*

石毛宏典氏が2016年シーズンを振り返る:パリーグ編

2016/11/30 | プロ野球

2016年のシーズンについて、元西武ライオンズの石毛宏典氏に振り返ってもらった。今日はパリーグ編。 パリーグの成績 パリーグは最大11.5ゲーム差を逆転し、北海道日本ハムが優勝を収めた。前半飛ばし

続きを見る

小さな選手も大きな活躍ができる

2016/11/16 | プロ野球

高校野球では早稲田実の清宮幸太郎選手と、履正社の安田尚憲選手が活躍を見せ、早くも来年のドラフトの目玉と言われている。清宮選手は183cm、安田選手は188cmとみるからに体が大きく、歩いているだけで「

続きを見る

プロ野球の秋季キャンプはなぜ地獄なのか

2016/11/11 | プロ野球

プロ野球は既に秋季キャンプが始まっている。長いシーズンの戦いを終えたプロ野球選手が、「地獄」と称されるキャンプで汗を流している。 秋季キャンプはなぜ地獄か 「秋季キャンプは春のキャンプとは目的が違

続きを見る

2016年ドラフト指名選手を評価する

2016/10/26 | プロ野球

 元西武ライオンズの石毛宏典氏と、元西武スカウトの日野茂氏に、今年のドラフト会議で指名された選手について評価をお願いした。また、来年の新人王候補についても聞いてみた。 中日がドラフト1位で指名した明

続きを見る

石毛宏典が分析、日本シリーズ1,2戦

2016/10/25 | プロ野球

石毛宏典氏は西武ライオンズの14年間に11度の日本シリーズに出場し、日本シリーズを知り尽くしている。その石毛氏に2016年日本シリーズの1,2戦の戦い方を分析してもらった。 よそ行きの野球をしている

続きを見る

左打者には左投手?確実性を上げるために逆方向を狙う?野球の常識とは

2016/09/26 | プロ野球

日本の野球で常識と考えられている事について、元西武ライオンズの石毛宏典氏に聞いた。 夏の甲子園で北海高校が、作新学院・今井達也投手の攻略に多くの打者がバスターの構えからヒッティングを行った。しかし石

続きを見る

オリックスの新星・吉田正尚選手について、石毛宏典が語る

2016/09/16 | プレー解説

オリックスのルーキー・吉田正尚選手が、リーグ終盤戦に入ったパリーグをにぎわせている。当サイトでも青山学院大時代の吉田選手について紹介をしてきたが、プロでのプレーを元西武ライオンズの石毛宏典氏に聞いた。

続きを見る

石毛宏典氏の高校野球への提言

2016/09/09 | 高校野球

8月が終わり、高校野球は新チームの戦いが始まっている。この夏も各地で、甲子園で多くの選手がプレーした。そしてその代表がJAPANのユニフォームを着て台湾で戦い、見事に優勝を果たした。 高校生にとって

続きを見る

バスターは難しい

2016/09/06 | 高校野球

夏の甲子園大会の決勝戦、作新学院の今井達也投手と対戦した北海高校は、その試合で多くの打者がバントの構えからのヒッティングを見せた。これについて石毛宏典氏が指摘する。 バスターは難しい打法 「決勝で

続きを見る

元西武ライオンズの石毛宏典氏と元スカウトの日野茂氏が、夏の甲子園で気になった投手

2016/08/24 | 高校野球

夏の高校野球甲子園大会は、作新学院の優勝で幕を閉じた。優勝した今井達也投手や準優勝の北海・大西健斗投手など、好投手に恵まれた大会となったが、この大会で気になった投手を元西武ライオンズの石毛宏典氏と、元

続きを見る



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
石毛宏典氏が2016年シーズンを振り返る:パリーグ編

2016年のシーズンについて、元西武ライオンズの石毛宏典氏に振り返って

jingu
小さな選手も大きな活躍ができる

高校野球では早稲田実の清宮幸太郎選手と、履正社の安田尚憲選手が活躍を見

野球キャンプイン
プロ野球の秋季キャンプはなぜ地獄なのか

プロ野球は既に秋季キャンプが始まっている。長いシーズンの戦いを終えたプ

draft_box
2016年ドラフト指名選手を評価する

 元西武ライオンズの石毛宏典氏と、元西武スカウトの日野茂氏に、今年のド

石毛宏典
石毛宏典が分析、日本シリーズ1,2戦

石毛宏典氏は西武ライオンズの14年間に11度の日本シリーズに出場し、日

→もっと見る

PAGE TOP ↑