*

出場選手登録・抹消からチーム状況を見る、セントラルリーグ

公開日: : プロ野球

 プロ野球は3月28日に開幕し3週間が経過しました。4月17日終了時点で、セントラルリーグでは広島が貯金6つで首位、巨人は貯金が3つで2位となり、逆に東京ヤクルトは借金4つ、横浜DeNAは借金8つと苦しんでいます。出場選手登録からチーム状況を見てみます。

 

出場選手登録・抹消

ここまでのセントラルリーグ6チームの出場選手登録、抹消の状況をまとめました。4月4日までの情報は、開幕に合わせて先発投手が登録されるなど入れ替わりが多いため、表には入れていません。

  広島 巨人 阪神 中日 東京ヤクルト 横浜DeNA
登録 抹消 登録 抹消 登録 抹消 登録 抹消 登録 抹消 登録 抹消
4/5 土         秋山 岩本             
4/6 日 今村 久本     渡辺 秋山 藤井 工藤        
4/7 月                   村中
中澤 
  西森
4/8 火                 ナーブソン
真田
  荒波  
4/9 水     今村 青木     エルナンデス        
4/10 木         歳内
鶴岡
渡辺
清水
           
4/11 金 上本 岩本     伊藤  歳内 朝倉 若松     土屋
下園
菊地
宮崎 
4/12 土             ゴメス 福田 ロマン
今浪
森岡
ミレッジ
嶺井 黒羽根
4/13 日                 木谷 押本    
4/14 月                        
4/15 火                        
4/16 水                        
4/17 木                       ブランコ
4/18 金     久保 今村             中村  
合計人数 2人 2人 5人  4人 5人 5人

※阪神は3月30日に西岡剛選手がケガのため抹消、東京ヤクルトは4月2日にバーネット投手がケガのため抹消。

 

上位2チームは入れ替えが少なく、オープン戦で選手を見極めてそのままの状態でシーズンも成績を残せている。逆に、中日は4人、阪神、東京ヤクルト、横浜DeNAは5人を入れ替えているが、阪神は序盤に西岡剛選手のケガや乱打戦となる試合が多く低迷したものの、先発、リリーフ投手、そして捕手の入れ替えが成功し、現在は3位となっている。

中日も調子がオープン戦などで期待されていた工藤選手がケガのため抹消となっているが、特徴的な動きはみられない。

逆に、東京ヤクルトはリリーフエースのバーネット選手や好調だった森岡選手がケガのために離脱し、横浜DeNAも正捕手だった黒羽根選手や、4番のブランコ選手が抹消となり、チームの軸の部分がケガのため失われている厳しい状況となっている。

 

今の時期は、まだ選手の疲労による入れ替えは少なく、期待していた選手が結果を残せなかった事による入れ替えが多いと推測できる。ケガによる入れ替えの多い球団はやはり低迷してしまう。

下位4球団が入れ替えを行って、チームが安定した状況になるか、今後のペナントレースのカギとなる。

 

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

mound

野球の魅力 ~人vs人の世界~

 野球の魅力の一つに、チーム競技でありながら個人競技の魅力を持つ点があります。そしてそれは、「誰にも

記事を読む

STEPUP

器用な選手じゃないから続けられた野球人生、石井一久投手、里崎智也選手の引退

 昨日、埼玉西武で昨年まで22年間プレーをした石井一久投手の引退セレモニーが行われた。石井投手は千葉

記事を読む

QVC

12球団の開幕前の想定と開幕してから ~パリーグ編~

 プロ野球が開幕して対戦相手が一巡し、自軍のチーム戦力やチーム状態、そして相手の戦力の手応えを感じて

記事を読む

12球団エース

エースの系譜はあるのか?

プロ野球にもアマチュアの野球チームにも、エースという投手の存在がいるとチームが高いレベルで安定すると

記事を読む

石毛宏典

吉田正尚選手、高山俊選手、ドラフト1位候補を石毛宏典、日野茂が斬る

前回に引き続き、今年のドラフト会議で1位指名に名前の挙がる選手を、石毛宏典氏、日野茂氏に斬ってもらい

記事を読む

sendai

合理的な補強とその危うさ、東北楽天のチーム作り

 東北楽天は2004年オフからプロ野球に参入し、当時の近鉄やオリックスから分割ドラフトで選手が加わっ

記事を読む

notes

気が早いけど、来年の新人王を予想してみる

プロ野球の今年度の新人王争いは、セリーグは新人最多セーブ記録を更新したDeNAの山崎康晃投手が最有力

記事を読む

新芽

元スカウトがこれからプロに進む選手に伝えたいことは、「ビビって生きろ!」

 プロ野球ではドラフト会議で指名された選手が、続々と仮契約を交わしている。いよいよプロの道を歩む。そ

記事を読む

naiyasyu1

プロ野球選手のポジションの変更は?

プロ野球では時折、大胆なコンバートが注目される事がある。中日で「アライバ」と言われていた井端選手と荒

記事を読む

野球キャンプイン

日本人コーチが外国人選手に教えているもの

日本のプロ野球には、毎年多くの外国人選手がプレーをしています。昨年は東京ヤクルトのバレンティン選手が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
石毛宏典氏が源田壮亮選手を絶賛

 社会人から西武ライオンズ入りし、1年目から遊撃手として活躍をした石毛

石毛宏典
東北楽天の快進撃と千葉ロッテの低迷を分析する

2017年のパリーグは、5月10日終了時で東北楽天が貯金12をもって首

石毛宏典
レギュラー争いと選手の成長

プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。チームの各ポジションで

石毛宏典
今年の西武ライオンズは行ける?石毛宏典氏に聞く

4月18日時点で7勝6敗、3位の位置にいる埼玉西武ライオンズ、辻監督に

バッターボックス
頑張れ女子野球選手!

野球は、見るのも面白いし、プレーするのも面白い!そして男子だって楽しけ

→もっと見る

PAGE TOP ↑