*

第86回選抜高校野球大会の注目の投手、佐野日大・田嶋大樹投手に注目

公開日: : 注目選手

 

いよいよ明日、3月21日より第86回選抜高校野球大会が開幕する。今大会にも大勢の選手が出場し、熱戦や活躍が期待されるが、その中でも佐野日大の田嶋大樹投手に注目をしてみました。

この田嶋投手の映像がYoutubeにもたくさん公開されています。今回はその映像を見て、元プロのスカウトがどのように評価ができるのかを挑戦していただきました。

田嶋大樹投手とは?

  • 1996年8月3日 栃木県出身 182cm73kg 左投左打
  • 速球:最速145キロ
  • 変化球:カーブ、スライダー、スラーブ、フォーク
  • フォーム:上から投げたりやや横から投げたりと腕の位置を変え、クイックで投げたりタイミング、ゆっくりと投げたりタイミングを外す。
  • 実績:2年秋の公式戦 7試合5完投3完封  55回で被安打32、52奪三振、11四死球、5失点、自責点3、防御率は0.49
  • エピソード:秋の関東大会で足に怪我を負ったが、試合中に足に負担のかからないフォームを模索して完投勝利を収めた。

サウスポーで145キロを投げるというと、2013年のドラフト会議で東北楽天にドラフト1位指名された桐光学園・松井裕樹投手を思い浮かべますが、身長も高くより柔軟なタイプと言えそうです。

 

Youtubeの映像で元プロスカウトが評価してみる

本来ならば直接選手を見ないと、その選手の本当の評価はできないと思います。しかし、今回はあえてネット上に公開されている映像だけで、元プロスカウトの日野茂氏に評価をしていただきました。

参考にした動画

田嶋大樹(佐野日大) 2013秋季関東大会

佐野日大 田嶋大樹投手(2年秋関東)

佐野日大高校 田嶋大樹投手

佐野日大・田嶋大樹 投手(1年秋。2012.9.17 足利工大付 戦)

※評価に参考にさせていただいたYoutubeの映像はこちらにもリンクを張ったり、映像を表示する事も一般的には可能です。しかし、元の映像の著作権の問題や、投稿者の著作権も考慮し、リンクでの紹介とさせていただきます。ご了承ください。

 

まず、右バッターへの外へのコントロールが良く特徴的と言える。しかし、右バッターのインサイドになかなかいけない。その原因として、体重が後ろに残っている場面が見られること、さらに、頭が突っ込みすぎている場面がある、そのためどうしても外側に行ってしまうと考えられます。

実績を見ると、イニング数と同じ程度の三振を奪っており、プロに行く選手の一つの目安となります。最速145キロという数字がありますが、コンスタントにどのくらいの球速が出ているかが重要になります。

 

2年生秋の時点での課題をこの冬に克服してくるか、右バッターのインコースへ投げられるかどうかに注目をしてみましょう。

 

ネットの動画で評価する事について

 今回、ネットでの動画でこれだけの評価をしていただきましたが、実際に感想を聞くと、「ネットの動画でもある程度は特徴がわかる」という事でした。ネットの動画で見るポイントとしては、

  • 10球程度は最低でも必要
  • 正面から見た映像があれば良い

とのことでした。

 では実際に選手を直接みると、どんなことがよりわかるのかという事について聞くと、「走り方やしぐさ、キャッチボールを見て、選手の性格や全体をとらえる」という事でした。実際に同じチームの選手になってもらうのですから、そういう面も大切なのでしょう。さすがに奥が深そうです。

 

これからも注目されている高校生、大学生、社会人やプロ野球選手について、映像を見てもらっての特徴の説明を続けてまいります。お楽しみに!

(記事:Professional-view Baseball 編集部)

関連記事

Koushien

センバツ注目投手、仙台育英・佐藤世那投手を元プロスカウトが評価する

 今年のセンバツ大会で、今のところ優勝候補の筆頭に挙げられるのは、秋の明治神宮大会で優勝した仙台育英

記事を読む

Jingu

秋のドラフトパン祭り、今年のドラフトは”山崎”が中心? 大学生BIG4を評価する

今年のドラフト会議は特に大学生投手に注目が集まっている。中でもプロからの注目度が高く、大学BIG4と

記事を読む

バッターボックス

第86回選抜高校野球大会の注目の野手、智弁学園・岡本和真選手を元スカウトが見る

第86回選抜高校野球大会も、準々決勝となりました。 一通りのチームが出場し、実力を出し切れたチ

記事を読む

日野さん

元プロ野球スカウトが日大三島の小澤怜史投手を評価する

 高校野球のセンバツ大会、東海地区からは静岡高校と県岐阜商が出場します。静岡大会の優勝チームと準優勝

記事を読む

mound

野球を新たなステージに持っていく選手、北海道日本ハム・大谷翔平

 北海道日本ハムの大谷翔平投手が160キロを記録し、5回まで10奪三振という投球を披露した。速球は常

記事を読む

w

その時を待つ斎藤佑樹投手、その凄さは大舞台で

 2010年のドラフト会議、4球団がドラフト1位指名して華々しくプロ野球に入った北海道日本ハムの斎藤

記事を読む

野球塾バッティング2

羽ばたく野球塾卒業生、見違える姿を!

 いよいよ本日、2015年の選抜高校野球大会の出場チームが決定する。ZEROベースボールアカデミーを

記事を読む

jingu

ドラフトで指名された選手に対する、元プロスカウトの評価を振り返る

 10月23日にドラフト会議が終わり、104人のプロ野球選手(候補)が誕生しました。これから契約をし

記事を読む

板ミット2

少年野球の練習と工夫した練習

 ZEROベースボールアカデミーでは、小学生、中学生の選手を中心に、元プロ野球選手が指導をしています

記事を読む

20150825-1

元西武の日野スカウト、甲子園に出場した投手について語る

 元西武でスカウトとして活躍した日野茂氏が、8月22日のテレビ朝日「週刊ニュースリーダー」で、甲子園

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
石毛宏典氏が源田壮亮選手を絶賛

 社会人から西武ライオンズ入りし、1年目から遊撃手として活躍をした石毛

石毛宏典
東北楽天の快進撃と千葉ロッテの低迷を分析する

2017年のパリーグは、5月10日終了時で東北楽天が貯金12をもって首

石毛宏典
レギュラー争いと選手の成長

プロ野球では、同じポジションに複数の選手がいる。チームの各ポジションで

石毛宏典
今年の西武ライオンズは行ける?石毛宏典氏に聞く

4月18日時点で7勝6敗、3位の位置にいる埼玉西武ライオンズ、辻監督に

バッターボックス
頑張れ女子野球選手!

野球は、見るのも面白いし、プレーするのも面白い!そして男子だって楽しけ

→もっと見る

PAGE TOP ↑