*

野球はフットワーク!

公開日: : 少年野球指導

野球塾のZEROベースボールアカデミーでは、小学校低学年から中学生、そして大人まで、元のプロの選手が指導をしています。ZEROベースボールで、元プロ野球の指導者や選手がどのように教えているのか、少しずつ紹介します。

今日は、特に日野顧問が口にする「フットワーク」、野球は守備でも走塁、打撃でもフットワークが大切です。

野球教室トレーニング

 

足を使えるか

例えば内野守備、打球を体の正面で取るためには足が必要で、特に足の使い方(フットワーク)で、打球を取る姿勢が全然変わってしまいます。外野守備でも同様、打球を追う時の切り返しや捕球後にスローイングでも、フットワークが非常に大切だということが分かります。

野球は走るスポーツですが、ただ速く走れば良い、長い時間走れれば良いという物ではありません。状況を判断して瞬時に加速をしたり、ストップしたり、足の強さが必要になります。

 

野球塾のウォーミングアップ

 ZEROベースボールでは、最初にウォーミングアップを行いますが、体を温めるためのランニングの後、体をほぐすのと同時にフットワークを鍛えるための、短距離のダッシュ、もも上げ、切り返しなどを短い距離で繰り返し行います。その時、清水宏悦校長(元西武ライオンズ)、日野茂顧問(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)、上田 浩明コーチ(元西武ライオンズ)の3人が入り、指導をしています。これはまず最初に驚いた事でした。

特に短距離は、50Mを走るのではなく、塁間の距離約27mでのダッシュをします。特にコーチが注意をしているのは、短い距離での加速とすぐに止まる事のようです。

 

加速と止まる事

野球の走塁は、塁間が約27.4mと非常に短い距離を走ります。そのため、50m走で終盤から加速するような走り方ではなく、スタートしてからすぐに加速する事が大切になります。その瞬発力で1塁までの駆け込みのタイムが変わってきます。

それと同時にピタッと止まる事も大切です。ランナーの時、状況を判断してすぐに止まって元の塁に戻ったり、守備でも打球や送球に反応して走っている方向を変えたりと、全速力で走っている状態から急に止まったり、切り返さなければならない事が多いスポーツです。

そのため、全速力の状態から、いかにすぐに止まれるかも重要になります。野球塾ではダッシュの加速と合わせて、決められた位置まで全力で走り、そこからすぐに止まるという練習も行っていました。

切り返しなどのフットワークをするためには、強い瞬発力のある足が必要になります。その足を鍛えるためのトレーニングを是非行ってください。

 

野球塾・ZEROベースボールの少年野球指導では、元プロ野球の指導者や選手がどんな教え方をしているのか、これから紹介してまいります。ご期待ください。

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

日野さん

監督はどっしりと構えて

 投手vs野手といったような個人的な対戦がクローズアップされる野球においても、監督の役割の大きさは非

記事を読む

shiba2

人工芝も本物、野球塾の施設

 埼玉県川口市にある小学生、中学生に野球を教える野球塾・ZEROベースボールアカデミーは、室内練習場

記事を読む

野球塾守備1

「ミットよりも優れた道具」、少年野球の練習風景から

 少年野球の練習の話です。先日、野球塾のゼロベースボールアカデミーの練習を見ました。ショートとセカン

記事を読む

野球塾バッティング3

「伸びしろ」とは?

 アマチュアの選手、特に中学生、高校生の選手を評価するとき、「伸びしろ」があると表現することがある。

記事を読む

zero13

プロ野球選手は他の選手を良く見ている

プロフェッショナルビュー・ベースボールでは、日野茂氏や石毛宏典氏、また元大洋、西武の清水宏悦氏、上田

記事を読む

IMG_20150106_123228412_HDR

目標を立てる

2017年がスタートしました。野球選手の皆さんも、「大会で優勝すると」、「来年の進路を決める事」、チ

記事を読む

20160202

変わる野球の育成システム

野球界は現在大きく変わっている状態と考える。多くの選手の中から有望な選手を探していく形から、選手を育

記事を読む

野球塾キャッチボール2

少年野球選手の肩と肘を守る

 全日本野球協会(http://www.baseballjapan.org/jpn/index.ht

記事を読む

野球塾指導2jpg

指導者の器量と選手の信念

野球をする少年達にとって、戸惑う事がある。それは、指導者によって指導内容が違う事。しかしそんなことは

記事を読む

野球塾指導2jpg

野球も変わっていく

 野球も時代で変わっている。トレーニング方法、調整方法、そしてチーム、指導者も。野球はどんな方向に進

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
ishige2
盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

石毛宏典
大谷翔平選手はメジャーで二刀流で活躍できるか、石毛宏典氏に聞く

いよいよ大谷翔平選手が、メジャーに移籍した。アナハイムエンゼルスで今季

draft_box
この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」

石毛宏典
選手は最終的には態度で評価される

プロ野球に限らず、高校野球、大学野球などの選手は、素晴らしいバッティン

石毛宏典
エラーをしてしまったら、エラーをした選手がいたら

野球をしていて、エラーはミスはつきものです。どんな選手でも1回はエラー

→もっと見る

PAGE TOP ↑