合中に、実際にその選手がバッターボックスに入ったり、守備で打球を追いかけている時間はほとんどないといえるでしょう。1試合2時間のうち、その他の時間は頭を使う時間です。

守備ならば状況を把握して、打者のデータを思い出して、次のプレーを想像し、そのプレーに備える。打者ならば、投手のデータを思い出して、変化球の軌道を思い出して、配給を考えて、次の投球に備える。常に頭を使っています。

このように野球は、何かがあったら、それを考える時間があるスポーツです。練習でも、捕球できなかったり、指示を受けたら、なぜ捕れなかったのか、そのような指示を受けたのかを常に考えるくせをつけましょう。

プレーだけでなく、頭を使える選手として成長していくはずです。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

mound

自主性と個性的なフォーム

 メジャーリーガーには、独特な投球フォームやバッティングのフォームで打つ強打者がいると言われる。一方

記事を読む

野球塾キャッチボール2

元プロ野球選手のキャッチボールは「キャッチボール」だった

 キャッチボール、というと2人以上でボールを投げ合って、試合前に体や肩を温めたりほぐしたりするものと

記事を読む

野球塾バッティング4

配球を読む事は技術不足を補う事にはならない

日本のプロ野球では、投手や捕手の配球や、配球を読む事がクローズアップされる事が多い。野球解説でも詳細

記事を読む

野球塾守備1

元プロ野球選手が教える守備練習は違った!

 元プロ野球選手が教える野球塾・ZEROベースボールアカデミーでは、この日も内野守備の練習が行われた

記事を読む

20160202

変わる野球の育成システム

野球界は現在大きく変わっている状態と考える。多くの選手の中から有望な選手を探していく形から、選手を育

記事を読む

バッターボックス

野球のムーブメントと特徴、右投げ左打ち

 野球界にもムーブメントがある。ネックウォーマーのような防寒具だったり、防具なども技術の進化やファッ

記事を読む

石毛宏典

野球を考える時間を毎日つくる

阪神で大活躍中の高山俊選手は、大学時に監督より、毎日10分間スパイクを磨くように指示をされたという。

記事を読む

野球塾バッティング3

作り上げるのは一生、失うのは一瞬

これまで多くのアマチュア選手を見てきたが、プロ入り後、すぐに大化けした選手というのはいない。逆にプロ

記事を読む

新芽

上の学年を目指して

小学生の場合、低学年と高学年では体格もその他も大きな差がある。4年生と6年生でもかなりの身長の差があ

記事を読む

zero_baseball1102

元プロ野球選手が教えるという事

元プロ野球選手が、大学野球や高校野球、そして少年野球チームの監督やコーチとして選手を指導しているケー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
draft_box
この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」

石毛宏典
選手は最終的には態度で評価される

プロ野球に限らず、高校野球、大学野球などの選手は、素晴らしいバッティン

石毛宏典
エラーをしてしまったら、エラーをした選手がいたら

野球をしていて、エラーはミスはつきものです。どんな選手でも1回はエラー

石毛宏典
ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック

 いよいよ今年のドラフト会議が来週木曜日(10月26日)に開催される。

石毛宏典
石毛宏典氏は中村奨成選手を絶賛、プロもマネをするべき打撃

石毛宏典氏は今年の夏の甲子園で、久々に注目したバッターがいたと話した。

→もっと見る

PAGE TOP ↑