*

出場選手登録・抹消からチーム状況を見る、パシフィックリーグ

公開日: : プロ野球

 プロ野球は3月28日に開幕し3週間が経過しました。パシフィックリーグは4月21日終了時点で、福岡ソフトバンクが12勝6敗で首位を走り、オリックスが13勝7敗で追う展開です。東北楽天が10勝10敗、北海道日本ハムは10勝11敗で5割付近におり、千葉ロッテが8勝11敗とやや苦しみ、埼玉西武が6勝14敗と大きく出遅れました。出場選手登録からチーム状況を見てみます。

 

出場選手登録・抹消

ここまでのパシフィックリーグ6チームの出場選手登録、抹消の状況をまとめました。4月4日までの情報は、開幕に合わせて先発投手が登録されるなど入れ替わりが多いため、表には入れていません。

  ソフトバンク オリックス 東北楽天 北海道日本ハム 千葉ロッテ 埼玉西武
–  登録 抹消 登録 抹消 登録 抹消 登録 抹消 登録 抹消 登録 抹消
4/5 土             浦野 稲葉        
4/6 日     吉田 大山                
4/7 月       吉田   小山   大塚
武田勝
  上野    
4/8 火     縞田   西村   矢貫
榎下 
武田久 益田      
4/9 水             鍵谷 金平        
4/10 木             斎藤佑          
4/11 金       ベタンコート 武藤
青山

長谷部
斎藤勝 斎藤佑 ハフマン 荻野貴 武山 鬼崎
4/12 土     T岡田                  
4/13 日         伊志嶺 武藤     服部

金澤
三木 
大谷
吉原
江村
加藤翔 
   
4/14 月       山本和                
4/15 火     マエストリ           伊志嶺 清田     
4/16 水                     林崎 武山 
4/17 木     中山
川端 
岸田
海田 
    中村勝
石川 
榎下
岡 
細谷 今江     
4/18 金           金刃   中村勝 上野
川本
服部
金澤 
山崎
永江
金子
林崎 
合計人数 0人 6人 5人  9人 10人 4人

 

福岡ソフトバンクはなんと入れ替えが0人、オープン戦で活躍して開幕1軍登録された選手が、そのまま活躍を続けてダッシュに成功しています。けが人も無く、投手も先発、リリーフがバランス良く投球しており、披露も負担も今のところ無い理想的な展開となっています。

次に少なかったのが最下位の埼玉西武。伊原監督が就任して1年目という事で、今年はチームを強くするために方針を持って闘いをしているように見えます。

オリックスは6人、東北楽天は5人と比較的少なくなっています。オリックスの場合は投手、外野手、内野手などバランス良く入れ替えをしているのに対し、東北楽天は投手、特にリリーフ投手の入れ替えを盛んに行っており、投手を中心とした守りの野球が持ち味の東北楽天ですが、今一つ乗りきれていないため、星野監督の苦労が見えます。

北海道日本ハムは9人を入れ替えました。投手が中心ですが、浦野投手、斎藤佑投手、中村勝投手などを1軍登録してはすぐに降格させており、先発陣がまだ整っていない状況を示しています。武田勝投手や斎藤佑樹投手といったオープン戦に想定していたローテーションが崩れ、いろいろな選手を試している状況と言えます。

千葉ロッテは10人を入れ替えています。荻野選手や今江選手が怪我で離脱し、更にリリーフ陣も激しく入れ替えをしています。オープン戦では好調でしたが開幕するとつまずきを見せ、伊東監督の想定通りとはいかなかったようです。

ルーキー4人が出場するなど、世代交代も進めている千葉ロッテ、いろいろと選手を試す中で誰がレギュラーを掴むでしょうか。また、そういう選手が出てきて入れ替えが少なくなった時、チームは浮上するかもしれません。

 

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

2016年ドラフト指名選手を評価する

 元西武ライオンズの石毛宏典氏と、元西武スカウトの日野茂氏に、今年のドラフト会議で指名された選手につ

記事を読む

【ドラフト会議特集9】ドラフト会議を10倍楽しくするためのテレビ番組

 10月23日に行われるドラフト会議まであと1週間を切った。今年のドラフト会議を楽しむためにも、今週

記事を読む

器用だけど不器用だった「秋山幸二選手」はメジャーを狙えたか?

 福岡ソフトバンクの秋山幸二監督、2011年には日本一の監督になったが、選手時代も西武ライオンズで主

記事を読む

東京オリンピック、野球の実施の課題~その1~

 2020年の東京オリンピックで野球、ソフトボールの実施の可能性が徐々に高まってきた。オリンピックに

記事を読む

小さな選手も大きな活躍ができる

高校野球では早稲田実の清宮幸太郎選手と、履正社の安田尚憲選手が活躍を見せ、早くも来年のドラフトの目玉

記事を読む

身体的能力が目立たなかった稲葉篤紀選手が、プロ野球を大きく発展させた

 北海道日本ハムの稲葉篤紀選手が今季限りで引退をする。法政大の時にドラフト会議で3位でヤクルトが指名

記事を読む

この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」にて、ドラフト1位指名されそう

記事を読む

野球選手はいつ休むのか

 お正月に走ったりキャッチボールをしたりと、野球選手はプロ、アマチュア関係なく練習を続けていたという

記事を読む

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャプテンだった石毛宏典氏も待ち望

記事を読む

横浜DeNA・山崎康晃投手がすごいのは投げる球だけではない

2014年に横浜DeNAにドラフト1位で指名され、新人最多セーブとなる37セーブを挙げて新人王獲得確

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑