*

第86回選抜高校野球大会の注目の野手、智弁学園・岡本和真選手を元スカウトが見る

公開日: : 注目選手

第86回選抜高校野球大会も、準々決勝となりました。

一通りのチームが出場し、実力を出し切れたチームや選手、出し切れなかったチームや選手、今年も様々でした。その中でプロのスカウトが注目したのは、佐野日大の左腕・田嶋大樹投手と、智弁学園の右のスラッガー・岡本和真選手でした。

今日は、岡本和真投手について、元スカウトが評価を行います。

岡本和真選手とは?

  • 1996年6月30日  183cm97kg 右投右打
  • 1年生ではホームランは8本だったが、2年生になり1年間で48本塁打を量産した。2年生秋季大会では公式戦7試合に出場し、何と三振は0、4本塁打を記録している。
  • 実績:
    2年秋公式戦:7試合19打数12安打(二塁打:4、三塁打:1、本塁打:4)、三振0、10四死球、盗塁2、打率.632
    全試合:52試合181打数80安打(二塁打:25、三塁打:3、本塁打:22),60打点,三振8,41四死球、盗塁6,打率.442
  • エピソード:1年の秋に天理戦で3三振して意識を変えた。技術的にはそんなに変わっていないが、素振りを多くしてスイングが安定した。

 

センバツで2本塁打で評価

 センバツ大会では初戦の鎮西高校戦で、第1打席にバックスクリーンにホームランを、また第3打席にはレフトスタンド中段に特大のホームランを放ちました。この打撃について、元プロスカウトの日野氏は次のように評価しました。

「バットが内側から出ている事がとても良いです。また打つポイントが近く、このスピードだからホームランを打てましたが、もっと球速の速い投手と対戦した時にどうなるかがカギです。ただし、打撃の素質は非常に高いと言えます。」

ちなみに2回戦では佐野日大の田嶋大樹投手と対戦し、有利と言われる左投手との対戦でしたが、序盤はスライダーを空振りするなど2三振を喫しました。ただし、球速が落ちた第4打席にはショート横に痛烈な打球のセンター前ヒットを放ちました。

これだけの速い投手との対戦は、練習試合でもなかなかないでしょう。ポイントが近いことは変化球を見極められるという点で有利だと思いますが、田嶋投手のスライダーは高校生では打てないと言われる球で、岡本選手も思わず手がでていました。

打撃に関しては素晴らしい素質を持っています。しかし、今後の課題も見えたセンバツ大会となったようです。

 

高校生野手の獲得について

 高校生野手をドラフト会議で指名する事について日野元スカウトは、「守れることも大切」と話しをされました。岡本選手はサードで出場しエラーをして、ファーストを守りましたが、今後は守りに関しても重要になってくると思います。

岡本選手の場合、打撃は注目されてインターネットでも映像を見ることができますが、なかなかクローズアップされない守備については、やはり実際に見に行くことが必要になるかもしれません。

 

注目されている高校生として、佐野日大の田嶋大樹投手と、智弁学園の岡本和真選手の評価をいたしました。

今後、今年の注目選手について、元スカウトの日野氏が評価をします。ご期待ください!

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

日野さん

元プロ野球スカウトが日大三島の小澤怜史投手を評価する

 高校野球のセンバツ大会、東海地区からは静岡高校と県岐阜商が出場します。静岡大会の優勝チームと準優勝

記事を読む

野球塾バッティング2

羽ばたく野球塾卒業生、見違える姿を!

 いよいよ本日、2015年の選抜高校野球大会の出場チームが決定する。ZEROベースボールアカデミーを

記事を読む

w

その時を待つ斎藤佑樹投手、その凄さは大舞台で

 2010年のドラフト会議、4球団がドラフト1位指名して華々しくプロ野球に入った北海道日本ハムの斎藤

記事を読む

Koushien

センバツ注目投手、仙台育英・佐藤世那投手を元プロスカウトが評価する

 今年のセンバツ大会で、今のところ優勝候補の筆頭に挙げられるのは、秋の明治神宮大会で優勝した仙台育英

記事を読む

石毛宏典

ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック

 いよいよ今年のドラフト会議が来週木曜日(10月26日)に開催される。今年のドラフト1位候補にはどん

記事を読む

20150825-1

元西武の日野スカウト、甲子園に出場した投手について語る

 元西武でスカウトとして活躍した日野茂氏が、8月22日のテレビ朝日「週刊ニュースリーダー」で、甲子園

記事を読む

mound

野球を新たなステージに持っていく選手、北海道日本ハム・大谷翔平

 北海道日本ハムの大谷翔平投手が160キロを記録し、5回まで10奪三振という投球を披露した。速球は常

記事を読む

a1180_000929

【スカウト物語】1979年、杉永政信投手の「突然のドラフト1位報道」

日野茂氏はクラウンライターライオンズが西武ライオンズとなる1978年から1980年までスカウトとして

記事を読む

jingu

ドラフトで指名された選手に対する、元プロスカウトの評価を振り返る

 10月23日にドラフト会議が終わり、104人のプロ野球選手(候補)が誕生しました。これから契約をし

記事を読む

mound

センバツ注目投手だった佐野日大・田嶋大樹投手を改めてチェック

2014年の第86回選抜高校野球大会は龍谷大平安高校の優勝で幕を閉じました。好投手がたくさんいました

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
draft_box
この12人はなぜドラフト1位指名されたのか

以前の記事「ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック」

石毛宏典
選手は最終的には態度で評価される

プロ野球に限らず、高校野球、大学野球などの選手は、素晴らしいバッティン

石毛宏典
エラーをしてしまったら、エラーをした選手がいたら

野球をしていて、エラーはミスはつきものです。どんな選手でも1回はエラー

石毛宏典
ドラフト1位候補の12人を石毛宏典氏、日野茂氏とチェック

 いよいよ今年のドラフト会議が来週木曜日(10月26日)に開催される。

石毛宏典
石毛宏典氏は中村奨成選手を絶賛、プロもマネをするべき打撃

石毛宏典氏は今年の夏の甲子園で、久々に注目したバッターがいたと話した。

→もっと見る

PAGE TOP ↑