*

出場選手登録・抹消からチーム状況を見る、セントラルリーグ

公開日: : プロ野球

 プロ野球は3月28日に開幕し3週間が経過しました。4月17日終了時点で、セントラルリーグでは広島が貯金6つで首位、巨人は貯金が3つで2位となり、逆に東京ヤクルトは借金4つ、横浜DeNAは借金8つと苦しんでいます。出場選手登録からチーム状況を見てみます。

 

出場選手登録・抹消

ここまでのセントラルリーグ6チームの出場選手登録、抹消の状況をまとめました。4月4日までの情報は、開幕に合わせて先発投手が登録されるなど入れ替わりが多いため、表には入れていません。

  広島 巨人 阪神 中日 東京ヤクルト 横浜DeNA
登録 抹消 登録 抹消 登録 抹消 登録 抹消 登録 抹消 登録 抹消
4/5 土         秋山 岩本             
4/6 日 今村 久本     渡辺 秋山 藤井 工藤        
4/7 月                   村中
中澤 
  西森
4/8 火                 ナーブソン
真田
  荒波  
4/9 水     今村 青木     エルナンデス        
4/10 木         歳内
鶴岡
渡辺
清水
           
4/11 金 上本 岩本     伊藤  歳内 朝倉 若松     土屋
下園
菊地
宮崎 
4/12 土             ゴメス 福田 ロマン
今浪
森岡
ミレッジ
嶺井 黒羽根
4/13 日                 木谷 押本    
4/14 月                        
4/15 火                        
4/16 水                        
4/17 木                       ブランコ
4/18 金     久保 今村             中村  
合計人数 2人 2人 5人  4人 5人 5人

※阪神は3月30日に西岡剛選手がケガのため抹消、東京ヤクルトは4月2日にバーネット投手がケガのため抹消。

 

上位2チームは入れ替えが少なく、オープン戦で選手を見極めてそのままの状態でシーズンも成績を残せている。逆に、中日は4人、阪神、東京ヤクルト、横浜DeNAは5人を入れ替えているが、阪神は序盤に西岡剛選手のケガや乱打戦となる試合が多く低迷したものの、先発、リリーフ投手、そして捕手の入れ替えが成功し、現在は3位となっている。

中日も調子がオープン戦などで期待されていた工藤選手がケガのため抹消となっているが、特徴的な動きはみられない。

逆に、東京ヤクルトはリリーフエースのバーネット選手や好調だった森岡選手がケガのために離脱し、横浜DeNAも正捕手だった黒羽根選手や、4番のブランコ選手が抹消となり、チームの軸の部分がケガのため失われている厳しい状況となっている。

 

今の時期は、まだ選手の疲労による入れ替えは少なく、期待していた選手が結果を残せなかった事による入れ替えが多いと推測できる。ケガによる入れ替えの多い球団はやはり低迷してしまう。

下位4球団が入れ替えを行って、チームが安定した状況になるか、今後のペナントレースのカギとなる。

 

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

a1130_000551

プロ野球と梅雨の季節

 梅雨の時期を迎えている。プロ野球は3月から10月までの長いシーズンを戦うが、最も自分のペースを乱し

記事を読む

QVC

ソフトバンク・島袋洋奨投手、もっと自信をもっていい

ソフトバンクのドラフト5位ルーキー・島袋洋奨投手が9月25日の千葉ロッテ戦で8回に登板し、1回をノー

記事を読む

draft_box

この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」にて、ドラフト1位指名されそう

記事を読む

jingu

小さな選手も大きな活躍ができる

高校野球では早稲田実の清宮幸太郎選手と、履正社の安田尚憲選手が活躍を見せ、早くも来年のドラフトの目玉

記事を読む

a1180_001266

出場選手登録・抹消からチーム状況を見る、パシフィックリーグ

 プロ野球は3月28日に開幕し3週間が経過しました。パシフィックリーグは4月21日終了時点で、福岡ソ

記事を読む

kousyou

今年のドラフトは豊作か?

プロ野球キャンプでは昨年のドラフト会議で指名されたルーキー選手、特にドラフト1位で指名された選手が、

記事を読む

バッターボックス

トレードはこうやって決まる!現場とフロントの連携

 プロ野球では、大型トレードが行われると非常に大きな話題となり、またチームもガラッと変わることがあり

記事を読む

Koushien

松坂大輔が帰ってくる!その1

 日本の野球に松坂大輔が帰ってくる。松坂大輔投手の活躍を振り返る。 高校2年から急成長  松坂大

記事を読む

ishige2

石毛宏典氏が対戦したくなかった西武黄金期の投手は?

1980年代から1990年代にかけての西武ライオンズは、まさに黄金時代だった。そのチームを支えたのは

記事を読む

yakyu

ドラフト会議の指名と来年正念場となる選手

 ドラフト会議はチーム作りの一つで、チーム方針を元に指名が行われている。そのためドラフト会議の結果を

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
ishige2
盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

石毛宏典
大谷翔平選手はメジャーで二刀流で活躍できるか、石毛宏典氏に聞く

いよいよ大谷翔平選手が、メジャーに移籍した。アナハイムエンゼルスで今季

draft_box
この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」

石毛宏典
選手は最終的には態度で評価される

プロ野球に限らず、高校野球、大学野球などの選手は、素晴らしいバッティン

石毛宏典
エラーをしてしまったら、エラーをした選手がいたら

野球をしていて、エラーはミスはつきものです。どんな選手でも1回はエラー

→もっと見る

PAGE TOP ↑