*

選抜高校野球で注目された選手はドラフトで指名されやすいか

公開日: : 最終更新日:2014/04/08 スカウト活動

選抜高校野球大会は、まだ肌寒い季節ですが高校生たちの熱い戦いが行われています。1回戦で32チーム全てが登場し、甲子園に集まった12球団のスカウトは、出場した選手についてある程度の評価をします。しかし、選抜で活躍した選手ってドラフト会議でも指名されるが多いと思いませんか?

センバツでは選手のどこを見るのか

センバツに出場する選手は、前年の秋季大会で都道府県大会や地区大会で勝ち上がって出場をしているので、その時にはスカウトの目に留まっていることが多く、高校入学時から、または中学生の時から見ている選手もいます。

ですので、その選手が冬を越えてどのくらい伸びているのかをチェックする事になります。この大会で成長を見せたり、活躍を続けると、スカウトはその選手にほれ込み、春季大会、夏の大会と選手を視察する事になります。ですので、自然とセンバツで活躍した選手がドラフト会議で指名される可能性というのは、比較的多くなると思います。

 

プロのスカウトは大きな大会の一度の活躍で、獲得を決めると言う事はほとんど無く、その前からの積み重ねで選手を獲得しているのですね。したがって、センバツはその中の1つにすぎないと言う事でしょう。それでも選手にとっては1年間スカウトに注目をしてもらえるわけですから、張り切ることになりそうです。

 

この選手が欲しいと、いつ決断するのか?

それでは、1年間選手を追い続けるとして、最終的にこの選手が欲しいといつ決めるのでしょうか?

それは、夏が終わる段階で、各スカウトの中で選手のランキングが出来上がっている。例えばAランク選手何人といった形で。そしてその中でもスカウトの中では順序は決まっているそうです。

しかしそこでは決断せず、最終的には球団の方針によって選手を絞っていく。例えば、球団は今年は左のピッチャーが欲しいと方針を出せば、Aランクの中で左投げのピッチャーのランキングを上に持ってくる、こうして最終的な獲得の優先度が決まっていくようです。 

 

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

プロ志望届例(栃木県高校野球連盟ホームページより取得)

高校生のスカウト活動は最終段階へ、プロ志望届からドラフト会議まで

 夏の高校野球大会が、甲子園で熱戦が繰り広げられています。1回戦と2回戦までの代表49校すべてが登場

記事を読む

野手のドラフト候補がスカウトに注目されるには

 センバツに出場する野手の候補を紹介してきたが、元西武のスカウト・日野茂氏に、「野手はどんな風にすれ

記事を読む

【スカウト物語】1979年、杉永政信投手の「突然のドラフト1位報道」

日野茂氏はクラウンライターライオンズが西武ライオンズとなる1978年から1980年までスカウトとして

記事を読む

プロの目から見たアマチュア選手のプレーと指導

 第1回プロ野球スカウト講座が7月4日に行われた。元西武スカウトであり、横浜ベイスターズの2軍監督や

記事を読む

プロのスカウトがバッティングを見る時のポイント

 選手のバッティングを評価することは非常に難しいです。プロのスカウトは打者のバッティングのどこを見て

記事を読む

明らかになる選手の能力、チームの選手を見る目は一致しているか?

新人合同自主トレがスタートした。そこには選手を預かる1軍2軍の監督やコーチ、担当したスカウト、そして

記事を読む

プロ野球スカウトの面白さ ~昔のスカウトの仕事~

 北海道日本ハムの山田GMが退任されるようだ。思えば最近のドラフト会議で、唯一会場を湧かせてくれる球

記事を読む

ドラフト会議で選手を指名した担当スカウトの気持ち

 ドラフト会議で追い続けていた選手を指名した時、担当スカウトは「責任を感じる」ということを、【ドラフ

記事を読む

早稲田実・清宮幸太郎選手を、元プロ野球スカウトがチェック

 松井以来の怪物、和製ベーブルースと報道される早稲田実業高校の清宮幸太郎選手、まだ1年生の4月ではあ

記事を読む

スマホやAIの進化で、スカウト活動は変わっていくのか?

プロ野球のキャンプの終盤戦に入り、練習試合やオープン戦を中心に回り始めるようになる。キャンプに参加し

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
浅村選手、炭谷捕手などFA移籍でどうなるライオンズ、石毛宏典氏が語る

今年、パリーグを10年ぶりに制覇した埼玉西武、浅村選手、山川選手、秋山

日野氏は金足農・吉田投手、石毛氏は浦和学院・渡邉投手を評価

プロ野球ドラフト会議が近づいてきた。今年も多くの選手が注目される中で、

石毛宏典が西武の戦いに「普段通りやるしかない」

10年ぶりにパリーグ優勝を飾った西武ライオンズ、かつての黄金時代のキャ

石毛宏典氏と日野茂氏が根尾選手と小園選手を評価

夏の甲子園が終わり、U18アジア大会を戦う選手たち。その中で、西武ライ

盗塁:バッテリーとランナーの3.3秒の攻防

盗塁は、日本の野球に置いて、チャンスを広げ、得点を挙げるために重視され

→もっと見る

PAGE TOP ↑