*

オリックスの新星・吉田正尚選手について、石毛宏典が語る

2016/09/16 | プレー解説

オリックスのルーキー・吉田正尚選手が、リーグ終盤戦に入ったパリーグをにぎわせている。当サイトでも青山学院大時代の吉田選手について紹介をしてきたが、プロでのプレーを元西武ライオンズの石毛宏典氏に聞いた。

続きを見る

石毛宏典氏の高校野球への提言

2016/09/09 | 高校野球

8月が終わり、高校野球は新チームの戦いが始まっている。この夏も各地で、甲子園で多くの選手がプレーした。そしてその代表がJAPANのユニフォームを着て台湾で戦い、見事に優勝を果たした。 高校生にとって

続きを見る

バスターは難しい

2016/09/06 | 高校野球

夏の甲子園大会の決勝戦、作新学院の今井達也投手と対戦した北海高校は、その試合で多くの打者がバントの構えからのヒッティングを見せた。これについて石毛宏典氏が指摘する。 バスターは難しい打法 「決勝で

続きを見る

元西武ライオンズの石毛宏典氏と元スカウトの日野茂氏が、夏の甲子園で気になった投手

2016/08/24 | 高校野球

夏の高校野球甲子園大会は、作新学院の優勝で幕を閉じた。優勝した今井達也投手や準優勝の北海・大西健斗投手など、好投手に恵まれた大会となったが、この大会で気になった投手を元西武ライオンズの石毛宏典氏と、元

続きを見る

エースの系譜はあるのか?

2016/08/15 | プロ野球

プロ野球にもアマチュアの野球チームにも、エースという投手の存在がいるとチームが高いレベルで安定すると言われる。12球団の1980年代からのエースと呼ばれる投手を見てみた。 エースの系譜はあるのか?

続きを見る

野球の未来へ

2016/08/09 | その他

東京オリンピックでは、野球が競技として実施される。2020年に向けた目標は明確になった。しかし2020以降も野球は発展していかなければならない。 野球の立ち位置 野球は、ご存じのようにアメリカ発祥

続きを見る

「山田哲人はセンスの塊」、石毛宏典、日野茂が話す

2016/07/20 | プロ野球

東京ヤクルトの山田哲人選手は180cm76kgの内野手だ。見た目にはスラッガータイプに見えないし、びっくりするほど大きな体でもないのだが、昨年は38本、今年もすでに29本のホームランを放ち、打率.32

続きを見る

石毛宏典が出続けた14回のオールスター

2016/07/14 | プロ野球

元西武ライオンズの石毛宏典氏は、ルーキーイヤーだった1981年から1994年まで、14年連続でオールスターに出場している。そのオールスターが今年も開催される。 1981年 石毛氏がルーキーイヤーで

続きを見る

こういうプレーはプロ野球選手として恥ずかしい

2016/06/29 | プレー解説

6月25日の横浜DeNA-巨人の試合、2回裏に阿部選手が犯したエラーに、元プロ野球選手で中央大の先輩である日野茂氏は、「プロ野球選手として恥ずかしい」と話した。どんなプレーだったのか? 悪送球 場

続きを見る

西武ライオンズはこれから上がっていく、石毛宏典氏が話す

2016/06/22 | プロ野球

西武ホールディングスの株主総会が行われ、西武ライオンズについて株主より厳しい意見が出たようだ。元西武ライオンズの石毛宏典氏は、西武はこれから上がっていくと話した。 石毛氏が話す 石毛宏典氏は今年開

続きを見る



  • 解説者:日野茂氏(元横浜ベイスターズヘッドコーチ)


    解説者:石毛宏典氏(元西武ライオンズチームリーダー、オリックスブルーウェーブ監督、四国アイランドリーグ創立者)

    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」
    石毛宏典オフィシャルブログ「石毛漢動」


    取材協力:元プロ野球選手が教える野球塾
    「ZEROベースボールアカデミー」
石毛宏典
オリックスの新星・吉田正尚選手について、石毛宏典が語る

オリックスのルーキー・吉田正尚選手が、リーグ終盤戦に入ったパリーグをに

Koushien
石毛宏典氏の高校野球への提言

8月が終わり、高校野球は新チームの戦いが始まっている。この夏も各地で、

Koushien
バスターは難しい

夏の甲子園大会の決勝戦、作新学院の今井達也投手と対戦した北海高校は、そ

e9c230b94c3b5f7920f8973890afb1df
元西武ライオンズの石毛宏典氏と元スカウトの日野茂氏が、夏の甲子園で気になった投手

夏の高校野球甲子園大会は、作新学院の優勝で幕を閉じた。優勝した今井達也

12球団エース
エースの系譜はあるのか?

プロ野球にもアマチュアの野球チームにも、エースという投手の存在がいると

→もっと見る

PAGE TOP ↑