*

井川慶投手はなぜMLBで通用しなかったのか

公開日: : プロ野球

パシフィックリーグではオリックスの好調さが光っている。西勇輝投手、金子千尋投手の活躍はもちろんだが、先日は井川慶投手が5回1失点で2勝目を挙げた。阪神時代に20勝も記録した井川投手、なぜメジャーで通用しなかったのか、そしてなぜ復活ができたのかを探る。

阪神時代とヤンキース時代

井川慶投手は水戸商業から1997年にドラフト2位で阪神に入団し、2001年に9勝すると2002年に14勝、2003年には20勝を記録している。その後も13勝、14勝を続け、9年間で86勝を挙げた。当時の映像を見ると、大きくテイクバックしたフォームから角度のある140キロ後半の速球を投げ、カーブでタイミングを外して三振を奪っていた。

この活躍もあり、2006年のオフにポスティングによりヤンキースが約2600万ドル(約30億円)で落札し、5年2000万ドルの大型契約を結んだ。

しかしヤンキースでは初先発で5回8安打4四死球7失点、2本のホームランを打たれると、次の試合は6回5安打2失点と好投したもののリリーフでの調整となる。その後はリリーフと先発で登板したが、マイナーとメジャーを行き来したあと、2008年7月にメジャー契約を解除された。

その後2011年までマイナーでプレーをしたが結果を出せず、2012年にオリックスに入団し日本球界に復帰する。

変化球に課題

井川慶投手がメジャーで通用しなかった理由について、日野茂氏は変化球を指摘している。井川投手の場合、日本で140キロ後半を記録していたが、140キロ前後の時も多かったようで、球速からすればメジャーリーグでは遅い方となる。そして日本では武器となっていたタイミングを外す緩いカーブだが、メジャーリーグの打者はその遅い変化球を簡単に見逃し、ストレートを狙うことができていたという。

その後、井川投手はテイクバックを小さくして腕が見えにくいフォームにしてみたり、小さな曲がりのやや速い変化球などの習得に取り組んでいたが、日本の良かった時のようなダイナミックさは無くなり、フォームも素人が見ても力の入らないような形になってしまっていた。

 

オリックスで復活

井川投手はオリックスに入団後、2012年は2勝2敗、2013年は3勝7敗といまいちだったが、今年は既に2勝を挙げた。スタイルを見ると、ストレートとカーブで勝負していた物ではなく、スライダーなど多彩な変化球で勝負する投手となり、先日の福岡ソフトバンク戦では5回7安打7奪三振、ランナーを許しながらも好調ソフトバンク打線の打ち気をかわし、1失点に抑える頭脳的なピッチングをしていた。

メジャーリーグへの挑戦は、その結果は決して良くなかったが、その経験が今年の井川投手を支えている。もしあの時メジャーに行かず、阪神・井川慶が投げ続けていたらどうなっていたのかは想像できないが、今の井川投手も素晴らしい。

 

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

1994オールスター

石毛宏典が出続けた14回のオールスター

元西武ライオンズの石毛宏典氏は、ルーキーイヤーだった1981年から1994年まで、14年連続でオール

記事を読む

石毛宏典

今永昇太投手、上原健太投手、岡田明丈投手を石毛宏典、元プロスカウト・日野茂が斬る

今日はドラフト1位候補に名前のあがる駒澤大・今永昇太投手と、明治大の上原健太投手、大商大の岡田明丈投

記事を読む

batter

日本人打者よ、空振りやエラーをしてさらに上を目指せ!

 プロ野球はオールスター出場選手がすべて決定した。投手陣では大谷翔平投手をはじめ、菅野智之投手、則本

記事を読む

石毛宏典

左打者には左投手?確実性を上げるために逆方向を狙う?野球の常識とは

日本の野球で常識と考えられている事について、元西武ライオンズの石毛宏典氏に聞いた。 夏の甲子園で北

記事を読む

ishige2

新監督は活躍できるか

来年は巨人の高橋由伸監督、阪神の金本知憲監督、横浜DeNAのラミレス監督が指揮を執る。共に監督就任は

記事を読む

新芽

元スカウトがこれからプロに進む選手に伝えたいことは、「ビビって生きろ!」

 プロ野球ではドラフト会議で指名された選手が、続々と仮契約を交わしている。いよいよプロの道を歩む。そ

記事を読む

naiyasyu1

プロ野球選手のポジションの変更は?

プロ野球では時折、大胆なコンバートが注目される事がある。中日で「アライバ」と言われていた井端選手と荒

記事を読む

a1180_001266

選手の故障の昨今

 左前腕外側部橈側手根伸筋損傷、右膝蓋靱帯炎、右前距腓靱帯損傷、現在のプロ野球選手は、病名も正確に、

記事を読む

yokohama

野球のテレビ離れ

かつては巨人戦はすべての試合が地上波で全国中継されるなど、テレビとプロ野球中継は密接なものだった。し

記事を読む

STEPUP

器用な選手じゃないから続けられた野球人生、石井一久投手、里崎智也選手の引退

 昨日、埼玉西武で昨年まで22年間プレーをした石井一久投手の引退セレモニーが行われた。石井投手は千葉

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
石毛宏典氏が源田壮亮選手を絶賛

 社会人から西武ライオンズ入りし、1年目から遊撃手として活躍をした石毛

石毛宏典
東北楽天の快進撃と千葉ロッテの低迷を分析する

2017年のパリーグは、5月10日終了時で東北楽天が貯金12をもって首

石毛宏典
レギュラー争いと選手の成長

プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。チームの各ポジションで

石毛宏典
今年の西武ライオンズは行ける?石毛宏典氏に聞く

4月18日時点で7勝6敗、3位の位置にいる埼玉西武ライオンズ、辻監督に

バッターボックス
頑張れ女子野球選手!

野球は、見るのも面白いし、プレーするのも面白い!そして男子だって楽しけ

→もっと見る

PAGE TOP ↑